ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

イエローストーン旅行⑥

こんにちは、ゆらです。

いい加減続き書きます。イエローストーンの続きです。前回はこちらからどうぞ。 イエローストーン最初の夜はMammoth Hot Springsのホテルのレストランを利用しました。いくつか選択肢があります。どこのビレッジも同じような感じです。
一番手軽なのはグロッサリーストアでサンドイッチなどの軽食をとる方法。まぁ、そう美味しそうでもないのですが、手軽に部屋で食べるのがいいなら十分な選択肢があると思います。
あとは予約不要のカジュアルな店。こちらはビレッジやホテルによりますが、ハンバーガーやサンドイッチなどがあります。
最後に予約が必要な場合もある、テーブルサービスのレストランが大体どこにもあります。クオリティを求めるなら、もうここ一択。ただ予約を事前に入れるとその日の自由な動きが取れなくなるので、私たちは一切取らずに行きました。

マンモスで利用したのはMammoth Hotel Dining Roomです。お腹も空いていたので、17時くらいに、予約がないのですが…と入り口で聞くと、夏の間はディナーの予約は取っていませんとのこと。しかもすぐの案内もあり、とてもよかったです。メニューはこちら。 昼間にあんなにカレー食べたのに(息子の残した分も食べた)やたら腹ペコだったので、肉が食べたい私。
オーダーしたのは
Montana Family Ranches Beef Meatloaf ミートローフ大好き。ハンバーグとは違うんだよね。ぺろっと食べちゃいました。

ちなみに夫は2日連続のステーキ。でも
Bison Top Sirloin 人生何度目かのバイソン。今日散々見てきたけど、バイソンはジビエの臭みがなく、ほぼ牛肉です。ただかたい。筋肉質なのかなぁ?やはりビーフが一番だなぁと思ったり。

泊まっているキャビンまでは歩いて5分くらいなので、気軽にお酒も飲めちゃうのがいい。 ジュースにしか見えないけど、毎晩なんか飲んでたから、お酒だったはず。
あとはもちろんパンがサーブされるので、子供達は我慢できず食べてました。
キッズメニューも充実してるのですが…ディズニークルーズと違い、毎晩どこのレストランも同じキッズメニューなの…つらい。3日連続同じメニューから選ぶのは相当大変。6日とかいたら、もう食べたくない!ってなりそう。クルーズはちゃんとDairy Specialがあるから7日違うチョイスができて本当安心です。イエローストーンももう少しキッズメニュー頑張ってほしいなー頼むから場所が違ってもメニューが同じはやめて。

私は普段から滅多にデザートは頼みません。そんなに入らないから。でも今日はなんか食べられる気がした。 せっかくなので、名前も中身も惹かれたこちらをオーダー。
Yellow Stone Caldera 1つオーダーだったので、スプーン4つくれました。濃厚なチョコレートケーキだから夫とシェアして丁度よかった。中からトロリで超美味しい!

とても美味しく大満足なダイニングを利用でき、国立公園のレストランなんて〜と思ってましたし、Yelpの評価も良くないけど、一日中歩き回って疲れた体、温かいご飯は本当に美味しかったです。

キャビンに戻る途中、びっくり! なんかいる…しかも想像以上に巨大なんですよ…! 娘写真撮影中。

キャビンにいる人は出てきて観察中。なのでそこにいたおばちゃんに聞いてみました。これは鹿?エルク?と。おばちゃん
「全然わからない」
だろーね
私もわからんがな。

多分エルク。エルクの色合い調べるとこんな感じ。何よりでっかい。まぁ鹿も近くで見ると大きいのかなぁとは思うから不明。
もう狼なのかコヨーテなのか、
エルクなのか鹿なのか、
色々謎が残るだけです。

なんか砂か砂利が集まって山になってるとこに集まってて、何食べてんのか?
子鹿もいて可愛い。バンビ。 何してたんだろう、鹿かエルクさん。

ちなみにマンモスホットスプリングスでは、鹿かエルクは必ずといっていいほどの目撃率。本当にいるんだーと感動。

あとから、狭い部屋の窓の外に、大きなエルクが葉っぱ食べてて、近くで見るといくら私はキャビンの中でも怖い〜近いわぁ…

マンモス地区は泊まるほどでもないかもしれないけど。派手さはないけど、自然の美しさに感動しました。ゆっくり食事ができて、狭いけどシャワー自分の部屋で浴びられて快適そのもの。本当ここ良かったですね。

翌日はまた次回書きます。

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋

結局私の目元に戻ってきたのは

こんにちは、ゆらです。

イエローストーン旅行記が全然終わってませんが、最近買ったコスメのご紹介。今回…

ハイブランドでっせ!爆

というのも、妹と母が来ていたので、久々にリバモアのアウトレットに行ってきました。車に乗り切れないから、私は行かない予定でしたが、母が孫と過ごす…というありがたい提案をくれたので、私は娘と妹と夫と。夫が娘見てくれるし、何この楽しい時間!

アウトレットといえば。コスメ紹介の前に。
バーニーズニューヨークが破綻し、店舗が超縮小されます。サンフランシスコとビバリーリルズは残るようですが、NYの本店がどうなるのか全然調べても出てこなくて私のリサーチ力の限界(ってそこまで必死に調べてもいない)
とりあえずそんな事情から、バーニーズのアウトレットには今良いものが流れてきています!
聞いて、まさかのモンクレールのロングダウン、日本の定価の半額で買っちゃいましたよ。春夏だからそこまで分厚くないんだけど、冬のロングは持ってるし、むしろこの地域、春夏のがウェルカムです。しかもネイビーね。こんな素敵カラーをアウトレットに流しちゃダメよ!転売されちゃう!

しませんけど、私は。
というわけでこれからも良い商品が流れてくるようです。今ですね、バーニーズのアウトレット店に行くタイミング!

さて、リバモアのアウトレットにはコスメの取扱店は3店舗あります。香水と、単独店は除き、色々なブランドを扱う店舗として、3店舗あります。私は絶対チェックしてます。鬼安いからね。化粧水とかは消費期限的なものが怖いから買わないけど、アイシャドウとか、口紅とかならね…と。

そこでぶったまげた2つをついお買い上げ。そのご紹介。

まずはDolce & Gabbanaのアイシャドウ。
ドルガバのコスメって使ったことない。妹が、日本は店がないから伊勢丹のコスメの催事か、個人輸入しかないよ、と教えてくれました。なので定価が不明ですが、トムフォードと同じくらいの9000円程。
こちらもセフォラでは香水しかないし、店舗は多分いわゆる高級店でしか扱いがなさそうで。とにかくなかなか目にする機会がない。

全部半額でございます。

定価が$62とかなので、日本より安いんですが。これが半額って…
二度と買わないルナソルより安い。

カラーは118のEnchanting Fallです。 日本未発売なのか、検索に出てこなかった。元から全て限定扱いだから今後出たりするかもしれませんね。

スウォッチはこちら。 発色が想像より良かった。トムフォードより良かった。カラポばりの発色。
この4色をどう使うか散々悩みました。というわけでさっき初めて使ってみました。恥を忍んでの。 ベースが①のゴールドがかったブラウン。
二重に②のカーキ。
アイライナーがわりに③のダークブラウン。
眉の下と目頭に④のシルバー。

今からどこ行くんだってくらいの目元がイイ女風。名前の通りの秋冬カラーですね。
4色全部使わないともう少し夏らしいカラーにできそう。

粉質はトムフォードの圧勝。発色はこの118はカラポと同じくらいの最高見た目のまんま発色。想像斜め45度超えてきた。

感想としては、高すぎるでしょう。日本で定価では買えない、私は。サイズがいかんせん小さいんですよ。トムフォードみたいに「使い切れる気がしない」ってのもどうかと思うけど。ドルガバは使い切れるかもしれないくらい。シャネルより小さいんじゃないかな。この小ささで9000円は高すぎるわ。ただ使い切れるかもしれないという期待を抱かせてくれるアイシャドウはいいですよね。
というわけで、$33(税込)では良い買い物でした!

と、ホクホクした次に斜め前にあるコスメの店に入りました。10分で出てくる予定が、1時間になっちゃったのは。

トムフォードが全部6割引!!!

妹が特に興奮し、リップ多分100色はあった気がする!そこから厳選セレクトしてました。私はアイカラークォードのゴールデンミンクを。 かの有名なゴールデンミンクが・・・ $38で買えたー!
三越の免税店がトムフォード最安店かと思ってたけど、4000円が最安値だわ!前回来た時は難しいブルーしかなかったから買わなかったんだけど、ゴールデンミンクがここに並ぶなんて!
他にも素敵な色あったけど、とりあえず5分前にドルガバ買ってるし、ゴールデンミンクだけ。 こちらスウォッチ キラキラ具合がクラっとするぜーっっっ!

実際問題、目元に乗せたらキラメキすぎて、自分の目元がどうかなってんじゃないかって。
どうにもなってないけどな。

カラポに比べてさ、さすがトム。てか一緒にしたらダメだよね。カラポのキラキラもすんごいけど、上品さとか、気品とかがあるんだよね、トムフォード
発色はゴールデンミンクは強くないからとっても上品OL系!
ねーアメリカ人好きじゃないでしょ!
いや、でも普通にオフィスで働く人にはバッチリだよね、やっぱやるよねートム様。

改めて粉質の良さに感動。ぴったり。
ただラメがややヨレる、夜になると。私のグラデの乗せ方にが悪いんだ、きっと。トムは私を裏切るわけがない!
ゴールデンミンクの乗せ方に迷いしかないので、そこは難民となり色々模索していこうと思います。そしてやはりサイズのデカさに改めて戸惑う。

カラポはいいけど、やっぱデパコスアイシャドウに戻ってくるんだなぁ。シャーロットのピロートークも好きすぎて悶絶相変わらずだし。

良い買い物、いいコスメとの出会いに感謝。

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋

SoMaのベーカリー

こんにちは、ゆらです。

最近またサボっていましたのは、母と妹が渡米していました。2人は今朝早い便でバンクーバーに行きました。バンクーバー直行も日本からはありますが、トランジットしてくれて、ここに4泊してくれました。今頃は船の上。ディズニークルーズ、アラスカに行ってます。

いいなぁぁぁぁぁ。

羨ましいぜ…

さてイエローストーン旅行記終わってませんが、久々にサンフランシスコ情報をひとつ。

母と妹と一緒にSoMaにあるオシャレなベーカリーのご紹介。

Vive la Tarte SoMaなんて滅多に行かないのに、行きたい!と思ったのは、ちょうど1年前にも遊びに来てくれた妹が日本に帰国したばかり、確か土曜の朝にやっている、にじいろジーンか何かでサンフランシスコを紹介したらしく…それで、この店が出たんだって。
妹に知ってるか聞かれ、もちろん胸を張って知らなかったんで、1年前からブクマして行く機会を虎視眈々と狙っていました。
というわけでの1年越しの初来店。長かったー遠かったーSoMa(笑)

私はとてもこんなところまで運転できるスキルは持ち合わせていないので、もちろんBartで行きました。大嫌いなCivic Center駅から徒歩6分くらいだったはず。そんなに変な人も転がってなかったので、もっと早くチャレンジできた気もします。

朝8時からやってるベーカリー。オシャレ度が高い店内。 気になるのが、左のひな壇的なね。ここであぐらかいて、コーヒーは飲めるけど、ケーキ類とか厳しいと思うんだ。

奥のオープンキッチン(と呼んでいいのか)で作っているのが見えます。観光客は少なく、完全この辺で働いてるオシャレな人だらけ。ちなみにコーヒーはSightglassです。

ベーカリーだから。パンが! まっぶしーい✨

クロワッサンがさ!子供の顔くらいあるんですよね。

ここは店名にもなってる、タルトが有名で。キルフェボンみたいなタルトじゃないですよー
チーズケーキとか、レモンタルトとか、とりあえずケーキも悶絶系のビジュアル。ですが、到着した10時前は全然なかった…早かった気がする。ケーキはもっとランチにかけてなのかもしれんな…ケーキ食べたかったわぁ。

というわけで、オーダーは
アーモンドのクロワッサン チョコレート&シーソルトケーキ アボカドトースト キッシュ。
こちら、あまりにも美味しそうすぎて、写真を全員で撮り忘れました。

クロワッサンは美味しいに決まってる!アーモンドの味が濃い〜!妹が「杏仁豆腐かね」って言うくらいのアーモンド感!美味しかったわ!でも重い!絶対食べきれない!

チョコレートはブラウニーですね。中がトローってして美味しかったですよ!けどこっちも重い!絶対1人じゃ食べきれない!

アボカドトースト、パン生地は分厚いクラッカーですか?くらい硬いけど、アボカドがこれでもか!えい!!!ってくらいかかってて、めちゃくちゃ美味しかったです。アボカドがいい感じにトロトロでね。その上の卵わると、もう美味しくないはずがない!最高…!
オーダー率超高めでした。

写真撮り忘れたキッシュは、みんな頼んでるのはほうれん草とゴートチーズでしたが、ゴートチーズは子供には厳しそうなので、ベーコンとオニオンにしました。
プルゥンプルンで、ここはプリン屋でしたっけ…?って感じ。
今まで食べたキッシュでダントツ美味しかった!

タルティーヌのキッシュをこの後買って家で食べましたが、Vive la tarteのが美味しかった!

もちろんキッシュはちゃんとぷるぷるに温めてくれます。が、随分待った。全然来なかった。どうもお姉さん、間違えてスピナッチ温めちゃったみたいで。
まぁキッシュ待ちだったわけじゃないから、メインディッシュ的な感じで来たからいいんですが。ただお姉さんが
「お待たせしてしまってすみません。私のミスなので、こちらどうぞ」
と、巨大クロワッサンプレゼント。

俄然食べきれる気がしない展開なので、ありがたくto goしました。娘はアーモンドクロワッサンより、普通のクロワッサンの方が好きだったからありがたかったです。

息子がキッシュをえらく気に入り、まさかのお代わりキッシュとなりました。めちゃウマでしたよ!
ということなんです。絶対タルト、パイ生地が美味しい店。あー食べたいな、ケーキ!チョコレート美味しかったけど、1口でいいかなって感じだし。ケーキがこのチョコ一択だったのが残念。

ですが、逆に次回また行きたいと強く思わせてくれるお店。Yelp評価もまだ500件しかないので、並ぶこともないし、おススメです。

しかし私初めて飲んだSightglassが全然合わなかった。苦手な香りがふわっと香りすぎ。いい加減サードウェーブコーヒー諦めようと思う。

Vive la tarte
1160 Howard St, San Francisco, CA 94103
(415) 634-5444
https://goo.gl/maps/niNda9fNMxTKLy496

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋

イエローストーン旅行⑤

こんにちは、ゆらです。

イエローストーンの続きです。
前回はこちらからどうぞ。 さて、レトルトカレーでランチを済ませ、向かった先はNorris地区。しつこいけど、地図また載せますね。 Canyon Villageから車で大体30分弱なので近いですね!Norrisはイエローストーン内で一番火山活動が活発なため、特に地球の息遣いを感じることができるエリアです。
温度が高く、また時期によって、熱水泉が間欠泉になったりと大変興味深いエリア。駐車場も混雑していましたが、イエローストーンの良いところはヨセミテとは異なり、車移動が基本だから朝から晩まで停めてますって人がOld Faithful以外いないこと。ぐるぐる回って待っていれば必ず停められます。

Norrisは2つのトレイルがあり、短ければ45分、長くても2時間でまわれます。そこまで時間を割く必要はないエリアですが、せっかくなので見ておきたい場所ですね。
ミュージアムもありますが、あまり見所もなさそうなので私たちはスルーしました。 注意は駐車場にしかトイレはなく、ミュージアムまでくると引き返すハメになるので、行くなら最初に。小さいですが、マップはこちら。 ミュージアムを中心に、北にはスカイブルーの熱水泉のあるPorcelain Basin、西には91メートルまで吹き出す間欠泉、Steam Boat GeyserのあるBack Basinが広がります。
まずは全長0.8キロのPorcelain Basinからスタート! 小高い丘の上からスタート。もうモクモク見えてて、初熱水泉に興奮する私たち。何よりめちゃくちゃ硫黄!硫黄臭がすごい!これは…


日本人の心に染み渡る・・・


この後様々な場所でこの懐かしの温泉の香りに包まれることになりましたが、飽きることがない!なんなら「温泉卵食べたいわぁ」って心境。
日本人には馴染み深いこの香り、特に駐在していると、懐かしさにグッとくる。あぁ、やっぱ日本人なんだわぁ。
まぁ、2歳で渡米した娘は、箱根行ったことありますが、初めての硫黄の香りにくさいくさい!と。不機嫌な時間には行きたくない!!!とブチ切れて泣いてました。
これが世界の正しいリアクションなのか…?日本人としてはあるまじきな気も。

さて癒されながら歩くと、もう熱水泉の色が。 やばい、リアルバスロマンじゃないか。まますますの温泉感に夫婦でグッとくるわぁ。

しかしこのトレイル、途中が通行止めになってました。とは言え、もともと0.8キロしかないわけで…熱水泉にウットリしながらも30分くらいでまわれました。

Back Basinは2.4キロ全長があるので、疲れそう…ということで、Steam Boat Geyserまで行ったら引き返しました。ここも30分かからずですので、体力に自信がない方、時間がない方もおススメかと思います。

Back Basinのはじめは、Emerald Springです。 先程の熱水泉とはまた違い、透明感が高く吸い込まれそう。お分りいただけるかと思いますが、ポコポコしてるんです。それがまた神秘的で。黙ってれば飛び込めるんじゃないかってくらいの透明なブルーなのに、ポコポコしてるのをみると、あぁ、煮えちゃうね。って。

10分くらいでSteam Boat Geyserへ到着しました。 めちゃくちゃモコモコ出てる!
ここの噴出は全く予測がつかないそう。高さもまちまちで、3メートルから91メートルと振り幅がハンパない。間隔も3日から50年(!)と。どんだけツンデレなのよ。50年出てなかったのは昔だけど…50年後突然出てきた時、びっくりしたでしょうね、周りの木々も。

さてこの後は本日の宿泊地、Mammoth Hot Springsへ移動。途中シカさん🦌目撃したりしましたが、急ぎます。

マンモスは冬も営業しているビレッジ。ホテルは立派。とはいえ私が予約を取ったのは、夏しか営業しない、このホテルのキャビンです。色んな方のブログを事前の情報収集で読ませていただきましたが、キャビン情報しか出てこなかったので、ホテルがどうなっているか…?今年の夏は改装で半分くらいクローズされていた気がするので、ますますキャビン客が多め。キャビンはこちらです!
小屋再び。
いいですよ、$180しかしないし。昨日の小屋より中が明るかった。けど… もぉ、激せま。
衝撃を受けるほど狭く、スーツケース1つオープンしたら足の踏み場なし。ドアが二度と開かない前提でドアの前にスーツケースオープンか?ってくらい。ベッドはやたら可愛いけど、狭い〜スーツケース3つある人、多分色々工夫が必要かしら。
狭いけど、ちゃんとプライベートバスはもちろんあるし、満足!周りを見ると、お外のロッキングチェアで本読んでたり、リラックスしてる方がたくさん!
ちなみに可愛いベッドスローはホテルのショップで販売されていますが、仰天の価格でしたよ。

さて、マンモスは園内唯一の入れる温泉などもありますが、川の中なので今回はスルー。子供もいるし。
というわけで見所は、1つのみ。
Mammoth Hot Springs Terracesです。超見にくいけど、こちらがマップ。 ここまでホテルから歩けますが、帰りに疲れたと子供達から文句を言われるのが見えていたので車で。
Upper TerraceとLower Terraceがあります。アッパーはワンウェイ、車で巡れます。両方行く予定でしたが、時間がなぜか予定より押していたので、今回はLowerだけを歩くことに。
1周が1時間、木造のトレイルで大変歩きやすいのですが、いかんせん急。最後は、はぁはぁでした。

はじまりはLiberty Cap 変な形…なのは、自身の沈殿物がその口を塞いでしまったから。ほんとは先から温泉がでていたそう。高さは10メートルくらいで、かなり大きいと感じました。

マンモスホットスプリングスといえば、石灰棚。トルコのパムッカレが有名。どこかで世界三大石灰棚のひとつがマンモスホットスプリングスと聞きましたが…世界三大美女と違って、そもそも石灰棚自体がそんなにあると思えないんですが…
こんな景色が広がります。 湯量が減っているらしいけど、ちゃんと流れているのがしっかり見えて。お日様が当たって、キラキラして、ほんっとうに綺麗でした!
色のコントラストが美しい。 自然の作り出す白ってものすごく美しいですよね。
ガンガンテラスを上り、上からの景色。 石灰棚の向こうの、ビレッジはイエローストーンというか…ヨ〜ロレイヒ〜的な景色。ハイジいそう。いるわけない。
トレイルの最後、てっぺんに来たら…

枯渇。

枯渇体験2回目(ヨセミテでも枯渇)
ここはヨセミテのシーズン性の枯渇とは違い、湯量が減っていることが原因かと思われます。ただこの真っ白な世界。せっかくだから家族写真だー!!! うん、なんか素敵。頑張って上ってよかった!

ちなみにこのトレイル、とっても坂が急だし階段がやたらありますが、車椅子用のルートがあります。私たちは帰りそっちを歩いてみた。少し遠くなるけど、ベビーカーとか階段抱えてるお父さんお母さん見ると、切なくなったので、ぜひ車椅子ルートをオススメします。トレイル始まってすぐに車椅子ルートと階段ルート左右に分かれるのですぐわかると思います!

沢山歩いてお腹ペコペコ!
夕飯はまた次回に。

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋

イエローストーン旅行④

こんにちは、ゆらです。

先日一時帰国から帰ってきました。去年の夏も帰ったので、日本の夏の暑さは覚悟していましたが…想像以上にキツかった。来年オリンピック大丈夫なんだろうか…
暑さを除くと、なんでも安くて美味しくて最高。ピーチフラペチーノとか、もうフラペチーノの領域こえてきた。でも繊細なんだよ、桃って。多分アメリカ人にはわかんない!この繊細な甘さ!
いい加減忘れかける気がする、イエローストーン旅行の続きです。なんならまだイエローストーンには到達していないので、やや詐欺気味で申し訳ありません。今回いよいよイエローストーンに入ります!

前回はこちらからどうぞ。 コルターベイでの夜は大変静かでした。6月末でも、朝は冷えていたのでヒーターをつけましたよね。クーラーはついていませんが、ヒーターがあるので多少寒くても平気です。

朝はJackson Lakeの周りを爽やかに散歩する!と決めていたので、7:30に部屋を出発。 ビジターセンターの入り口右からトレイルの入り口が始まります。ビジターセンターの前ではレンジャーのおじさんがコーヒーを一緒にどう?とくれました。レンジャーとコーヒーという朝の風景なのかと。
そこで言われました。
「クマスプレー持ってる?」
ぎゃー、やっぱいるのかーでもグランドティトンではクマの目撃情報が少ないので、4人で歌ったり楽しく話しながら行こう!と決めました。 写真斜め左上のビジターセンターのすぐ横、Lakeshore Trailを歩くことに。1周で1時間くらい、と聞いていました。

割とスタートは歩きやすく、道幅も広い。寒いからきちんと着込んで。すぐにLakeに出ます。 なんて絶景!!!早起きしてよかったー!

しかしですよ?段々と足元が怪しくなってきた。 こんな感じの道が続きます。うん、真面目に出てくるかも、クマ。

結論的に出会いませんでしたが、かなりの近さで朝ごはん中の鹿。 写真で見るよりずっと近くて…しかも行きたい方向にいるから4人で戸惑いましたよね。少しずつ近寄ったら逃げてくれました。オスだったら引き返すレベルに近かった。

とっても見晴らしの良い所に出ました。 あまりの綺麗さに絶句。ホントに来てよかったー!早起きしてよかったー!

けどですよ。
ねぇ、誰も教えてくれなかった。


蚊がとにかく多い…


名前は知らないけど、たまにいるアタマ虫みたいに、空中にまとめて飛んでいて、そこに突入すると嫌なあれ…あれが全部蚊。しかもデカイ。デカイ蚊のアタマ虫レベルの群れに突っ込み続けた結果、なぜか私だけ8ヶ所も刺されました。

気が狂うほど痒かった。まさかのレギンスの上からですよ?ヤブ蚊だろうな、という。根拠はない。

レンジャーのおじさん、クマだけではなく是非蚊も山ほどいることを一言教えて欲しかったわ…

早起きして、8ヶ所蚊に刺された甲斐があり、絶景レベルは相当高かったです! これ、ノーフィルター、ノーフォトショップですよ。

あと注意点。朝イチは蜘蛛が夜中に糸を張っているので、散歩する先頭の人は蜘蛛の巣を払いながら進むのため、蜘蛛の巣だらけになります。夫が犠牲に。
ホント色々苦労しないと見れない景色でした。全然誰ともすれ違わないし、クマ怖い!とビビりましたが、最終的に痒すぎて痒すぎて、恐怖心ゼロでした。

グロッサリーストアではスタバのコーヒーが飲めますよ。痒すぎてイライラが止まらないのでスペシャルを飲みました。 美味しかった!爽やかな朝にはピッタリ。痒いけど。

昨夜のピザが半分残っていたのをそれを朝ごはんにすることにしました。また同じピザ屋に持っていくと温めてくれるという情報でしたが、朝はあいていません。なので、隣のレストランで聞くと、スタッフの方の心遣いで温めてくれました!ただこれはたまたまなので、温めるなら、グロッサリーストアの電子レンジが良いかと思います。

ピザを食べながらイエローストーンへ向かいます。Colter Bayからはイエローストーンまで1時間ほどで着きます。

きーたーよ!!!

ついに来たー!到着!
この看板は料金所の、すぐ隣です。$35払って入ります。1週間有効。
そうです、少なくとも2017年まではグランドティトンと共通パス$50が存在してましたが、2019年夏現在なくなっています。ということで$70払いました!ご注意ください。

さて再度イエローストーンの地図載せます。 グランドティトンはレイク地区の南です。Grant Villageが2つのパークを行き来できるビレッジらしいのですが、個人的には遠すぎると思いました。どこに行くにも遠い…
さてイエローストーン1日目は一番北のMammoth Hot Springsです。Colter Bayから直接行くと3時間かかるのですが、途中観光しながら向かいます。

まずはレイク地区からCanyon方向へ。途中ものすごく人混みが!こーれは何かいる。車を停めてそこにJoinしました。川を挟んで向こう側にグリズリーがいるという話。レンジャーも近くにいてくれました。が、遠すぎて全然わからず。周りの人誰も見えてないレベル。みんな「どこ?え?何がいるの?グリズリー?ホント?」って会話が聞こえてきました。
グリズリーベアはカリフォルニアは絶滅しているのです。ヨセミテで見たのはブラックベア。アラスカで見たのもブラックベアでした。グリズリー見てみたかった〜残念。

グリズリーを見逃したあと、レイクとCanyonの間に広がるHayden Valleyは野生動物が多く目撃されるとのことですが、朝早くまたは夕暮れ時…とのことで、全然期待せずに通りました。
ですが、Valleyに差し掛かった時、見えたんですよ。遠くに犬が。飼い主がいない…あれ、ということは、あれはコヨーテか…まさかの狼!!!
急いで夫に車を停めてもらい(停める場所はHayden Valleyに多くあります)一眼レフで急いで撮影。
私の望遠は300㎜なんですが…
300って中途半端で、ハッキリ言って使えない。もちろん全然風景は撮れない。300㎜くらいだと、野生動物は肉眼レベルで近くないときちんと捉えられません。やっぱり野鳥の会レベルじゃなきゃダメなんだ…けどそれはあまりにも私のような素人には扱えないし、一脚になりますよねー
というわけで、300㎜はナショナルパークには力不足でした。それで撮影した狼がこちら。 でも狼か自信ないです。なので拡大してみます。 ほら!多分狼じゃないですか???
今更ちょっと確信に近くなり、感動がじわり。 イエローストーンの狼は一度絶滅しています。そこで、カナダから連れてきた狼を再びイエローストーンに放ち、また野生化させているそう。

あの時狼かどうかの確信が持てなかったのは、何せ私が第一発見者だったので、あれは何?とか聞ける相手がいない。ただ私の知っているコヨーテとは顔の輪郭が違うな、というのと、やや大型な気がしました。きっとあれはGray Wolfだったと信じています。

ここで初めて見たバイソン、思ったよりめちゃくちゃ大きくてびっくりしました! イエローストーン、バイソンに会わない方が難しいとのことでしたが、確かにその後何十頭も見ました。何回見てもその大きさと雄大さに圧倒。これが野生なんだもん、本当凄いよ。

あとバイソン以上にいたのは、カナダグースですかね(笑)めっっっちゃくちゃいます。バンクーバーでも何羽も見ましたが、ケタ違い。

野生動物との初めての遭遇に盛り上がった我が家でしたが、娘爆睡中。バイソンはその後見られましたが、狼はやはり遭遇率が低いだけあり、娘は見逃してしまいました。まぁ遠かったから起きてても見えなかったかな〜?

いい時間になっていたので、Canyon Villageの電子レンジを借りて、持参したカレーとご飯をチンして食べました。
カレー大正解。毎回昼に並んでサンドイッチやホットドッグ食べるの疲れちゃう…カレーやカップラーメンは持って行く価値があると思います。特にアメリカ住みの人は。
熱湯も出るので美味しく頂けますよ!数年前はぬるいお湯しかないとのことでしたが、新しい熱湯サーバーがありました。美味しくないアメリカのカップヌードルも買えるので、日本に比べると多少味は落ちますが、サッと食べるには便利。

長くなるので、続きはまた次回。

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋

イエローストーン旅行③

こんにちは、ゆらです。

前回のイエローストーン旅行の続きです。イエローストーンというかグランドティトンを旅している最中です。
前回まではこちらからどうぞ。

イエローストーン旅行①
イエローストーン旅行②

足が相当な疲労感で本日のホテルへ向かいます。予約が取れているのはColter Bay Villageです。こちらビジターセンターやレストラン、グロッサリーストアもあるきちんとしたVillageです。宿自体は部屋数が多いので、予約が取りやすいのかな、という印象でした。ビレッジは広いから、どこでチェックインができるか分からないほどで軽く迷いました。

車は部屋の前に停められるのが、キャビンの良いとこ。私は生まれて初めて泊まりました。



ガチな小屋。


子供と激しく動揺しながら、虫の侵入に怯えながら入りました。そんなに虫は山ほどはいなかったのですが、周りは木々が鬱蒼としているので割と沢山いそうな予感しかしない。

中はベッドが3つです。 荷物広げててスミマセン。
2枚目のベッドの右側のドアの向こうはバスルームです。もちろんバスタブはありませんが、この空間にプライベートなシャワーがあるだけで私満足よ。日本のビジネスホテルみたいなシャワーでしたけど大満足。

今夜の夕食は同じコルターベイの中。歩いていけるのでお酒も気にせず飲めるのが、クルーズ並みにありがたい! 木で見えないけど、この写真真ん中あたりに入り口があり、左右にわかれています。右が、John Colter Ranch Houseで、左がCafe Court Pizzeriaです。
ここはピザが美味しいとYelpで読んだので、ピザにする予定でしたが、夫が疲れたから肉が食べたい…と。
でも!John Colter Ranch Houseでは隣のピザを席で食べることができます!逆はできないですが。もちろん何かオーダーすることが条件。自分で、ピザを買いに行って隣で食べる、というと席まで持ってきてくれる。わぉ。
今思ったけどチップあげた方が良かったのかな。

メニューはこちらです。 子供達はマルゲリータを頼んだので、私は分けてもらう前提でのSoup & Salad Barを($11) スープは2種類ありました。サラダは何の変哲もないものですが、旅行中は野菜不足しがちなのでたっぷり2杯食べました。
あとはHuckleberry Margaritaを。 イエローストーングランドティトンでよく見かけるハックルベリー。私たちが住んでるところでは全く見かけません。調べるとアイダホのState Fruit!知らなかったぜ、State Fruit。なんとなくフロリダがオレンジだろ、くらいしか知らなかったからサラッと今調べたら、かなりの確率でのBerryでしたね。カリフォルニアはまさかのアボカドでした。アボカドってフルーツの位置付けだったのか。
ハックルベリーの味は…わかんなかったけど、ベリーのマルガリータ美味しかったです。

さてピザ登場。 かなりのサイズ!
絵的に美味しさ伝わらないんですが、このピザが侮れない!美味しいんです!生地がふわふわしていて、すごく美味しい〜アメリカピザにありがちのピザとは少し違うんですよね。このピザ近くにあったらしょっちゅう食べに行くかも。美味しい!おススメ。

夫はNYステーキ。 迫力の写真ですみません。
多分美味しかったと思う。聞かなかったけど。とりあえず疲労がきてるときは肉だよね、という気持ちもわかる。

小屋なのでTV、電話はなし。部屋にWifiはありませんが、こちらのレストランでは使えました。やることもないので、グロッサリーストアのお土産コーナーでまさかのオセロとチェスを買い、なんだかキャンプ気分だったかな。

帰りに夕日が山に当たって綺麗だった。 こちらJackson Lake方面なので、山に向かって歩けば、もっと綺麗な景色が見えたでしょうが…
ちょっと疲れすぎた。
さてこの日の歩数は…
あーるーいーたーねーーーー
家にいて子供の送り迎えに歩くだけだと5000歩なんて全然いかないのですよ。夏休みなんて下手したら3000歩未満!なんで、午前中車に乗ってたわりに、とんでもない歩き方でしたね。棒グラフ見ると、午前中歩いてなさすぎて笑うレベル。

頑張りました!
キリが良いので、続きはまた次回。

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋

イエローストーン旅行②

こんにちは、ゆらです。

ちょっと東京帰ってます。今回ビザの更新で2週間弱。やや私には短いのと、世の中のキッズ達が夏休みスタートしてしまっているので、お泊りディズニーも諦めました。割とバタバタ滞在となりますので、ブログはなかなか更新できなさそうです…が、多分生きてますので、忘れないで頂ければ幸いです。

さて、イエローストーン国立公園旅行記、続きを書こうと思います。ほぼロードトリップの前回はこちらからどうぞ。 グランドティトン国立公園ってイエローストーンに比べて相当な知名度の低さと思います。だってアメリカ人に話すと、ほぼ99%知らない。さすがにイエローストーンは知ってるけど、行ったことある人しかグランドティトンは知らないんです。そもそもイエローストーン行ったことある人自体めちゃ少ない…聞いて行ったことあるよーって答えほぼなかった。アメリカ人はパスポート持ってる人が少なくて、理由はアメリカが広くて、アメリカだけで十分な旅行ができる!と聞いたことがありますが、全然旅してないんじゃないかってくらい、イエローストーン行ったことないわぁって。
意外意外。

さて、グランドティトン。どうもアメリカの国立公園で一位二位を争う美しさ、と聞いていましたが…
えー!!!
これ国立公園の入り口ですよ?

あれ、ここ。スイスかな。
寝ぼけて飛行機でも乗ってたのかな。

ってくらいの美しく雪化粧した山々が。イエローストーンが動の国立公園なら、グランドティトンは静の国立公園と呼ばれるそうです。ものすごく綺麗…
だってこんな道ですよ?

最高に綺麗な景色が広がる。まずいよ、こりゃ!1泊で十分か?

国立公園の入場料は国立公園のタイプにもよるんじゃないかな、と思うのですが、大体車1台$35です。数年前までは、グランドティトンイエローストーン共通パスが$50で販売されていましたが、今は無くなっています。
なので、2つで$70です。高いわ!
と思いましたが、この美しさ…いや、いい。だから守ってください!と思いましたよね。

グランドティトンの地図もう一度載せますね。 大きな湖がJackson Lakeです。その下にJenny Lakeがあります。そのすぐ横を通る道が、Teton Park Road。こちら冬季は通れないそうなので、とりあえずそっちから本日の宿泊の、Colter Bayを目指すことに。
ですが、行ったり来たりはできないので、行く前にTeton Park RoadのスタートのMoose Junction近くのビジターセンターでトイレ。 とても綺麗なビジターセンター。中の眺めがまた良い。 ムースやエルクの角や、クマなどの毛皮が展示されていて、手に取ることができます。子供達には実際触れることができるので、楽しく見学ができます。

このビジターセンターの近くに、超有名なチャーチがあります。
Chapel of the Transfiguration 本当は中に入りたかったんですが、この日は日曜のため、礼拝中で入れませんでした。中からの景色が最高らしいので、気になる方はググってください。見たかったなぁ…
残念。リアル絵葉書らしいです。

まだ14時くらいなので、Jenny Lakeに行きました。Jenny Lakeは船があり、それで反対側に渡ると、Hidden FallとInspiration Pointがあります。往復船でもいいのですが、片道は2〜3時間の爽やかなトレッキングができることを地球の歩き方で読んでいたのでトライすることにしました。目的がある方がワクワクするし、達成感があるから、行きに歩き帰りにボートに乗りました。ちなみにパーキングは相当探すのに苦労しそうな雰囲気。私たちは何故かぽこっと空いていたのでラッキーでしたが、多分いつも混んでるかと思われます。
トレイルマップはこちら。 レイクの上側、2つトレイルがあります。私たちは高低差があまりない、Jenny Lake Loop Trailを歩くことに。2〜3時間湖を見ながら楽しく歩ける予定でした。

が…実はこのトレイルは閉鎖中。つまり、その上の高低差がしっかりあるJenny Lake Horse Trailしか歩けなくなっていたのです。

これに気づいたのは、トレイルを2時間ちょっと歩き終わり、ボートでヘトヘトになりながら戻った後でした。

ま…分かってたら行かなかったかどうかは分かりません。高低差ってわからないし、地図では。結論から申し上げると。

娘4歳、よく歩いたな、と。
いや、本当すごかった。めちゃ山道。
最初はジェニーレイク綺麗!とか 広い!澄んでる!
見上げると素晴らしき山 てかこのトレイル、最初は こんな程度。それでも私たちにはきちんと整備されてないトレイルって初めてだったから、石に気をつけよう!くらいだったんですが…

途中は写真とれないほどの細道だったり、坂道。まさかのレイクがこんな高さから 意外なほど登ったんだよ、こりゃ。登ったのに、下ったり…
一番私がひいたのは 何か間違えたら死ぬな、って細い岩場。
ガラガラ〜って岩が崩れたらどーすんだこりゃ。この時うっすら感じてました。
本当にこれ2〜3時間のさわやかなトレイル?と。
途中、昼休憩でベンチに座って昨日食べられなかった焼きそばと朝焼いたワッフルを食べようと思っていたのですが…

ベンチなんかありゃしねぇ。

高台からレイクを見下ろしながら、岩場でのランチ。しかしデカイデカイ蟻や正体不明の飛ぶ虫がいて、私と子供はビビり、岩には座れず結果立ちでの昼…つ…つらい…なんだ、爽やかさゼロじゃんか。

辛い中、途中可愛い子に会いました。 一緒に目撃した人に、アレは何?と聞くと、ビーバー!と言われたのですが、私と息子は「いや、ビーバーじゃねーだろ」と突っ込みましたよね。ビーバーってもっと顔が横幅あるし、尻尾の形が違ったんです。
気になったから帰ってから調べると、恐らくキバラマーモット。げっ歯類ですよね。可愛いんですよ、なぜかぴょんって直立してて。

クタクタで到着したHidden Falls 相当な達成感。こんな達成感久々。時間にして丸2時間歩いていました。
滝を見上げる自分は、最高に疲れてましたが、爽快な気分。良かったよ、行けて…

クッタクタすぎたので、Inspiration Pointまでは行けませんでした。何が見えたんだろう…

帰りのボート。 風が気持ちいいー! 行き2時間、帰り10分かかんない。
そんなもんだよね。
支払いは往路のEast Boat Dockのみ。値段が分からないで乗りました。数年前$7〜8だったのに、値上がりしており、大人$10、子供$8でした。4人で$36!たっかぁ…10分足らずで$36は高くないか…?
と絶句。いや、私がケチくさいのかもしれないけど、高すぎるわぁ。往復割引があるのかしら。別に片道節約するためではなかったのですが、結果そうなりました。

ちなみにJenny Lakeにはきちんとゼネラルストアもありました。 お土産、軽食が買えました。私たちはアイスクリームですね。

車に戻ってから再度地球の歩き方を見てみると、閉鎖されていたトレイルですら中級になっていたので、4歳としては上級レベルだった気が。
頑張ったね〜
本当にうちの娘は我慢強い。こんだけ山道アップダウン2時間かけても、文句も言わずちゃんと最後まで自分で歩いたんです。偉い、としか言えませんでした。

長くなるのでまた次回に続きます。

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋