ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

アメリカでライブ体験〜後編

こんにちは、ゆらです。

遅くなりましたが、Jonas Brothersの続きです。前編はこちらからどうぞ。 前座が長い長い、予想してたより更に遅く、21:30くらいに彼らついに登場!!! お友達が写真撮ってくれました。ありがとう〜
左のオレンジがNick、真ん中の緑がKevin、右の青がJoeです。

いやぁ…
Jonasすっげぇ。今まで参加したどのジャニーズのコンサートよりも、鼓膜が破れかねない程の黄色いを通り越して、金色なんじゃないかってくらいの大歓声。
あんなに耳が痛くなるほどの絶叫は初めて経験。Yes、もちろん私は叫んでませんよー。
てかこんな天井席でそこまでOMG!連発してぶっ倒れそうな悲鳴あげてる女子たちがある意味凄い。Jonasかどうかわからないよ、この距離!と内心思いつつ。
あ、あとOMG!の相手はどれですか?多分Kevinじゃないよね?←失礼極まりない。
いや、でも初めて注目した兄貴、Kevin。一番好きになったわ。めっっっちゃ人が良さそうで!あの人が一番いい!と途中お友達に叫ぶ。絶対いい迷惑。

私のJonasとの出会いは、もはや10年以上前なんですよ。そう、大好きディズニーチャンネルオリジナルムービーのCamp Rock!
キャンプロックで観た彼ら。もぅ…すんごーーーーくダサい!え、なに、アメリカのティーンはこんなイモ少年達がカッコよく見えるの?と戸惑いを始終隠せなかった。でもでも、次男のJoeの声がとーーーーーっても好きで。死ぬほどタイプで。思わずその後のJonas in LAのサントラまで買っちゃったしねー。顔は無理だけど、声が好きなんだ!

というわけで、生のJoeの歌声はめちゃくちゃ感動。世の中的にNickのが人気があるのかもしれんが、絶対シンガーとしてはJoeのが上手いと思うんだけど…そこんとこどうなんだろう。SuckerもCoolもなぜ歌い出しがNickなんだ!と憤慨したのは私だけ?Nick必要なの?どうなの???しつこい。

えー非常に失礼なんですが(まだ失礼ぶっこく)彼ら、アイドル出身、アイドル色強いのかと思ってたら。全然違いました。てかアメリカってすごいんだなぁ、と改めて感じた。
全然MCしないんですね。20分とか下手なコント観続けたこともあるジャニーズ某グループとは訳が違う。そうだよね、畑が違うね。多分生歌しないアーティストはいないんだろうな、と思った。全然疲れも見せないし、ずっと歌ってるのに。そしてやっぱJoeのが上手いと思う。CDと変わんない。
衣装は1回チェンジしてました。どうなの?これって普通?みんなしないもの?


ステージはメインとバックがありました。 こんな感じでほぼメンステにいるんだけど、アリーナ真ん中、花道じゃなくて、ホント観客の間ぬってバクステに来たのね。 席移動半端なかった!爆笑
アリーナの方々が、ぶわぁぁぁって真ん中に移動しまくる。ダメ!それジャニーズでやったらダメなやつ!爆笑
完全に意外だったなぁ。
ステージにお金かけてないんだろうけど、バクステは一応ゆっくり回るし、上にやや伸びるから、少し距離が近い時もありました。めちゃくちゃ遠いけどね。

私はディズニーチャンネルの彼らしか知らないので、Jonas Brothersとしてのヒット曲は全然わからないのですが(申し訳ない)聞いたことあるなって曲もあったし、基本ノリがいいのばかりで楽しかったです。
Nickのソロ曲、これNickだって知らなかった!とか。
あとこのボーカルの声が好きだな、と思って聴いてたCake by the OceanがやっぱりJoeだったことが判明して(さすがに当日会場ではなく、結構前に気付いてた)それも歌ってくれたし。

でも何より私、半分泣いたんですよねー
大好きなGotta Find Youを歌ってくれたんですよねーこれキャンプロックの歌なんですけど。かの有名なThis is me デミ・ロバートが話の最後の方で歌うんですが、そこにハモってくるのもGotta Find Youでして。
あんまりにも懐かしくて、色々一気にトリップして半泣き。
実は当日行く前にセトリ見てたので、歌うの知ってたからの半泣き。知らなかったら多分号泣してたかもしれん。よかった、取り乱さないで。
最後の方のメドレーで、Play My Musicに大慌てでしたけど、本当ありがとう!の一言でしたねー

活動再開してリリースしたアルバムから半分近く構成されている中、こんな昔の歌まで披露してくれて、多分昔からのファンは半狂乱になってもおかしくない気がしましたね。やっぱ立ち位置アイドルなんだろーね、という大騒ぎな女子だらけでした。

しかし色々日本と違って戸惑ったことを箇条書きにすると。

* 行くぜ東京!的な、カモン、サンフランシスコ!待ってたけど、なかなか意外に言ってくれなかったこと。
途中言ってましたけどね、最初の第一声でもいいくらいお決まりフレーズじゃないんだね。
* みんな怖いくらいでかい声で熱唱すること。
もはやボーカルが誰なんだ状態ですね。ジャニーズのコンサートでそれやると、多分つまみ出される気がする。
* アンコール前提での最後のはけ方が極めて雑。ついでにアンコールはただの手拍子。
みんな愛してるぜ的なチャラいはけ方はせず、スタッフのようにさっくり消えていった。アンコールも相当さっさと出てきた。
* アンコールの登場は逆にまさかのポップアップ。
ポップアップは嵐とミッキーしか知らんかった。(ジャニーズ他でも見た気もするけど)思わずミッキーが視界をちらつき、爆笑してしまった。
* ステージに大してお金かけてないかと思った瞬間の炎🔥 突然派手すぎて、これまた爆笑。
* 規制退場がないっっっ!
これ実は一番びっくりした。そして混雑もしておらず、横アリも規制退場とかいらないんじゃないか疑惑がふつふつ。東京ドームはさすがに無理かな…いや、でもいけるかもしれん、と。

なんか他にも日本との違いに気付いた気もしますが、どちらも盛り上がったもん勝ちですよね。

終わってびっくり、自分の声ががらっがら。
うそ、叫んでた?私?実は気づいてなかっただけで、周りの子みたいに騒いでた?
いや、騒いでません。多分ふぅー!みたいな掛け声はしてたけど、まさか声がガラガラになるとは…!いかに声を出していないかですわ。

何より、子供がいなくて夜にサンフランシスコ市内に出かけている特別感がとんでもなくて、家に帰ったのは24時すぎてたけど、ただひたすら最高に楽しかったです。付き合ってくれた友人には感謝です!早く仕事を終え、お互いの子供の面倒を見てくれた夫たちにも感謝です!

でもね、子供がいつもいる生活、たった数時間離れるだけで寂しくなっちゃうので、死ぬほど疲れて眠いけど子供の寝顔を覗きに行ってから寝ちゃうんだよね。疲れたけど超楽しかったし、リフレッシュしたから、ママは明日からまた頑張るよ!と。

でももう若さはないのです。翌日子供を送ったあと、日課のウォーキングできず、昼前まで爆睡。なんか疲れが数日取れず。おかしいな〜10年まで経ってないけど、1日4公演とか入って泥のようになって寝ながら最終便で羽田に帰って翌日働いたりしてたんだけど…20代だった、若かった。

あと今回で決めたこと。アメリカいる間にPanic! のライブに子供連れて行く!昼寝させて体力温存させとけば何とかなる!

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋