ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

ディズニークルーズ・アラスカ〜準備編②

こんにちは、ゆらです。

前回1回で終わるかな?と思っていた、ディズニークルーズアラスカ準備編。
無理だったね、やっぱり。
てなわけでパート2に突入させて頂きます。
前回はこちらからどうぞ。 さて、今回書くのはエクスカーションについて。いわゆるオプショナルツアーです。寄港地での楽しみ方はエクスカーションにかかってくると言っても過言ではない。もちろん参加しないで自分で世界の街歩き(by NHK)してもいい。楽しみ方は人それぞれ。けどアラスカってちょっと特殊かな、と。多分エクスカーション参加しないと何もなさそうな寄港地もあるし。
何よりカリブ海よりも魅力的なエクスカーションが多すぎて、お金も時間も足りない!こんなん初めてだな〜!あぁ、アラスカ楽しみ!

ただひとつ、声を最大にして言いたい。


ケタ違いに高い。


え、ホントどんな人が参加するの?ってのがいくつもあり、1人料金でカリブ海カップルでおかわりクルーズできるのとかあるんですよ。
おかわりクルーズとは、帰港し下船した後、その日の内に同じ船に乗り、また船旅を楽しむこと。

ホント、何が起きてるのか分からない世界。おかわりクルーズ価格以外、他も平均価格が全然カリブ海の何倍だと思うんですよねーカリブ海は大体$100以下から、高くても$500はしないものがほとんど。釣りとか高かった気が。
それがアラスカは$100以下がほぼない!あってもパンケーキブレックファーストとか。

え、パンケーキ、アラスカまで来て必要?🥞


もう$200〜400がゴロゴロしてて。これ家族で参加すると、エクスカーションだけで$1000以上吹っ飛ぶわ。と恐れ多いメンバー構成。
でも不思議ですが…思ってしまうんですよ。

アラスカって二度と行かないだろうな、氷河とかなくなっちゃうんだし、後悔したくないな、見ておきたいな、目に焼き付けたいな。

とか。あーみんなそう思ってしまうんだろうなぁ〜

アラスカのエクスカーションに関する事前情報がカリブ海並みに少なかったので、私が頼んだエクスカーションに関しては、しっかりまとめたいと思います。とはいえ私が経験できるエクスカーションが少ないので、偏りますが、どなたかのお役に立てると嬉しいです。

ちなみにエクスカーションに関しては、クルーズ予約をしてなくてもHPから見られますので、気になる方は見て頂くのもいいかと思います。 こちらからどうぞ。
ちなみにメインメニューから、Things to Doを選び、その中のPort Adventuresを選べば見られます。

今回の最初の寄港地(と呼んでいいのかな)のDawes-Glacierは氷河に別の小船で近づくものしかないので、見送りました。これも$260もするんだよね…

次の寄港地、Skagway。
ここで有名なのはもう絶対White Passという鉄道ですね! どちらもディズニークルーズ公式HPより頂きました。
昔アラスカとカナダを結び、鉱石や精鉱を運んでいたそう。今は夏だけ観光で走っています。
私は壮大な景色の中数時間かけて電車に揺られるなんて素敵✨と思いましたが、夫がグッとこない上に一言。
「これ絶対子供飽きて塗り絵しちゃうやつ」
大人$154、子供$74払って塗り絵はないわ。しかも絶対塗り絵しちゃうわ!

あとスキャグウェイといえば(なのか?)ドナルド(もしくはチーデー)との砂金探し✨
これ高いんですよねぇ…大人$124もするんですよ!$124分の砂金持って帰れるなら話は別ですけどね。私、ディズニー好きだけど。相手がミッキーだとしても。
砂金はいいや…笑。
いや、いいと思う。子供いなくて仕事してたら、満を持して参加してた。

他に良いエクスカーションは沢山あります!ざっくり紹介しますね。

自然探検(野生動物との遭遇が予想される。ものすごく参加したかったけど5歳以上のため4歳の娘がいるから泣く泣く諦めた)、熊と鷲観察(野生)、ガラス工房でガラス吹き体験、カヌー、トレッキング、乗馬、犬ぞり、氷河をヘリコプターから見る、吊り橋などなど。書ききれない。57種類もあります!もう絶対何か参加したくなるはず!

私は…犬ぞりがしたかった…でも諦めるしかない。だって。

$739!!!

できるかー!!!
子供置いて1人だけでも参加できないわ、我が家の財布だと!あぁ、犬ぞりぃ。ワンワン。

我が家はSkagwayはエクスカーション見送りました。犬ぞりはもちろん、野生動物関係参加したかったなー。なんかSkagwayは年齢制限が多く、5歳以上でないとダメなものが多かった印象。All Ageだと、それこそ砂金とか、無駄に高いやつか、鉄道、吊り橋くらいですよね。うん、ここは見送ろう!

次の寄港地はJuneauです。アラスカの州都。
夫がなぜか「アラスカだし、サーモン食べたい」と言っていたのでサーモンの食べられるツアーを探し、決定!

Alaska Salmon Bake, Glacier and Hatchery
もうこのまま!わかりやす!氷河に徒歩で唯一近づける所があるようで、そこのレクリエーションエリアにてお散歩ができます。有名な滝もあるようですし、野生動物との遭遇も運が良ければありそう!
知らなかった単語はHatchery。孵化場という意味でした。サーモンの養殖について学べるんだろうと思います。イクラを見るだけじゃなくてちゃんとプロセス教えてくれるから息子の良い勉強になりそう!
そのあとはサーモンのベイク、写真で見るとBBQ的なものを楽しめます。サーモン以外もあるから沢山食べられるようです。お酒とソフトドリンクは有料。
メキシコ・コズメルのエクスカーション、青い酒飲み放題が心底懐かしい。青い酒以外ももちろん飲み放題。


しかも帰りのタイミングは自由。20分ごとにバスが出てるから好きな時に帰れる。
これで$113大人、$77子供です!

ジュノーの他のエクスカーションはこんな感じ。

氷河関係、クジラ関係、犬ぞりAgain(今度は$999)、犬ぞりbyヘリコプター(もはや何が何だか)、まさかの犬ぞりon氷河でもbyヘリコプター、魚釣り、クジラ、シーカヤック、砂金。
全50種。
とにかく氷河推しです。とにもかくにも氷河、氷河、氷河!たまにクジラか犬ぞり
とりあえず遠巻きに氷河と、夫念願のサーモン楽しんで来たいと思います。

長くなってきましたが、最後の寄港地、Ketchikanです。Ketchikanはアラスカ最南端の街らしい。なんだかカラフルな建物が並んで可愛らしい!
エクスカーションは全40種。
悩んだ。悩んだよ、本当!だってなんかステキなエクスカーションがいくつもあるんです。
魚釣り関係(自分でCatchしてCookするのもあれば、USの自宅まで空輸するものもある)、カニ、熊、フィヨルド熱帯雨林などなど。
出来れば自力でサーモン捕まえて、それを食べたかった夫でしたが、さすがに高くつきすぎましたねー魚関係は気軽にトライできない。

ケチカンで最終的に悩んだのは2つでした。ひとつはLighthouse, Totems and Eagles
どうも有名な灯台があるようです。ボートで行くそうですが、その途中鷲の生態が見られるらしい。 ディズニークルーズ公式HPより頂きました。

ぬおぉぉぉぉぉっ!!!
イーグル!カッコよすぎるでしょうっ!
動物園の檻で見るのの1万倍はカッコいい!
何を隠そう!私は猛禽類が大好き…あの凛々しさ、勇ましさ、神々しいまでの姿…もうずっっっっと見てられる。だからですねーたまに空眺めてて多分鷹?が飛んでるのを見ると、もう双眼鏡くださいの世界(持ってない)
野生のイーグルなんか見られたら鼻血吹くかもしれない!
灯台とトーテムには1ミリも興味ないけど!

もうひとつは、Rainforest Sanctuary Totem Park and Eagles
Sanctuaryって保護。だからEagleっても野生のじゃないのかぁ…と思ったら、保護区であって、決して動物園ではなさそう。
1時間の熱帯雨林保護区をガイドに連れられてトレッキング。娘1時間熱帯雨林歩けるか???と不安にかられますが、ラスベガスのシーザースパレスで5時間半待った経験から彼女の強さを親は感じているので、ぜひとも今度は自然の中でその辛抱強さを見せて欲しいとこ(なんてムチャぶり)トレッキングの途中はワイルドライフを目撃できそうです。ヨセミテみたいにリスや鹿とか見られそう。運が良ければクマかな?
その後は猛禽類の保護センターに行くようです。傷ついた猛禽類を野生に返すらしい。
トーテムについての説明が一切ないのですが、私トーテムに興味がないから…

迷う。私はとりあえずイーグルが見たい。Lighthouseの野生のイーグルは野生だからこその危険性がありますよね。見られないかもしれないんだよねー
夫は船を降りてまで、また別の船に乗りたいくない、とのことでしたので、人生初の熱帯雨林にチャレンジすることに決めました。
インフォレストカフェしか行ったことないわ!

エクスカーションにはレベルが一応書いてあり、ファミリーで参加しやすいMild、ややレベルの上がるModerate、ハードなAthleticまであります。Athleticは無理として、今までMildしか参加したことない我々、ついにModerateへの挑戦。滑りやすいレインフォレストの中を1時間だからでしょうか。
とりあえず近くでイーグル見たい。どんな感じだったかは、ちゃんとクルーズが終わったら丁寧にレポさせて頂きます。


アラスカのエクスカーションは総じてネイチャーです。アラスカへは自然を楽しみに行く人がほとんどなはずなので、当然かとは思いますが、ネイチャー系は年齢制限がわりとあるし値段も高いので、アラスカに行くなら子供はある程度大きくなってからの方が楽しめるかな、と感じました。
あとアラスカといえばのホエールウォッチングを申し込む人が多分多いと思います。ベイエリアにお住いの方はモントレーでもっと安くホエールウォッチングできるので、わざわざアラスカで頼む必要はないかと思いますね!
シャチを見られるツアーがあればよかったけど、残念ながらホエールウォッチングはありますが、オルカウォッチングはなし。ホエールに組み込まれてるので、見られたらラッキーだねって感じかと思います。

最後に一番ブッとんだエクスカーションをお見せして終わります。

$4158!

とことんセレブ!!!

でも私たちの乗るタイミングでは何故か出てこなかったんですよねー頼みたかったわ!爆

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋