ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

ディズニークルーズ〜西カリブ編⑮

こんにちは、ゆらです。
ディズニークルーズ旅行記、超ロング連載になってすみません💦
7日目、キャスタウェイの続きです。
それまではこちらからどうぞ。
さてキャスタウェイはランチをとれる場所が2ヶ所あります。先程ミッキーたちとグリしたスカットルズを通り過ぎ、少し行くとあるCookie's BBQと、そのまた先のCookie's Too BBQです。はっきり言って違いがわからないほど見た目もそっくり。大体食べられるものはハンバーガー、チキンバーガー(結構ピリ辛)、スペアリブなど。別に美味しくないんです。キャスタウェイの残念なとこ、ご飯がまずい。海でギラギラ太陽、疲れた体には美味しく感じるかもしれませんが…今回は誰も疲れてないし、なんなら小雨が降ったりしてたので、あまり美味しく感じませんでした。写真すら撮ってない!

ここでランチをとった後、どうしても我々は行きたいとこがありました。13:15からたった15分だけ現れる、化石探検のミッキー。
意味がわからん。化石探検。
どうもキッズクラブの一環で、クジラの化石(?)を発掘することができるエリアがあり、そこに現れるんです。これ見逃しがちで、今まで2回はたどり着けず(初めての時なんて存在すら気付いてなかった)3度目の正直。

息子は「ミッキーと化石を見つける!!!」と朝から大張り切り。
場所がMonstro Point。どこ???
今更冷静にキャスタウェイのマップを見るとハッキリ載ってるのですが、あの島に行くと分からなかった。
キッズクラブの一環だから、とキッズクラブのあるScuttle's Coveまで戻りました。ところが聞いてみると、化石探検はここじゃない、少し戻って、Cookie's BBQの横よ!と言われました。

俄然通り過ぎてきてるのに全く気づけなかった!ちなみにランチをとったのは、上の図の左端のあたりです。
言われた辺りに戻りましたが、全然わからない!どこに化石探検あるの?てかグズグズしてるとミッキーいなくなっちゃうよー!!!と慌てていました。たまたま通りかかった男性のクルーにものすごい勢いで聞くと、あー連れて行ってあげるーと。
ところがこの男性、私と妹が小走りじゃなきゃついていけないくらい歩くのが早い。
結果、息子はダッシュしないと追いつけない。

そして不幸が起きました。

みんなビーサンビーサンって走りにくいですよね。息子が派手に転けたのです。
後ろからゆっくり見守っていた弟いわく、宙に浮いて激しく転んだそう。
ありえないほど大泣き。
そのはず、左の膝が大人でも泣きたいくらい擦りむいてました。擦りむくというか、軽くえぐれてるレベルで白っぽい。まぁそんなに慌てるほどではありませんが!
宙に浮いたため、胸まで擦りむき(ラッシュガード着ててよかった)大号泣。

息子は滅多に転ばないので、あまり転んで怪我をしたことがなく、本人としても膝の傷を見て軽くパニックを起こしておりました。
戻ってきた私と妹と超早足の男性クルー。
息子は号泣しながら、クルーに英語でドクターを呼べと。クルーはびっくりしながらも、電話。
そして私に言いました。

「本当にドクター呼ぶ?呼ぶと$300かかるよ?」と。


さっ…さんびゃくどる!!!


骨がむき出しになってるとかなら$300かけないと。でも明らかに擦り傷(やや重症の擦り傷)!
丁重にお断り。とりあえず少しついた砂を落とそう、とクルーが水とガーゼとデカイバンドエイドをどこかから持ってきました。
日本のお医者さんにもらっていた傷が化膿しないように塗る薬(ゲンタシン)を持ってきていたので、後ほど船に戻った後から毎日バンドエイドの替えの時に塗ってあげました。 持ってきてよかったー

とりあえず傷には触れそうもないので、軽く周りの砂をガーゼで拭いてバンドエイドを貼りました。彼は引き続き大パニックで過呼吸みたいになってました。泣きすぎて嗚咽ってやつですね。

もはや化石探検どころじゃねぇ。

三度目の正直を諦めかけたその時、泣きながら「ミッキーのとこに行く」と。
それでこそ我が息子。立派だ。オタクだ!

歩けないとか泣きながら言ってたのでパパに抱っこされながらようやく到着。

ここまじ分かりにくい、何なの。誰がたどり着けんの?って入口でした。知ってる人しか行けない気がする。
Scuttle's Coveの横、グッズを売ってるお店を通り過ぎるとインフォメーションがあり、そこの脇を進むとあります。多分誰もが通り過ぎる。

数々の苦労を乗り越えてついに出会った化石探検ミッキー✨
お前なんでそんな泣いてんだ!どうしたんだ!!!と言ってる(はず)のミッキー。 傷をバンドエイドごしに確認するミッキーの図。

リアクションでよくここまで伝わるな、と自分でも驚くのですが、ミッキーは息子に言いました。
グーフィーなんかいつも転んでるよ。大丈夫!」
と。
グーフィー転んでるんだw

念願の化石探検ミッキーとの写真は息子は大泣きしてる顔、私だけ弾ける笑顔(娘はベビーカーで爆睡)
会いたかったんだよー!
ちょっとWDWアニキンのコスに似てますがね。違いますよー!しかもよく見ると靴に砂ついてる。マジで化石発掘作業してるんだなー

そしてミッキーがいなくなった後、息子は「痛くてしゃがめない」と泣きながらも化石発掘。

家族3人で必死に探す。
めんどくさいと内心思いながらも、泣いてる息子のために頑張って探してあげたくて頑張りました。

ものすごく大きな歯を探して!とのことでしたが(サイズ的には500ミリ缶くらい)それはどうしても見つからず。
ですが、アンモナイトみたいなのとかは見つかり、持ち帰れました。巨大な歯は持ち帰れるのか不明…(いらないけど)

なんだか小雨もぱらついてる気もするし、もう予定の14時近くなので帰ることに。
お店に寄るのは最初より後の方が良いのですが、人気のものは売り切れちゃうみたいです。我々は2016年と大して変わってなかったので何も買わずに帰りました。ここは税金がかかるので、船の中でも帰るグッズは絶対買っちゃダメ。逆にキャスタウェイ限定グッズが沢山あり、これはここでしか買えないのでおススメです!

船に戻りシャワー浴びて(怪我をしている息子は大暴れ)15時過ぎから予約していた娘初のビビディバビディブティックデビュー!✨
(詳しくは準備編⑥をご覧ください)
3歳からできるので、本当に私が楽しみにしていました。
憧れのシンデレラに変身。
髪型はロイヤル感漂うお団子、なんだか派手な羽飾りのDiva(どんなプリンセス)、お団子にしてるけどその下にウィッグをつけてるハーフアップ風。3つあるけど、どれにする?と聞かれ、娘迷わずお団子。だよね、シンデレラがディーバとか意味わかんないよね。
Boforeの姿。担当のケイティ。

ケイティ凄技の連発で美しいお団子にしてくれました。ケイティが「髪が細くてまっすぐだから難しい」って言ってました。白人とは違う髪の毛ですもんね。でも縮れてる子とかも難しいと思う。
ネイルも。キラッキラのシルバー。グリッターってやつですね。ティンクの妖精の粉をわけてもらったらしい。
初めてのネイルにものすっっっごく嬉しそう。
ちゃんとメイクもしてくれます。アイシャドウとリップとチーク。このメイク用品とネイルは持ち帰れます!

最後にビビディバビディブー!と妖精の粉をふりかけて…
サッシュをかけてもらい。
完成!!!Afterの図。
完成するまでは鏡を見せてくれないのですが、最後クルリと椅子を回して鏡に映る自分を見ることができます。
娘、リアクション薄めでしたが、多分今思えばおすまししてたのと、恥ずかしかったからかも?

どこへ行ってもプリンセス!と声をかけてもらえるディズニークルーズですが、本当のプリンセスになった気分の娘は最高に幸せそうでした。

(ナップサックももらえます。ドレスに似合わないのに喜んでかけてました)

最後の夜は長いので、また別に書きます!

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋