ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

カナダ旅行④

こんにちは、ゆらです。

一時帰国、絶賛ダラダラしています。3週間いるので、予定は詰まっていますがゆっくり過ごせています!
アメリカに来たのは去年の夏前の6月でしたので、日本の夏は2年ぶり。

こんな暑かったかなぁ…

不快すぎてツライ。カリフォルニアはカラッとしていますので、日差しは強いけど日陰は涼しいです。全然違いますね。
先日は曇りだったので、息子は
「なんで曇りなのにこんなに暑いの?」
と。確かに。サンフランシスコは曇ると簡単に寒くなりますからねぇ…

あと東京は人が多い!こんなに多かった?こんなに歩きにくかった?と挙動不審で歩いてしまいます。
先日までカナダまでのロードトリップで感じたのは、北米大陸は都市が突然ポコンとあらわれ、そこまでは自然たっぷり。東京は空の上から見ると、その都市の大きさに驚きました。これが外国人が驚く東京の街なんだと改めて気づかされました。
サンフランシスコも都会ですが、東京はサンフランシスコの5倍くらいに感じました。(カルガリーの10倍くらい?もっとかも)
こんな風に東京を感じるのは離れてみないと分かりませんでした…

さて、日本の話はまたにします。
一時帰国でおススメだと思うところがあれば、またサンフランシスコに戻ったら書きます!

さて、カナダ旅行。
ここまではよろしければお読みください。 カルガリーに着いて3日目。今回の旅行のハイライト!このために24時間車を走らせた。

Royal Tyrell Museum

誰が決めたか知りませんが、世界三大恐竜博物館の1つ。(残り2つは福井と中国)
たしかに化石がゴロゴロしてました、昨日の公園。州立恐竜公園で採掘された化石はこちらの博物館へ移送されて研究材料となっているそう。昔はこの博物館がなく、移送するのが大変だったそうですが、こちらが出来てすごく良くなったそうです。

こちら夏の間の営業時間、9時から21時までというディズニーランドのようなやる気のみせっぷり。世界から恐竜好きが集まるそう。博物館のHPには2〜3時間あれば見られます、と。なのに12時間あいてるあたり、本気で人が集まるんだろうな、と思います。
夫は9〜21時フルで見たいと希望していましたが、ここまで1時間半ほどかかるので、朝は少しゆっくりして到着したのは10時前(それでも早い)

チケットは事前に購入していました。というのも、有料のツアーを2つ申し込んでいたので、ついでに買ったのです。別に直接チケットは買えます。しかし、昼前から死ぬほど並んでいました!!!早い方がぜーーーーったい良いです!せっかく来るなら早起きして空いてる内に見た方が良い!

入り口では恐竜がお出迎えです。

全体的に暗いので、撮影は難しい。
化石はレプリカと本物が混じっていました。

すごく美しかったのは、アンモナイトの化石。時間の経過で宝石化しています。
めちゃくちゃ綺麗!

夫が子供の頃図鑑で見ていて、ついに本物を目にして感動したのはこちらだそうです。
多分ティラノサウルス
目の前で埃や砂などを落とし、バラバラな部分の接着を行う職人技の実演もありました。
奥はまさしく作業部屋!

そしてロイヤルティレルが今世界中で(化石ファンの中でだと思うが)有名なのが、こちらの化石。
ボレアロペルタという種類の恐竜(多分恐竜)
恐竜のミイラ化ですね。
皮膚のゴツゴツした部分も残され、非常に非常に貴重な化石(というより標本)らしいです。

以前私のブログを読んでくださっている方から、マツコの知らない世界で放送したことを伺い、事前に学習したのですが、いざ目の前にすると迫力…!!!
これは化石?なんか今すぐ目を開けて動き出しそうな雰囲気。
化石にも恐竜にもろくに興味のなかった私がここにいるのは、恐竜&化石ファンの方々に申し訳ないくらい素晴らしかったです。
興味のある方は、是非こちらに来て損はないと声を大にして言いたいです!

足跡の化石や、多分クジラとかの祖先みたいな化石もありました。
あとはマンモス。

ちなみに余談ですが、マンモスの化石はサンノゼにあるChildren's Discovery Museumでも見られます。


さてこちら博物館の中を見るだけでなく、オプショナルツアーに参加もできます。というのも、博物館のまわりはBad Landと呼ばれる独特の地形の大地が広がっています。これは昨日行った州立恐竜公園と同じ感じです。
ここを約1時間かけて歩くツアーに参加。 参加は$10くらいでした。昨日と比べると随分と歩きやすく、3歳の娘も頑張って歩けました。 こちらは実際の化石はさすがに転がっていませんでしたが、手に取れるように置かれておりました。
なんの化石だろう…

州立恐竜公園に行っていない方には良いツアーでしたね。我々は昨日参加してるので、良い運動をした気分でした。そんな感じの軽いツアーです。

お昼時だったので、ツアー後はカフェテリア的なところでランチ。
T-Rexバーガーというのにしましたが…いやー全然おいしくなかった。びっくりするほど。まぁ期待はしていなかったのですけどね〜残念!

お昼を食べた後は、子供の有料プログラムに参加しました。こちらも$10くらいでした。本当は自分で化石を作れるプログラムが良かったのですが、4歳以上とのことで(多分石膏?を使うのか、小さい子には良くないらしい)何歳から参加できる、と制限がないプログラムにしました。
恐竜について学び、発掘体験をさせてもらえます。こんな感じでオープニングは恐竜について。 その後は各々で恐竜のシールを貼ってオリジナルのサンバイザーを作りました。
化石の発掘は木のチップみたいなものが敷き詰められていて、自分で掘って中身を掘り出します。子供たちが無言、夢中! 大人は全然楽しくない1時間でしたが…笑 子供たちはとても楽しそうでした!参加して良かったです。時間が余裕があれば楽しめるかと思います!英語力はやや必要。小さ過ぎる子は飽きちゃうかなーと感じました。

午前中途中までしか見れてなかった続きを。
恐竜はレプリカですが、完全体で後ろには絵が描かれ、大変分かりやすく楽しめました。
私が一番好きだったのはここだったなー迫力でした。ザ・恐竜博物館ここにあり!(笑)

結局博物館をあとにしたのは、15時すぎ。たっっっぷり楽しめました。けど9〜21時過ごすのは私には無理かな…あれだけ沢山の方が集まっていたので、12時間営業してるのは大正解。

せっかくなので、こちらから一番近く、恐竜で観光を盛り上げる気があるんだろうな、という街、Drumhellerへ。 世界一大きい恐竜らしい!作りが雑だ!と思いますが、大きさはひしひし伝わります。
というのも、中は空洞になっていて、展望台なんです!まさかの有料でしたが、せっかくなので登りました。
中は全て階段。広々しているので、すれ違いも余裕でした。 一番上はこんな景色が広がっています!
絶景かは甚だ疑問ですが…笑

当初はDrumhellerに泊まる予定でしたが、割と何もない街だったのもありやめました。ちょっと正解だったかなーと。かなり廃れた街で、こちらの恐竜の展望台付近以外はお店がほとんどしまっていたりで相当寂しい雰囲気でした。

ところでカルガリーは夏の風物詩の菜の花畑がしょっちゅう広がり、大変美しいです。思わず車を停めて写真を撮りました。

一面黄色の菜の花畑は大変美しく、心奪われる景色です。

夜はそろそろ肉食と車移動に疲労困憊で、まさかの日本食を頂きました。
酢の物は謎でしたが、お寿司は美味しかった。ただ許せないのは、スモークサーモンをお寿司にすること。たのむ、サーモンへの冒涜はやめてくれ!!!!!

明日はバンフ国立公園へ。しばし恐竜とはおわかれ。

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋