ゆらのロサンゼルスばたばたライフ

サンフランシスコからロサンゼルスへお引っ越し。2人の子育て奮闘中。

夏の旅行〜デナリ国立公園⑦

こんにちは、ゆらです。

全然更新できませんでした…
10月は忙しい…のです…子供2人とも10月生まれなので、誕生日関連で忙しい。お友達を呼んでパーティーはしてないので、大して何もしていないはずなのに。

今日でデナリ国立公園を終わらせて、ロサンゼルスのことも書きたいと思います!最後にお付き合いお願いします。旅行記のリンクは、下からよろしければどうぞ。

夏の旅行〜デナリ国立公園①
夏の旅行〜デナリ国立公園②
夏の旅行〜デナリ国立公園③
夏の旅行〜デナリ国立公園④
夏の旅行〜デナリ国立公園⑤
夏の旅行〜デナリ国立公園⑥

さてさて、バスツアーを終えBus Depotに戻ったのは18時。残念ながらホテルに戻るバスは既にありません。ホテルのスタッフに事前に確認したところ、別のホテル(Grand Denali)のバスがMcKinley Chaletのすぐ近くのガソリンスタンドまではきて、そこで降ろしてくれるからそれに乗ってきて!と。


他人任せすぎるだろ


信じられる人います?
第一自分のホテルじゃないのに乗れるの?(多分乗れる)
本当にガソリンスタンドまで来るの?(多分来る)
本当にバス…来るの???

ちなみに歩くと50分もかかります。そしてもれなく寒いです。
20分ちょっとは待ったのですが、本当にバスが来て乗れる保証がないこともあり、歩いてみることにしました。

お陰様で車がないと撮影不可のデナリ国立公園の巨大すぎるサインの前で写真が撮れました!
f:id:yura-mama:20211027063036j:plain
大体どこの国立公園でもこのサインの前で必ず撮影しているので分かりますが、ここのは巨大!本当大きい。
ホリデーのカードに使いたいし、家族4人で写真を撮ってもらおう!と、そこに居合わせた老夫婦に頼みました。ちなみにこの夫婦しかいなかったので、選択肢はありません。

f:id:yura-mama:20211027063309p:plain

撮影は
出来れば頼もう
若い人


字余り。

何故こうなる。
仕方ない、18:30にほかに誰も通り掛かることもなく…

アンカレッジとフェアバンクスを結ぶ道路であることをしっかり確認して。
f:id:yura-mama:20211027063541j:plain
夏はラフティングが楽しめる川。 f:id:yura-mama:20211027063543j:plain
大きな道路ですが、トレイル風に歩道をきちんと作ってあるので歩くことは可能です。
ただ遠いし、何もないし、景色がいいわけでもないので、余程のことがない限りおすすめしません。

夕飯はまたMcKenley Chaletのレストラン、Karstensにお世話になります!しつこいけど、他は定休日が多いよー!
f:id:yura-mama:20211027064044j:plain
うますぎる。アラスカビールは本当最高。
私が今夜頼んだのは、カニのサンドイッチ。 f:id:yura-mama:20211027064122j:plain
バーガーみたいだったのは予想外だけど。 f:id:yura-mama:20211027064125j:plain
いや、最高美味しかったー!
夫とサラダもシェアしましたよ。
f:id:yura-mama:20211027064235j:plain
レタスドーンのこのスタイル大好き。
2日連続お世話になりました、美味しかったです!
お部屋まで歩く道もすごく自然に包まれていて、このホテルは本当よかった!また泊まりたい!行く予定多分二度とないけど。
f:id:yura-mama:20211027064423j:plain

翌日はまた電車に乗って帰るだけです。ちなみにこの日は嘘みたいに晴れていました。
f:id:yura-mama:20211027064646j:plain
今日ならデナリ山見えてたかも…
駅には昼過ぎまでに行けばいいので、時間がかなりあります。本来ならひとつトレイル行けるくらいなのですが、スーツケースは駅で預かってもらえないのです。コロナがなければ荷物を一時預かってくれるブースがあるようですが、今回閉まっていたこと、どれくらいのサイズまで預かってくれるか不明です。

時間があるので、またKarstensで朝ごはん。
f:id:yura-mama:20211027065013j:plain
ワッホー! f:id:yura-mama:20211027065017j:plain
こんなしっかり朝ごはん最近食べてないから、全然そのあとお腹が空かなく、8時間の電車の中でもろくに食べずに過ごしました。ボリュームがね、アメリカは。
私たちは早めに駅に向かう必要がありました。

完成させたんだよー!レンジャーブック!!!
f:id:yura-mama:20211027065214j:plain
仕上げるページ多いのに、きちんと確認されます。
f:id:yura-mama:20211027065210j:plain
ついにゲット!!!

うん、まぁまぁ大変だったな。
我々にとって、21ヵ所目の国立公園。レンジャープログラム参加し始めたのは途中なので、21個は揃っていないけど。特別貴重な気がする、ここのは。よく頑張りました!

11:30には荷物を預け、チェックインができました。電車が出発するのは12:30なので、1時間ほど時間があります。ビジターセンターの周りにはトレイルが数本ありますので、お散歩程度ですし最後に歩きました。
f:id:yura-mama:20211027071153j:plain
最後まで行くと1時間半かかるので、ループだけです。30分くらいで、お天気も良いので気持ちが良かったです。

電車の正面は行きに撮れなかったので、今回は撮影!
f:id:yura-mama:20211027071310j:plain
撮り鉄の方に怒られそうな気軽な撮影ですが、気に入っています。青い空に黄色がよく映えますよね。

帰りの電車は行きより短く感じました。いくつか景色を載せます。
f:id:yura-mama:20211027071458j:plain
f:id:yura-mama:20211027071452j:plain
f:id:yura-mama:20211027071447j:plain
デナリ山があるであろう方向をずっと見てましたが、やはり見れず。なんてシャイな山なの。まー電車から気軽に見えるようじゃ3割クラブには入れないんでしょうね。

有名な橋を渡ります。行きに通った時、ちょうどその日が橋がかかって100周年だったそう。名前は忘れました。
f:id:yura-mama:20211027074234j:plain

お腹は空いてないといいつつ、小腹が空いたのでカップラーメンを買ってしまいました。景色が良すぎて、アメリカのカップラーメンなのに、めちゃくちゃ美味しく感じました。
f:id:yura-mama:20211027074348j:plain
Karstensで買ったビール缶入れるヤツ。名前知りませんが、素敵です!
f:id:yura-mama:20211027074504j:plain
8時間だけど、あっという間にアンカレッジに到着しました。ちなみに着いたその日の夜中便でロサンゼルスに帰ります。1泊しなくていいけど、死ぬほど疲れるやつですよー
アラスカ最後の食事はもちろんキングクラブ!
アンカレッジ中の店を確認し、夜21時に着いてもやってるところを探した結果…

49th State Brewing
イェーーーーーイ!最後に酒を飲んで帰るぞー!と夫と大盛り上がりですよ。
この時間でもすごく混んでいて、予約しておいて大正解でした。
f:id:yura-mama:20211027074943j:plain
私はフライトがあればそれにします。
ここのブリュワリーは、ものすごく種類の多い店だったので、選ぶのがとても難しかったです。どれ飲んでも美味しいんですけどね。
ちなみにうちの子たちは馬鹿の一つ覚えのように、Coke Pleaseなのですが、ここは変わったのを頼めという私の指令から、ブルーベリークリームソーダという謎の飲み物を頼んだところ、あまりの美味しさに衝撃を受け、おかわりしてしまうほど!
見た目は赤い透明のクランベリーソーダのようですが、一口もらったところまさしくブルーベリークリームソーダ。すごい美味しかった。

来ました来ました、キングクラブ〜!!!いよっ!
f:id:yura-mama:20211027080314j:plain
デカすぎるぞ!美味さが見た目からダダ漏れだ!
f:id:yura-mama:20211027080318j:plain
フワッと蟹の香りが鼻を抜け、なんとも言えない食感。何より味が濃いんです。
さすがキング☆クラブ!
フレッシュだからか?素材の持つ力なのか?生きてて食べた蟹の中で美味しいのが、アラスカで食べるキングクラブ!圧勝だ!
息子にはキングクラブが食べたいから、またアラスカに来たいと言われました。娘には大きくなったらママとパパを連れてきてあげる、と頼もしいお言葉。

美味しいものを毎日食べて、太っちゃったけど、悔いはないアラスカ旅行でしたー!国立公園なのに美味しいものまで食べられて幸せ。

ちなみにアンカレッジの空港の中には、完全にひっそりとワールドレコードのクマなどの剥製が置いてあります。
f:id:yura-mama:20211027081011j:plain 遭遇したら困るよね。
f:id:yura-mama:20211027081109j:plain
さりげなく世界記録。

ということで、空港も面白いので是非見てまわってくださいね。

相変わらず長くなりましたが、読破してくださった方、ありがとうございます!
いつかデナリ国立公園に行く方のお役に立てますように。またどなたかの旅の目的地に新しく加わったら嬉しいです。個人的にはめちゃくちゃ良かったけど、やっぱりレンタカーでもう少し時間かけて過ごせたら良かったなぁと思います。


49th State Brewing - Anchorage
(907) 277-7727
https://goo.gl/maps/RwRTqdhTmEMZsvFp6


 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋

夏の旅行〜デナリ国立公園⑥

こんにちは、ゆらです。

デナリ国立公園への旅をいい加減書き終えたいので、続きを書きます。
もう行く予定はありませんが、デナリの天気が気になり、天気アプリから消せないのですが…すでに10月半ばにして最高気温マイナス7度、最低気温マイナス14度という衝撃展開に目が離せません。秋はないんだな。
よろしければ前回はこちらからどうぞ。

いざバスに乗り込み出発です。席は自由です。4人いたら左右1列で座る方が良い気がします。どこから野生動物が現れるかわかりません。

バスの色はツアーによって異なり、トランジットバスは緑になっています。Wilderness Tourはクリーム色です。運転手のおじいさんが、最初に注意事項などを話した後に、聞いてきました。
「これはトランジットバスなので、特にガイドはつかないんだけど、どうしましょう?私に話して欲しいですか?」
もちろんYESとバスの乗客からの返事により、彼が話し続けたのですが、最強に聞き取りにくい英語かつ、抑揚がないから帰りは爆睡してしまった。お経?

ちなみにこの日の降水確率は100%でした。デナリは拝めなさそう…涙

さてこの日一番最初に遭遇した野生動物は何だったでしょうか???

f:id:yura-mama:20211012025956j:plain
わー果てしなく地味。
この鳥、何でしょうか。

正解はライチョウです。調べると日本語名はカラフトライチョウ。冬になると首から下が白い羽に変わるようです。
地味ですが、まさかのアラスカのState Birdです。
アラスカの州鳥は、てっきりハクトウワシかと思ってたけど、あれはアメリカの国鳥だから使えないのかもしれない。このライチョウは紛れもなくアメリカはアラスカ州にしか生息しておりません。あとはカナダです。

なぜ片道80マイルくらいのところに、往復8時間もかかるんだろう?と思ったら、野生動物がいると車は止まるのでかなり時間がかかるのですねーあと道路は舗装されておりませんので、かなりガタガタですし、制限速度がかなり遅いようです。動物がいますしね。

出発して1時間を少し過ぎたところでトイレ休憩。出発時刻を知らせてもらえるのですが、基本乗り降り自由のため、人数確認はないので、乗り遅れないように気をつけましょう。
f:id:yura-mama:20211012031107j:plain
雲が厚すぎるー涙
こんな大自然の中を走ります。
f:id:yura-mama:20211012031217j:plain
途中で乗ってきたファミリーの少年(11歳といっていた。うちの息子と2歳しか違わないのに、ものすごく大人びていて、かなりお利口だった)が視力6.0とかあるんじゃないかってくらい野生動物を次々と発見。
カリブーです!
f:id:yura-mama:20211012040907j:plain
山の斜面に推定50頭ほどいました。
カリブーという名前、聞きなれないかと思いますが、トナカイといえば皆様ご存知ですよね。
北米大陸のトナカイはカリブーと呼ばれます。ヨーロッパのトナカイはレインディア(Reindeer)。

少年が次々カリブーの群れを発見し、その次にはDall Sheep、ドールビッグホーンをゴツゴツした山肌に発見。
残念ながら私は視力6.0はなく、コンタクト入れて1.0くらいなので、しっかりは見えませんでした。野鳥の会みたいな双眼鏡持ってる人が多い理由はそこです。子供のおもちゃみたいな双眼鏡でもやや役に立ったので、本来ならジャニーズのコンサートの中でも戦闘能力の高め防振双眼鏡があるといいと思います。

また1時間後に休憩でバスを降りますが、ここはトイレがありませんでした。
f:id:yura-mama:20211012032116j:plain f:id:yura-mama:20211012032113j:plain
デナリ国立公園の中はとにかく川が何本も流れているんですね〜
f:id:yura-mama:20211012032222j:plain
絵の山が…見つからん。

次のトイレ休憩は1時間も経たないでストップ。そこは小さなお店もありました。食べ物などの販売ではなく、お土産です。そこに動物の角が置いてあり、自由に触ることができます。
ということで…
f:id:yura-mama:20211012032657p:plain
娘は先程のDall Sheep、私と夫はムースの角。
これがもう腰痛めるほど重い!こんな抱えて生きてるの?ってレベルでした。
f:id:yura-mama:20211012032804j:plain
先ほど見た、カリブーの角。
もう立派過ぎる!
息子は眠いと言って下車しませんでしたが、帰りも同じところに停まるので、そこで持ち上げました。

そこにも川がありました。
f:id:yura-mama:20211012033002j:plain f:id:yura-mama:20211012032959j:plain
ここでふと川辺を歩く4人の人を見つけました。拡大しますよー
f:id:yura-mama:20211012033025j:plain
あー
完全にバックカントリーのキャンパーだね。ガチな人たちだね。
ちなみにこの人たちだけじゃないんですよ。こういう人が多い。同じバスに最初から最後まで乗ってる人たちは軽装ですが、途中乗り込んでくる人はみんなこれで荷物多いし、洋服どろどろ。
すみません、素人がこんな所まで来てしまって。エセ自然派語っててすみません。いつか出直してきます…と言いたいところですが、グリズリーベアがウロウロしてるのに私にはできない。本当すごい。

そしてバスに戻り、ついに…!念願のグリズリーベアが発見されました!(少年は下車しているので発見は遅め)
すごく遠いので、拡大します。 f:id:yura-mama:20211012033445j:plain
おおおおお!!!
野生のグリズリー!
すごい遠いけど、肉眼で見るとこんな遠くないんです。きちんと特徴の肩の盛り上がりが確認できました。
今まで見たブラックベアよりも確実に大きいです。そうです、最大の肉食獣の一種。ホッキョクグマの方が大きいんですが、十分だよ。呑気にハイキングしててこれが目の前にいたら死ぬ!と遠くの車窓から感じるほどのサイズ感と迫力でした。
前も述べましたが、デナリ国立公園のクマはほぼ草食です。タンパク質のため、食事内容のほんの10%だけ肉を食べるそうですが、それも小さなジリス。あとはひたすらベリーを食べまくるそうです。

この後もグリズリーは見かけることとなり、トータル5〜6頭見ました。が、みんな割と距離感があるのと、車窓からなので怖さはなかったです。

出発から4時間後、ついにEielson Visitor Centerへ到着しました!
f:id:yura-mama:20211012034340j:plain
霧雨が降り、恐ろしく寒かった!ビジターセンターの前を細い小道がのびており、少し歩けるようになっていますが。
f:id:yura-mama:20211012034441j:plain
あまりの寒さに最短ルートを選びました。誰も周りにいないので、マスクしなくて良いのですが、防寒対策でのマスク。
ビジターセンターから少し坂を下る感じです。
f:id:yura-mama:20211012034617j:plain
ここで夫がクマが食べていると思われるベリーを一つ食べてみました。私と子供はどうも得体が知れないのが不安で食べませんでしたが、酸味の強いベリーだったそうです。ファーマーズマーケットのブルーベリーの圧勝。

そこで人間慣れしたArctic Ground Squirrelが寄ってきました。
f:id:yura-mama:20211012034800j:plain
北極ジリス。かなり可愛いです、高い声で鳴きます。1年の9ヶ月眠って過ごしているそうです。今は彼らはもう寝てますね。

晴れていたら目の前にデナリ山が見えていたはず。
f:id:yura-mama:20211012034948j:plain
ざ…残念!
残念!!!

やっぱり無理だった〜年間訪れる人のたった3割の人が見ることができるという。そりゃーデナリに1週間とかいられたらチャンスはあるでしょうが、3日くらいじゃダメでしたー悔しい!
グリズリーベアよりずっと見たかったから、残念すぎて…そんな悔しさから夫が撮影。
f:id:yura-mama:20211012035208j:plain
本当はあるはず…の北米最高峰。
最高峰なのに、足元すら見せてくれなかったね。
いつかこの目に映したいと思う、憧れの景色となりました。

帰り道、女性1人や4人グループのハイカーが乗ってきたりしたので、聞いていましたが、このトランジットバスはもちろん終バスがあります。万が一定員で乗れなかった場合、無理矢理乗せてくれないらしいです。 だから降りていいけど、最後のバスには気をつけろよ、みたいなドライバーとの会話に1人でゾッとしました。置いてかれたらどうするんだろう…???

帰りはスムーズ。カリブーは見かけ過ぎてそろそろスルーされ始めた。そんな中停車したのは、ムースのご登場!
f:id:yura-mama:20211012035638j:plain
見えますか?真ん中にオスとメスのペアがいます。オスは立派な角!昨日見たムースは角がなかったので、おそらくメスでした。
立派な角を持つオスのムースを見たいと息子は言っていたので、とても嬉しい瞬間でした。

デナリ国立公園のBig 5のうち、4種類には出会うことができましたが、やはり思った通り、最後のオオカミだけは見逃しました。まぁオオカミは夜行性だし、滅多に出逢えないと思います。イエローストーン私見たけど。

予定通り18時にBus Depotに到着し、長いバスの旅は終わりました。帰りは娘と爆睡してしまい、あっという間に着いてしまった。ムース出てきた時は半分寝てた。

バスでしか入れないという、デナリ国立公園の内部に入れて大満足でした。ここに行く人は、必ずバスには乗ってくださいね〜

長くなってしまいましたので、続きは次回。これでデナリは終えることができそうです。

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋

念願のリンゴ狩りへ

こんにちは、ゆらです。

デナリ国立公園を書き終えていませんが、早めに書いた方が良いかな?と思うことがあるので、先にそちらを。

昨年、思いついて出かけたリンゴの町、Oak Glen。その時のポストはこちらです。

調べると、リンゴ狩りは9月から11月末のサンクスギビングまで楽しめます、と書いてありますが、去年訪れた11月8日は雪降ってるし、リンゴ狩りなんか誰がするんだってくらいだったので、私としては10月までを強くお勧めしたいです。気になる方お早めに!

Oak Glenは町をあげてのリンゴづくし。もはやリンゴしかないと思ってもいいです。HPはこちらです。マップが恐ろしく見にくいのが玉にきず。

ロサンゼルスから1〜1.5時間で着きます。とても小さな町なので、早めに行ったほうがパーキングは見つかると思います。

今回のここでのミッションは。

①リンゴ狩り←ここ重要
②アップルサイダー飲む
③アップルパイ食べる
③アップルサイダードーナツ食べる

デブ覚悟で臨んで参りましょう。

別件また記事にしますが、他にやりたいことがあり、それを済ませてから向かったので、Oak Glenに着いたのは13時過ぎでした。

f:id:yura-mama:20211007031437j:plain
このマップ本当に見にくくて申し訳ないです。
Oak Glenの文字のちょうど上あたりの一番大きな建物が町の中心で、最も混雑していました。道路を挟んで反対側はパーキングになっていますが、アンティーク市みたいなのをやっていて(通りすがっただけなので不明)パーキングが潰れており、車が溢れていました。去年行ったので、今年はスルーします。

念願のU-Pickをしたのは、マップ44のRileys Los Rios Ranchoです。

100年以上の歴史を持つリンゴ農園で、南カリフォルニアで一番大きいそうです(HPより)

パーキングもすごく広かったです。
リンゴ以外、パンプキン、トマト、ラズベリーもピックできます。注意事項と、どこに何の種類のリンゴがあるかを聞いてから出発です。
f:id:yura-mama:20211007072158j:plain
のどかな畑。
中はリンゴ畑以外、色々なアクティビティがあります。キャンドル作ったり、リンゴをその場で絞ったり。ちなみに全て有料です。

その場で食べられるサンドイッチやコーン、ホットドッグもあり、ずっとおじさんが裏で焼いているのですが、スモークしていて、もうめちゃくちゃ美味しそうな匂いが漂っていました。

今回採れるのは3種類、青リンゴのグラニースミスと、赤リンゴのRed Rome、Rome Beauty。
f:id:yura-mama:20211007072222j:plain
どちらもRomeがついているのですが、全く知らない種類。お店で見かけたことがないのですが、売ってるのかな?
私がいつも買うのはお決まりのFujiですが、実はハニークリスプが一番好きです。Fujiが安くていいんだけど、ハニークリスプは歯触りと香りと大きさがダントツです。
と言いつつ、日本の蜜入りが懐かしい。

リンゴ狩りは私が記憶する限り、生まれて初めてなのですが、リンゴの木は子供でも採れる高さに実がついているので、子供もとても楽しいことを知りました。
地面にはダメなリンゴが大量に落ちていました。そして肝心のリンゴですが、虫に喰われていたり、腐っていたり、良いリンゴをとるのがかなり難しい。特にRome Beautyは本当に難しかった!
リンゴを入れる袋は5ポンドか10ポンドで、我々は10ポンドをもらっていたのですが、Rome Beautyだけだったら1ポンドくらいしか採れませんでした。

もうひとつのRed Romeに移動すると、面積も広いし、大きさも色もコンディションも良いものが沢山!
f:id:yura-mama:20211007072245j:plain
結局10ポンドの袋がいっぱいになりました。

いざお会計。
ちなみに…リンゴの値段としては超高級。
1ポンドまさかの$4.25そんな高いリンゴ見たことない。ホールフーズのオーガニックハニークリスプで$4しません。10ポンドの袋がいっぱい…ということで、まさかの$42もリンゴにかけてしまった…
U-Pickはエンタメ代込みですから仕方ない!

リンゴをゲットした後は、いい香りに勝てず、夫と息子がコーンをシェア。
f:id:yura-mama:20211007034104j:plain
バターを自分で塗って食べるのですが、最高おいしかったそうです。写真見切れてますが、左に写り込んでいるのはアップルサイダー。$3.95、牛乳のような1ガロンは$20もしました。さすがに高すぎて買えなかった。

お店もあり、ホームメイドのジャムやアップルバター、パイなども。パイはホールでしか売っていませんでした。

目的のパイは次の場所にまわすことにして。向かった先は、昨年も行きました、Snow Line(マップ41)です。ここで揚げたてのアップルサイダードーナツを食べることに決めていました。

ここはリンゴ狩りはできませんが、袋で売っていました。アップルサイダーも3種類ありました。試飲もできます。そしてワイナリーがついているので、ワインテイスティングもできます。運転ができなくなるので、夫には諦めてもらいましたが、すごく素敵な芝生の庭があり、ピクニックしながらワイン飲んでる人を何人も見かけました。
素敵なんですよ、生演奏もあったし。雰囲気がすごい好き。
f:id:yura-mama:20211007072329j:plain
リンゴは自分で採れないけど、私たちはここの方が雰囲気が好きです。先程の農園は金金金って感じで、あまり好きじゃなかった…

f:id:yura-mama:20211007072342j:plain
去年よりも並ばなかった。コロナの制限がなくなったからでしょうね。
さて念願のアップルパイ、バニラアイス添え$7と、ドーナツを購入してベンチで食べました。
もう写真撮る余裕もないほど食べたかったので、写真はありません(見た目あまり美しくもないし)
美味しさは察して頂けるとありがたいです。瞬殺でほぼ一人で食べ切りました。
ドーナツは揚げたてで美味すぎる。一口サイズなので、本当に怖いくらいどんどん食べられちゃいます。
f:id:yura-mama:20211007034932j:plain
去年の写真です。
去年のより今年の方がシナモンシュガーがたっぷりかかってました。真ん中の穴に砂糖が詰まるほど。
12個を購入しましたが、多分18個くらい入っていたと思う。ものすごく適当に袋に入れてるのを見ていたので、あのお姉さんちゃんと数えながら入れてるのかな〜すごいなぁ、と思っていましたが、やはり数えていなかったことが判明。12個以上入ってればよしって感じなのかもしれない。

帰宅して大豊作のリンゴを洗い、数を数えたところ、なんと37個!
f:id:yura-mama:20211007073635j:plain
どうしよう、アップルソース作るにしてもすごい量。とりあえず子供たちは毎日学校にスナックとして持参させています。

とても楽しいリンゴを堪能する半日が過ごせました。ロサンゼルスにお住まいの方は是非今月行ってみてください。
ただ…去年の教訓。行く前に天気確認してください。先週末は25度くらいで、半袖でちょうど良かったのですが、今週末は最低気温1度、最高気温13度とかなり冷え込むようです。昨年の我々のように、軽装で行かないようにお気をつけください。

Los Rios Rancho
(909) 797-1005
https://goo.gl/maps/SRhh8vo8cJ8ULcAY7

Snow-Line Orchard
(909) 256-0405
https://goo.gl/maps/q3ibnoHmLf65avsj6


 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋

夏の旅行〜デナリ国立公園⑤

こんにちは、ゆらです。

こちらもだんだん涼しくなってたと思ったら先週末は30℃もありました。10月なのになぁ。

もはやかなり昔のことになりつつある、デナリ国立公園の続きを書きます。前回はこちらからどうぞ。

無事にバスでホテルに帰って来られて良かった。雨もほとんど降らずにトレイルを2本満喫できたし、Savage Riverも行けたし、かなり上出来です。
この日は月曜日で、近場の数少ないレストランは休みだったので、ホテルの中にあるレストランで夕食をとることにしました。
ホテルは本当に広くて、こんなビューポイントもあります。
f:id:yura-mama:20211002025925j:plain
雲がなかったらホットココアでも飲みながらボーッとしたいような場所。

レストランはKarstens Public House
f:id:yura-mama:20211002030047j:plain
この写真は以前載せました。
建物中央に入り口があり、入るとすぐにスタバがあります。バーもありますし、もちろんキッズメニューもあり、家族にはありがたい店。中は広くて天井がとても広いです。全体的に暖かみがあり、素敵な店です。ディナータイムは店内で生演奏もありました。
f:id:yura-mama:20211002030242j:plain
ただメニューにキングクラブがない!
あるのは、キングクラブフェットチーネと、キングクラブのサラダ。
そこだけ残念。あとは満足。美味しい、別に何食べても美味しい。

f:id:yura-mama:20211002030713j:plain バーがあるだけあり、クラフトビールの種類がすごく豊富です。カクテルもありました。私はアラスカのクラフトビールがどれを飲んでも美味しいので、お気に入りです。

子供はキッズメニューのサーモンを。
f:id:yura-mama:20211002030836j:plain
皆様サーモンの種類って知ってますか?結構あるんですよ。アラスカのサーモンは大きく分けて5種類!私は2年前ジュノーのサーモン養殖場で見ましたが、細かく分けるともっともっといました。ただ、この5種類を覚えておけばテストはクリアできそうです。

どうでもいいですが、覚え方は手の指を使います。

親指→Thumb FingerのThumbとChumがRhymeするから、Chumサーモン。鮭全般…シロサケ。日本でよく食べられるそうです。

人差し指→Pointする指。だからSockeye サーモン。ちょっと私には何を言ってるのかわからない。
Sockeye Salmonはトレジョでも買えて、オレンジの色が濃い。ベニザケ。

中指→一番長い指だから、Kingサーモン。一番大きい種類なのかしら?とりあえず一番脂が乗っててふっくらして美味しい。

薬指→指輪を着ける(確率的には一番多い気はします)、だからSilverサーモン。ギンザケ。

小指→別名Pinky Fingerだから、Pinkサーモン。日本語名はカラフトマス、缶詰に使われているそう。

これでテストは完璧。
子供達がここで食べたのは、Sockeyeでした。もう最高に美味しかったらしいです。私も一口貰いましたが、味が濃い。ただふっくらというより、パサついている印象で、やはりキングサーモンとは違うなぁと感じました。

それからキングクラブのフェットチーネ
f:id:yura-mama:20211002032614j:plain
前夜の立派なキングクラブレッグそのままを思い出すと、随分寂しいです。味は美味しかったです!ゆるゆるパスタでもなかったし。アメリカではフェットチーネを選ぶとゆるゆるにならない傾向にあることに渡米5年目にして、ようやく薄々気づいてきました。

夫がビール止まらないので、珍しくデザートを頼んでみました。子供達は食事前後で必死にレンジャーブックを仕上げています。
f:id:yura-mama:20211002032846j:plain
全く覚えていない。チョコレートの何かだった(見ればわかる)ただひたすら甘かった。大人でシェアする方がいいと思います。

部屋に戻りシャワーを済ませ、再度飲みに戻りました。夏のアラスカの日没は23時くらいと、まだまだ明るい!
先程の店内のスタバではスモアキットを売っているので、それを子供の購入しました。広場には数ヵ所火がありますので、好きなところでスモアができます。
が!!!
裸火があるのは1ヵ所のみ。あとはガス。スモアするなら裸火が絶対良い。ガスは臭いがついてしまいます。裸火の方が火力も弱めですが、ここは迷わず裸火へ。
f:id:yura-mama:20211002033319j:plain
こうやってクルクルマシュマロ焼いて。チョコレートとグラハムクラッカーに挟んで。
f:id:yura-mama:20211002033404j:plain
アメリカでは食べたことがない人はいないと思いますが、日本では食べたことがある人の方が少ないはず。これBBQの最後やってみてくださいねー普通のクラッカーじゃなくてグラハムクラッカーでね。
めちゃくちゃ美味しいですよ。

そこにいらした老夫婦がコツをうちの子に伝授してくれました。
f:id:yura-mama:20211002033615j:plain
コツというか、最高の出来上がりのタイミングを指示してくれるから、コツも何もないんですが。
孫に教えてるみたいだわ〜と楽しそうなご夫婦でした。

私はカクテル。
f:id:yura-mama:20211002033745j:plain
美味しい、何杯でもイケる。

そこにいた方がまさかのお隣町Redondo Beachから来た人で、一気に盛り上がりました。旅先で出会った人といろんな話をするのも楽しみの一つですよね。

めちゃくちゃ良い夜でした。

キリがいいですが、ヤル気がでているので、翌日もこのまま書きます!🔥

翌日はついにデナリの内部にバスで向かいます。バスの予約はかなり早いタイミングで、飛行機と同時でした。この予約がとれなければ行くつもりがなかった。それくらい重要!
バスは大きく分けて2種類、説明ガイド付きのツアーと、なしのトランジット。トランジットは乗り降り自由です。ガイドなしでもトータル8時間かかります。
デナリ国立公園は1本しか道がありません。
f:id:yura-mama:20211002063351j:plain
赤い道は自家用車が入れるところ、その先はバスのみです(そのシーズンの抽選があるそうで、当たると自家用車でシーズン中入れるらしい)
終着地点はKantishnaで、走行距離は92マイル、12時間かかるとのこと。今年は手前の人気Wonder Lakeを含め、バスはその手前のEielson Visitor Centerまでとなります。
オペレーションシーズンは夏で、5月末から9月半 までで、Eielson Visitor Centerまでで$60です。
時刻表を紛失したので、覚えている範囲で申し訳ないのですが、朝一番早くて6時台でした。あまり早いと起きられないのと、予約が取れた一番早い時間が10時だけでした。チケットは当日Bus Depotで引き換え。30分前に到着が必要だったので、少し早めに行きお土産を物色です。コーヒーやペイストリーなどの朝ごはん系も売っていますよ。
水のリフィルができるところが素敵だった。
f:id:yura-mama:20211002064355j:plain
バスの最重要項目。
子供は自前のチャイルドシートorブースターが必要です!!!
アラスカはとても交通ルールが厳しいそうで、子供のチャイルドシートに関してはうるさく、用意していないと乗せられないとの注意書き。
必要な年齢は3歳まではどんなビッグでも必要。
4〜7歳までも、身長が57インチ・140センチまたは体重65ポンド・30キロ以下は、ブースターが必須。8歳以上は身長体重が上記以下でも不要です。
娘もうすぐ7歳ですが、140センチもあるはずがない。そんなでかい7歳いる???アメリカならいるんだろう。
というわけで、レンタカーではない我々には超荷物でしたが、ブースターを持参で行きました。
同じバスに、うちよりもっと小さな兄弟がいて、ご両親はふたつのチャイルドシート大変そうでした。
が、乗れないと困るし、道は舗装されておらずかなり揺れるしスクールバスだし。ということで、持っていくことを強くお勧めします。

あと心配といえばトイレ。8時間だし、子供はトイレ突然行きたくなるし。これはご安心ください。60〜90分ごとにトイレ休憩をくれます。

車内での飲食は可能です。流石にピザとかニオイが激しいものを食べている人はいません。グラノーラバーやクッキーなどと飲料水を必ず持参しましょう。Eielson Visitor Centerで何か買うことはできません。

続きはまた次回に書きます。

Karstens Public House
(907) 683-6450
https://goo.gl/maps/roS2JravRqM5b9LU9


 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋

ハラハラ・ナイト

こんにちは、ゆらです。

デナリ国立公園の旅行記終わっていませんが、先週末面白いことがあったので、先に書きます。

近所のモールの駐車場に突如出現した、サーカス。
f:id:yura-mama:20210922064157j:plain

昔ながらのサーカスで、全米をきっと回っているのだろう…きっと。
夫が突然、どうしてもサーカスが見たいと言い出しました。今まで一度も見たことがない気がする、と。私も記憶しているのは一度、小学生の頃にボリショイサーカスに連れて行ってもらった。
シルクドソレイユをサーカスとしないのなら、確かにその一回限りだし、ベイエリアにいた時に近くにサーカスが来た記憶はないです。
というわけで、行ってきました。

毎日開催していますが、平日は夜だけ、土曜日は2回、日曜日は3回も。
日曜の14時は大人$40のところ、$10と。
値下げしすぎだろ。
怪しい、何か理由があるはず。多分ショートバージョンかと思われます。きちんと全部見たい!ということで、土曜日の夜19時30分の回を見ることにしました。ピッタリ2時間のショーでした。
オンラインでチケットは買えますが、ブースで買うと子供は$10ディスカウントされるので($35→$25に)当日夕方買いに行きましたが余裕でした。

時間が近くなると、どんどん集まる人。ヒスパニック率が極めて高い。トーランスなのにアジア人が劣勢という。
f:id:yura-mama:20210922064909j:plain
Caballeroだから、メキシコ系と思われます。
席は一番近い列2列が$10くらい高い席でした。それ以外で全然良いですが、早い者勝ちなので、早く入ったほうが良い場所はとれますね。
f:id:yura-mama:20210922065049j:plain
一般席の最前列を確保。
座った瞬間ポップコーンやわたあめ、光るグッズを出演者たちが売りに来ます。飛び交うスペイン語
入り口入るとすぐに食べ物ゾーンで、ホットドッグやナチョスなども売っています。
明らかに演者の綺麗目なお姉さんが売ってます。びっくりしました。ザ・ファミリー経営。正しいサーカス。

うちの子たちはどうしてもわたあめが欲しい!とのことでしたが…
外国の味…日本のわたあめの美味しさを教えてあげたい。食べたことないですね、娘は。

動物は一切出てきませんが、もう絵本に出てくるような、サーカスって感じ。
ダンサーが出てきたり、ピエロが出たり。
球体の中をバイク3台でぐるぐる走ったり。
空中ブランコ、綱渡り、火芸、ジャグリング…誰でも一度は見たことがあるような、本当ザ・サーカスでした。

が、多分生きてて一度しか見ることがないだろうと思ったことは。


みんな不完全。


不完全っていうのは違うかな、みんな未完成?
全員、本番が練習みたいな。

初っ端のダンスのクオリティを見た時、大いに首を傾げてしまった。
ブロードウェイも劇団四季も見たことがないけど、お金を払うミュージカルは日本で数えきれないほど見てきたし。ディズニーで育ってる私からしたら…

あれ・・・?

ダンサーもみんなスリムでもないし、足も上がらない人もいるし、なんだろう、この家族感は…
曲芸する人も、まだ明らかに修行中の小中学生みたいな子(さっきポップコーン売ってた)がジャグリング失敗しながら必死に高い台の上でフラフラしてるの見てると、気持ちはもはや家族。

がんばれ・・・!

数秒成功した時の素晴らしい笑顔に思わず拍手喝采

綱渡りに至っては、すごい低いところでムッチムチのおばさん。縄が太ももにめちゃくちゃ食い込んでるのとかも、ある意味見たことがない。
と思ったら、もう天井ぶつかる程高いところで、若者が綱渡り始めて。ムチムチおばさん不必要説。
ものすごい高いところで綱渡りしてるのに、下にはネットもなくて、司会してるおじさん2人が待ち構えてるだけ。

絶対助けられないだろ。

最後の空中ブランコなんて…
一番見習いだろう、推定年齢12歳の少年、まさかの。

落下。

今度はちゃんとネットありました。あるなら綱渡りの時も使って欲しい。

空中ブランコが成功する時、拍手喝采

こんな不安なサーカス初めて見たわ。

手に汗握る展開の生パフォーマンスは、生きてて初めての経験だった。頼むから成功してくれ!と心の中で応援ずっとしてる自分がいて、いつの間にか彼らのファミリーになってしまったんじゃないかと思う。

という、大変貴重な体験をしました。
シルクドソレイユの空中ブランコは安定しかなくて落ちるかもなんて1ミリも思わなかったのに、こんなパフォーマンスも世の中にはあるのか…と。

周りのメキシコ系の方々の盛り上がり方も凄すぎて、東京24区目のトーランスが、やはり外国なんだと思い知らされた夜でした。

そこで同じくかなり盛り上がる娘を横で見て、この子はアメリカ人になってきていると確信しました。
息子は無言で食い入るように見ながら、ずっとわたあめ。太るぞ。


2回みよう!とは思いませんが、ホント…ある意味超貴重なサーカス体験。
お近くに来ている時は、ハラハラ体験をぜひあなたもいかがでしょうか。



 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋

夏の旅行〜デナリ国立公園④

こんにちは、ゆらです。

デナリ国立公園の続きです。よろしければ前回はこちらからどうぞ。

Dog Sled Kennelsを後にし、また同じRoadside Trailを帰る予定でしたが、同じ道を歩くのは正直あまり面白くないのは我々だけではないはず。バスの時間が合えばバスでビジターセンターまで帰れることに、その場で気づきました。
f:id:yura-mama:20210914032415j:plain
なぜ今まで気づいていなかったかというと、停留所の名前にDog Sled Kennelsがないから。なんと、ここはDenali NPS Headquartersなんです。
確かによくマップを見れば、HeadquartersとDog Kennelsは同じであることは一目瞭然です。見落としていました。
なんと12:05発のInto the Parkまで15分!
逆にビジターセンターに戻るバスは1時間半後です。

雨はずっとほぼ降っていません。
これは…
奇しくもSavage Riverに行けるんでは…???

と気づいてしまった。
予想より寒かったことと、雨を凌げる場所がないことなどを踏まえ、歩く予定だったSavage River Loopトレイルは諦め、一度下車するものの、25分後に同じバスがまた出発するので、それに乗って帰ることに決めました。

明らかに元スクールバスのシャトルバスに乗車。
f:id:yura-mama:20210914064232j:plain
混雑していたら乗れないかな?と思いましたが、問題なかったです。
車窓からの景色がとても美しく、晴れていたらもっと素晴らしいだろうなぁと思いました。
f:id:yura-mama:20210914064324j:plain
Headquartersからは30分もかかりませんが、息子爆睡。乗り心地悪いのに。

Savage Riverは降りるところが2ヶ所あります。
手前のSavage River Campground(地図の右矢印)
f:id:yura-mama:20210914065100j:plain もう一つが、Savage River Trailhead(地図の左矢印)です。

このキャンプグラウンドで下車し、そこから出発するSavage Alpine Trailがあります。これはSavage River Trailheadとキャンプグラウンドを結ぶトレイルです。
f:id:yura-mama:20210914065351j:plain
4.1マイルと、さほど辛くないかと思いきや、Elevationが1410ftもあり、かなり急な山の斜面を歩いている人がぽつりぽつり見えました。
少し登ってみようかと思ってましたが、やめてよかった。子供というか、私は無理。

無事念願のSavage Riverに到着!
f:id:yura-mama:20210916044232j:plain
人が川の浅いところで、足を川の中に入れて釣りしてました。国立公園って釣りしていいんだ、知らなかった。
f:id:yura-mama:20210916044343j:plain
レンジャーはいますが、トイレくらいしかないので、ここでバスを逃すと寒さで全員風邪をひきそうなので、帰りの時間を十分に気をつけて少しだけ歩きました。

今まで色々なアメリカの自然の景色を見てきましたが、ここは見たことのない景色でした。似たところが思いつかない。
f:id:yura-mama:20210916044458j:plain
デナリは標高により、タイガ(針葉樹林)とツンドラを見ることができ、本土では目にすることはまずありません。
f:id:yura-mama:20210916044501j:plain
川の水を夫が触り衝撃を受けていました。触らなくても冷たいことは予想してましたけど。

お天気が悪くなければ気温も上がってるだろうし、もっと先まで進みたかったです。でも諦めていたSavage Riverを見ることができてよかった!
f:id:yura-mama:20210916050512j:plain
川を渡る橋、公園入り口側にパーキングがありました。渡ったらバス停とレンジャーで、自家用車はそこまでです。
f:id:yura-mama:20210916050613j:plain
橋の上から。
f:id:yura-mama:20210916050616j:plain 綺麗です、本当に。何の魚が釣れるのだろう。
バス待ってる時突然現れた。
f:id:yura-mama:20210916050741j:plain
可愛い…
これは普通のリスですが、一番見かけるのArctic Ground Squirrel(北極ジリス)です。しょっちゅう見かけます。9〜4月までという長期間冬眠するらしい。
ちなみに!ここデナリ国立公園は鮭がいないので(そこまで北上しないそう)ここに住むグリズリーベアたちは食事の内容は90%がベジタリアンだそうです。残り10%はタンパク質のため捕食するそうで、その捕食されるのが北極ジリスを含めた、リスやネズミとのこと。

たった30分なのに、すっごい寒くて震えそうでした!同じ園内でも気温の違いを感じます。
ビジターセンターに戻って、Bookstoreでお土産を先に調達。そのまま裏のトレイルからHorseshoe Lakeへ向かいます!

f:id:yura-mama:20210916051704j:plain
赤い星がビジターセンターです。
2.5マイルほどの、ちょうど良い距離のトレイルでオススメです。
アラスカ鉄道の線路を渡ります!
f:id:yura-mama:20210916051909j:plain
写真の右奥に車が見えると思います。あそこにはホテルのシャトルバスが停まってくれるので、帰りはそこからバスで帰れることになります。

トレイルは整備されていて、とても歩きやすいです。
f:id:yura-mama:20210916054250j:plain
人が多く、野生動物との遭遇をびびる必要もなさそう。
途中上からレイクを見下ろせるポイントがあるのですが、ここ以外レイクが見えるところはありませんでした。
f:id:yura-mama:20210916052209j:plain
Horseshoe=馬蹄の形なのかしら?よく見えない。

あっという間、20分ほどでレイクに到着します。
こんな看板。
f:id:yura-mama:20210916052100j:plain
ビーバー!
f:id:yura-mama:20210916052057j:plain
ビーバーがダムを作ったんだね〜!
何本も切り倒された木、切り倒しかけの木を見ました。
f:id:yura-mama:20210916052338j:plain
ここでビーバーを見ることは出来ませんでしたが、私たちは同じアラスカのケチカンの川で見たことがあるんですよね〜!

レイク沿いにベンチがあったので、そこでおやつ休憩を子供はとって、私は写真を撮ったり各自休憩。

f:id:yura-mama:20210916052546j:plain

後ろに重装備のキャンパーの男性2人もスマホ見たりと休憩をとっていました。
その時。この男性1人が叫んだのです。

「M…!Moose!!!」

びっくりして、その場に娘は自分のリュックを放置し、彼らと一緒にポイントを移動すると…

f:id:yura-mama:20210916052810j:plain

い…いるー!!!
紛れもなく、野生のヘラジカのメスです。
ジャバジャバ湖に入っていき、お食事の時間。
f:id:yura-mama:20210916052907j:plain
かなり水の中に顔を突っ込んで、中に生える水草のようなものをムシャムシャ食べていました。
あまりにも無防備に長い時間食べていたので、途中でその場を去りましたが、レイクをグルリと回っている間、最低30分はずっとその場で食事をしていました。

前日電車の中から駆け抜けるムースを見ましたが、馬かムースか分からないレベルだったので、一同大感動しました。
ついに今まで一度も見たことのなかった、ムースに遭遇でき、大感動です。

のんびり歩いたので、1時間半近く過ごしました。ムースに会うこともなく、さっさと休憩なしで歩けば45分くらいで帰って来れると思います。

しかし…ラッキーとしか言いようのないことが。
なんとホテルに帰る最後のバスにたまたま乗れたのです!
これがホテルがくれたバスの時刻表。
f:id:yura-mama:20210916053413j:plain
Horseshoe Lake Trailの16時発を逃すと帰る手段無し!!!爆

実は事前に問い合わせした際、19時まではビジターセンターとホテルを結ぶバスが30分おきにありますよ、と言われていたので、全く慌てもせず、時刻表も見ていなかったのです。
なにそのガセネタ…!酷いじゃない!コロナだから?
ちなみにこのHorseshoe Lakeのバス停に着いたのは16:05でした。たまたまバスが5分遅れで到着していたので、乗れたという奇跡に感謝。危なかった。
というわけで、どこのホテルもバスが走っていますが、十分に時間には気をつけた方がいいと思います。

長くなってきたので、続きはまた次回に書きます。

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋

夏の旅行〜デナリ国立公園③

こんにちは、ゆらです。

アラスカの続きを書きます。よろしければ、前回はこちらからどうぞ。

デナリ国立公園で過ごせる2日間、何をするか散々調べました。結果、1日目は自分たちの足で歩いて回る日。2日目が園内の奥へバスで入る日。
この日は雨予報。午後になると降水確率は50%くらいに下がりますが、午前中は80%以上という。
こんなに雨の多い国立公園、過ごし方としては雨が降るバージョンと降らないバージョンで予定を立てておく方がベターかと思います。

雨が降らないバージョンとして考えていたのは、2つのトレイル。
1つ目はHorseshoe Lake Trailです。出発はビジターセンターのすぐ近くです。スタート地点はTaiga Trailと同じルートで、途中の1本道であるDenali Park Roadを横切ったらHorseshoe Lakeへのトレイルがスタートします。大体2.5マイル(約4キロ)、2時間ほどで帰ってこられます。
f:id:yura-mama:20210911045049j:plain
レイクからの帰り道は、少し息の上がる坂となりますので、小さなお子様や足の悪い方はオススメできません。

もう1つのトレイルは、Savage River Loop Trailです。2.1マイル(約3.4キロ)、1時間強のEasyなトレイルです。
Savage Riverまでは園内のフリーシャトルで行くことができます。自家用車で行けるのは、このSavage Riverまで。実際ここまでがきちんと舗装されている道路でした。

ちなみに園内シャトルバスは3ルートあります。詳しくはNPS公式からご確認ください。

園内のマップはいくつかあるのですが、一番ざっくりしたものはこちらです。
f:id:yura-mama:20210911045941j:plain
こちらから頂きました。
見ての通り、赤いラインが自家用車で入れる道です。短いんです。
たった14マイルというSavage Riverまで。自分の車ならすぐ着きますが、バスは片道45分かかるのです。ですが、それはそれは美しい景色のようなので、是非行きたい。なんならトレイルのループ地点くらいでお昼ご飯食べちゃおう、とか。

ま…降水確率80%で無理だよね。
どうしても行きたかったHorseshoe Lakeは午後にまわすとして、午前中雨の中何をするか?という。

デナリ国立公園は今まで行ってきた国立公園とは本当違う。トレイルが絶対的に少ないのです。グランドキャニオンばりに少ない。
f:id:yura-mama:20210911050846j:plain
真面目にこのマップに載ってるだけと思って良いと思います。ビジターセンター周辺だけで、あとはSavage Riverに2つあります。
あとは道なき道を進む、オフトレイルなんです…
待ってくれ、子供連れで、野生動物(特に熊とか)との遭遇が予想されるのにオフトレイルなんか出来るわけがない。というか子供がいなくても私は出来ない。
ということで感じたことは、ここは超玄人向け国立公園。キャンプ担いでるような人が楽しむところ。家族連れでわーい!って行くようなところじゃない。我々は結果めちゃくちゃ堪能したし、楽しかったけど、なんかこんな我々が来ちゃってスミマセンって感じ。

雨予報の中のSavage Riverはナシでした。自家用車ならいいと思いますが、シャトルバスの場合、すぐに帰ってこられません。
1日4本しかない…上に、Savage Riverに着いたら10分後に乗ってたバスは帰ってしまい、次のバスまでは約2時間。
Savage River Loopトレイルでランチしても2時間かからないので、もうめちゃくちゃ難しいスケジュール。ほぼ半日潰れちゃうのです。
というわけで、Savage Riverはナシになり、代わりのトレイルを模索しました。

すごく面白いのは、ここの国立公園は犬がいます。犬ぞりのワンコたち。シベリアンハスキーたちです。そこに行って犬と触れ合うことができるし、無料のデモンストレーションも1日数回あります。
今年はコロナでデモンストレーションは中止でしたが、犬に触れることはできるとのこと。
うちの娘はすごく犬が好きで(毎年サンタにはPuppyをお願いしていますが、叶っていません)何がなんでも行きたいと前から話していました。

ということで、午前中はハスキー、午後にHorseshoe Lakeで決定。

夫が朝にミーティングがあったので、出発は少し遅く、ホテルからデナリ国立公園までのシャトルバスに乗れたのは、10時少し前でした。10分位で着くのですが、歩くと50分かかります。歩かない方が良いですよ。疲れますよ。

子供達はお決まりのジュニアレンジャープログラムに参加するため、ビジターセンターに行きました。
f:id:yura-mama:20210911052140j:plain
コロナになってから、人の接触を最低限にするため、レンジャーブックをもらう時に一緒にバッヂも親に託す国立公園が多くなりましたが、ここは違った。ちゃんと仕上げてね!頑張ってね!と渡される。9歳の息子がやるべき量は、ほぼ全ページで、結局2日間かかって仕上げました。すごい大変だった!計算とかもあり、やっつけでは絶対終わらせられない。

ちなみに雨は、フードを被る必要がないほど、ほぼ降っていませんでした。でも防水ジャケットでよかった。
犬たちのいる、Sled Dog Kennelsまでは道沿いにRoadside Trailという、片道2.1マイルのトレイルがあります。1時間ほどで到着するようです。
f:id:yura-mama:20210911061153j:plain
左下にSled Dog Kennelsがあります。こちらから頂きました。

ビジターセンターのすぐ裏から出発!
f:id:yura-mama:20210911052904j:plain
園内唯一の道路を渡ります。
f:id:yura-mama:20210911052841j:plain
雨に濡れて緑が生き生きとしています。
f:id:yura-mama:20210911053019j:plain
とてもキノコが多いです。 f:id:yura-mama:20210911053017j:plain
食べちゃダメなんだろうな、という色合いのキノコもありました。
誰一人会わずに1時間。
f:id:yura-mama:20210911053119j:plain
どんどん森っぽくなってきます。
f:id:yura-mama:20210911053234j:plain
ちなみに寒さですが、予想してたよりずっと寒かったので、子供達も私もボトムスは2枚重ねでした。私なんてずっとルルレモンのペラペラなレギンスで過ごす予定だったので、荷物を詰める最後に念のために、一番薄手なジョガーパンツ突っ込んできて本当に良かった。変なパンツを現地でお買い上げすることになっていたよ、絶対。

スタートからちょうど1時間で到着!
f:id:yura-mama:20210911053327j:plain
敷地に入る前にレンジャーから注意事項の説明を受けます。人はかなりたくさんいて…トレイルは私たちだけだったので、みんな車持ってていいね、と思いました。
タイミングが合えば子犬が見られると事前情報があったので、聞いてみると、小屋の中にいるよーとのこと。
f:id:yura-mama:20210911053652j:plain
全然見えませんが、中に子犬がわちゃわちゃいました。
お母さんが途中出てきたのを見ましたが、子犬は小屋に入りっぱなし。それもそのはず…たった10日前に産まれたばかり!目もまだ開いてない感じに見えたし、お母さんは毛に血がついていました。
暗いのでしっかりは見えませんでしたが、最高に可愛かった…!!!1時間ハイキングのご褒美!癒し…
産まれてから2〜3週間で、犬ぞりのしての訓練が始まるんだって。我々訪問者達と触れ合い、社会性を身につけるそう。触れ合いたかった。

ワンコたちはみんなきちんと躾けられているため、とてもおとなしい。
f:id:yura-mama:20210911061636p:plain
あくまでもペットではないので、尻尾振ったりはしませんし、懐いてくる様子もなかったです。撫でてもらうのを好きな子もいませんでした。気分屋の集まりって感じですかね。
f:id:yura-mama:20210911054031j:plain
1匹1匹名前が書いてあるので、みんな名前を呼んでどうにか触れ合おうとしますが、大体みんなツーンとしてるワンコたちでした。
f:id:yura-mama:20210911054127j:plain
お昼寝してたりね。
近くで見るとハスキーはやっぱり大きい。
f:id:yura-mama:20210911060143j:plain
イケメン枠認定。

夏はトレーニングをして、冬はWonderlakeというデナリ国立公園の唯一の道の終着点まで、2週間かけて行くそうです。レンジャーも大変だな。

子供達念願の犬との触れ合いを終え、ビジターセンターまで帰ることにしました。
長くなるので、今回はキリが良いここまでにします。続きはまた書きます!

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋