ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

カナダ旅行③

こんにちは、ゆらです。

カナダ旅行の続きです。
前回まではよろしければこちらからどうぞ。 この日は7月1日、日曜、そしてカナダ・デー。カナダの祝日です。つまりカナダの独立記念日今回アメリカ独立記念日はカナダにいて祝えないので、カナダの誕生日を祝ってきました(特に何もしてないけど)

この日の予定、多分相当マニアック。普通の観光客は絶対行かないと思われる。
向かったのはコチラ。

Dinosaur Provincial Park
こちら、はっきり申し上げましてかなり遠く車以外行けないと思います。ここに連れてきてくれるツアーはまずないはず。

カルガリーからこれだけ離れています。
(今日本にいてPCが使えず、Google Mapの貼り付けが出来ず、スクショですみません)

ホテルから2.5時間もかかります。それでも行きたかったのは、ここで化石がゴロゴロ発見されていて、今現在も発掘作業は続き、ユネスコ世界遺産に登録されているから。せっかくだから恐竜を攻めてこう、と夫が乗り気でしたので往復5時間もかかりますが行きましたよ。
しかしこちら世界遺産だけあり、自由に入り込むことは出来ません。様々なツアーが用意され、それに参加すれば中に入れるのです。
子供の年齢制限があり、参加できるのは少なく、バスツアーか、バスで目的地まで行って、化石を近くで見るツアーがあり、後者を選択。予約が必須で(現地でもとれますが、空いていないことが予測されるので事前に申し込むのがベター)さすがカナダ・デーだけあり、10日以上前の予約で15時しか良い時間はありませんでした。小さな子供も参加できるものは少ないので早めに抑える方が良いと思います。

となると午前中は暇です。せっかくなのでカルガリーの街散策でもしようかな、と。日本からの旅行ではないので、買い物は不要ですし、何をしよう?と車の中でググってみました。
カルガリーは市内にボウ川という立派な川が流れています。バンフ国立公園の中にあるボウ氷河から繋がるながーい川です。
その川の中州に公園があることがわかり、なんだか素敵な香りしかしないので、そちらへ。

その名も

Prince's Island Park

なんか高貴な名前だわ。
朝9時くらいに着いたから駐車場余裕でしたが、出発する12時くらいは取り合いなほどの大混雑でした。土日はいつもこうなのか、カナダ・デーだからなのか…?

中州まで(パーク)の橋を渡ると… おぉ、目の前に広がるのは緑と都会のビルディング!明らかに素敵空間✨
橋から見る川、そしてチラッと見えるビル。
こりゃ市民から愛されるわ…NYのセントラルパークの小さい版って感じでしょうか?

公園もものすごく綺麗で、お花がこんな風に。
ねぇ、オシャレすぎません?

ちなみに公園の中には沢山のグースが。
いやーリアルカナダグースだわぁ…

公園らしく子供用の遊具も。これが充実しすぎてて、近所に欲しいー!

朝早いのにかなり沢山のお子さんが遊んでましたよ。

カナダ・デーなので、カナダの国旗を配ってました。
おめでとー!

噴水もあって気持ちいい。


バルーンアーティストや、大道芸、フードコーナーもあり、軽くお祭り。もっと公園でゆっくりしたかったのですが、私たちカナダドル持ってなくて街中で両替することに。本当はアメリカでする予定でしたが、近所の銀行は小さくて両替までにまさかの2日もかかることがカナダ行きの前日にわかったんですよね。カナダはUSドルも使えますが、やはり率を考えると両替をカナダで、しかも街中でするのがベストのようです。

to goで車で食べられる昼を調達し、州立恐竜自然公園へしゅっぱーつ。

安定の真っ直ぐ道。 ハンドルから両手しばらく離しても問題ナシ(良い子は真似してはいけません)
空と雲と緑と牛ばかりの景色が突然ガラリと変わり、感動して思わず歓声をあげてしまいました。
思わずパノラマ撮影しちゃいましたよ。
地層が重なり、独特の地形が目の前に広がります。 自然が何百億年前から創り上げた、神秘的な空間としか言いようがない。ここの地層ひとつひとつに様々な時代が刻まれていると思うと、ただただ息を飲むばかりでした。素晴らしい。

Visitor Centerに到着。
こちらは狭いですが、ちゃんと恐竜が置いてありました!
ほとんどがレプリカですが、中にはオリジナルも展示されていますよ。(恐竜ではなかった記憶)

私たちが参加したFossil Safariというツアーは年齢制限はなく、1時間45分のツアーです。ポイントまでバスで移動して、到着後はガイドの案内で少し険しい道を進み、化石のポイントで実際の化石を探します。このツアーのポイントは化石をdigするのではなく、あくまでも転がっているのを見て触る体験です。大変貴重なものですので、持ち帰ってはいけません。
ちなみに他に真面目にdigするツアーもあります。一番やる気があるのは3日間かけての発掘体験でしょう。もはや体験というか、お金を払ってでのボランティア状態ですよね😅
年齢制限があるものが多いですし、私たちのような気軽な気持ちなツーリストにはちょうど良いツアーだったと思います。

集合して、みんなでバスで移動。
ちゃんとガイドがいないと入れないゾーンへ。ちなみにこちらはキャンプ場もあり、キャンピングカーがかなり停まってました。ですが、それだけでは入れないんですよね。理由はやはり貴重なものが沢山あり環境保全のため、他サソリや蛇がいて危険だからです。

ガタゴトの道を進み、バスを下車。
もちろん観光のために整備されているわけではないので、かなり歩きにくいです。3歳9ヶ月の娘が歩けないような岩場もあり、途中からパパ抱っこでした。なのでもっと小さい子はおんぶかなぁ?
普通の大人なら問題ないですが、還暦とかになると無理しない方が良いと思われます(笑)
途中は足元が危なく写真が撮れませんでしたが、ふと上を見上げると…

あー
ここは何処なんだー
って世界。

上から見下ろすと

ザ・広大。


さて、ガイドさんから化石の特徴を聞いて探し始めました。
こんな地面。

化石なんかないでしょ!と疑い半分探してみると、あるんですよ。マジでごろっごろ落ちてるんです。最初は化石と石の区別がつかなかった私ですが、途中から足でコツンとぶつかるだけで化石だと分かるようになってきました。
スカッと軽石みたいなのは大体化石ですね。
前夜に雨が降り、朝まで雨が残っていたそうで化石の上の砂が流れ落ちた結果今日は化石がたくさんむき出しになっている、とのこと。
私が見つけた記念すべき1つめの化石ー! 注:何の化石かは全く不明。

随分太い骨の化石なども見つけました。珍しいもので、草食恐竜の歯茎の下、(顎?)次の歯が生えてくる通り道(?)の部分の化石も見つけ、ガイドに褒められました。
他の人は歯の化石も見つけたりして、とーーーーっても楽しかった!

残念ながら持ち帰れませんでしたが、とんでもない経験と思い出を持ち帰れました。素晴らしき経験が出来たので、王立ティレル恐竜博物館に行かれる方、是非ともこちらにも時間を割いて頂けますとより感動できると思います。

1時間45分って長いなーと思っていましたが、あっという間でした。途中野うさぎや鹿も見ました。野生の動物も沢山いるようです。

ツアーが終わり、17時となっていたので帰り道の街でディナーを頂き帰りました。
またもやステーキ🥩
メキシカンで美味しかった!

帰り道、怖くなるほどの豪雨にあい(公園で降らなかったのは奇跡かと)窓ガラスの沢山の虫の死骸が流れ落ちるほどでした。建物がないので稲妻が怖いくらいバッチリ見えました。しかし牛は怖がってなかった。怖くないんだろうか。
豪雨の後はご褒美のように虹が。 珍しく、虹のはじまりと終わりがちゃんと見えました。アーチが綺麗に。でもあまりにも大きな虹すぎて写真に入りきらず半分で精一杯。しかもこのあとうっすらでしたが、もう1つ虹がかかり、ダブルレインボーに。思い出は心の中に🌈

カナダの自然を大きく感じることができる日でした。すごかった!楽しかったです。

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋