ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

間違えSMS

こんにちは、ゆらです。

昨日夕方突然スマホがピロンと鳴りました。
間違え電話がめちゃくちゃ多いアメリカですが(間違いというか、電話が使われているか確認するため向こうは無言)、間違いショートメッセージは初めて。

とってもキュートな生まれたての赤ちゃんの写真がずらずらっと並び、名前、誕生日、身長体重までご丁寧に。

1分くらい悩みましたよね。


私この人知り合いだっけ…?


どう考えても知り合いなはずもなく。
いや、赤ちゃんキュートだけど。
しかも迷惑なことに家族・親戚と思われるグループチャットにメンバー入りしていた為、誰かが発言する度、ピロンって鳴る。

うぜー。と思いつつ怖くなる。
これで「私他人です。間違ってませんか?」とか入れたら

「何言ってんだ、こんな可愛い子、世界中に紹介してるに決まってるだろう!💢」

とか逆ギレしてきたらどうしよう…
怖すぎる…
考え過ぎ?

どうもメッセージ発信したのは、グランマらしいです。年齢不詳ですが、我々母親世代…50〜60代の方はどうもスマホの誤字脱字が多い。なかなか面白いネタもネットで探すと転がってますよね。これはどうも世界共通で起きている事例であることが分かりました。

ピロンピロン鳴る私のスマホ
ちょっと本気でウザかったので、勇気を出してグランマに直接SMSしました。すっっっごく丁寧に。

「大変申し上げにくいのですが、私はあなたの親戚でも友人でもないです。もしかしたら間違えておられるかもしれないので、電話番号確認していただけますか?すみません」
と。
てかなんで私が謝ってんだ。

待つこと5分。
どうしよう、今ブチギレてたら…
「うちの可愛い孫の誕生祝ってくれないの!!!💢」とか…(てかそんな人嫌だ、ほぼ変態)

返信がピロン!
「Thank you」

え?それだけ?ごめんなさいとかないんかい!笑

まぁ…逆ギレされなくてよかった…かな?
なかなかレアケースな間違え電話。

ホント色々鍛えられるわ、アメリカ。

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋