ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

バンクーバー旅行③

こんにちは、ゆらです。

バンクーバーの旅、2日目です。1日目はこちらからどうぞ。 さてこの日も雨予報を直前に吹き飛ばし、快晴。いやー我が家の晴れ男2人は本当凄い。特に息子は昔から持ってる。ここぞという時雨が降るなんて滅多にない。ありがたい。

この日は午前中ノースバンクーバーにあるキャピラノ・サスペンションブリッジに向かいました。ノースバンクーバーといっても、ダウンタウンから無料シャトルバスが出ているので相当アクセスはしやすいと思います。カナダプレイスからは直行ですが、ホテルを3つまわって連れて行ってくれるルートのバスで向かいました。
ルートはこちらです。 Free Shuttle Service | Capilano Suspension Bridge Park 注:こちらの時刻表は夏用らしいので、行かれる時はリンクの公式HPをご確認の上、バスを利用してください。

私たちはハイアットから乗って行きました。
バスが公式HPと違い、相当ファンシーなやつが登場。 可愛いけど、乗り心地としては最悪ですよ。椅子は硬いし、ガタガタ揺れるし。多分酔いやすい人一発でダウンできるやつ。息子は風邪気味で気持ち悪いと言っていたので、帰りはもうダメかも、と思うほどでした。
帰りはHPに出ている普通の大型バスで乗り心地も良く子供は二人とも爆睡しました。行きと同じなら絶対眠れなかった。

キャピラノ吊り橋までは30分かからないで行けます。現地でたっぷりたっぷり楽しんでも3時間あれば十分!駆け足でも1.5時間ほどでまわれます。

なのに入場料が高い…大人がまさかの$54もするんですよ!大して興味がないと躊躇する値段。嫌な値段だよねーモントレーの水族館もそんな感じだから未だに未経験だし。

まぁここは行ってみたかったから。でも事前にトリップアドバイザーとかで少しは安く買えるので、確実に行くならいいと思います。私たちは雨予報だったので、買えなかったんですよね。

チケットではなく、手にスタンプをおされます。 中に入ると、マップがスタンプラリーになっていて、各所でスタンプを集めます。
こんな感じです。 スタンプじゃなくて、ギューっと押し付けて、紙自体に印をつける感じです。なんて言うの?跡が残るからインク切れもないし、汚れることもない。ハッキリはしてないけど、スタンプよりずっといい!と思いました。
入って一番にお出迎えしてくれるのはトーテムたち。 今回アラスカでもバンクーバーでもトーテムとの出会いが多かった。ここのは観光用かと思いますが、アドベンチャーランドのトーテムと、EPCOTのカナダ館にあるトーテムしか知らない私には十分な迫力でした。

こちら、完璧に整備されている自然を堪能できます。私のようなエセネイチャー派にはぴったり。歩きにくいところゼロ。トイレ綺麗、木が鬱蒼だから日陰多し、虫ほぼ見かけず。最高。高いだけある。
お土産屋さんはもちろん、食事するところも充実!カフェクラスの軽食から、きちんとテーブルサービスをしているレストランまで。
お土産屋さんの外ではクマがお出迎え。 よく見ると爪が凶暴だ。
店員さんが外で売ってるものの試食をさせてくれました!まー娘がその後ずっと買ってほしいとねだり続けた、メープルの形のクッキー。メープルのクリームがサンドしてある、カナダといえば!の超有名、激ウマクッキー。
あれはカルディでも成城石井でも買える。こっちでも探せば絶対どっかにある気がする。探したことがないんだけど、ない気がしない。なのでしつこく断りましたが、アレ美味しいよねぇ。

一番の目玉の吊り橋はこちら!!! 130年の歴史があり、長さは約140メートル!高さは70メートル、キャピラノ川の上にかかる巨大吊り橋です!
調べてみると、人が渡る吊り橋としては、信じられないほどもっと長いものも世界にはあるんですね!

人が1列になり、往復するので精一杯。グラグラ揺れるし。ジャンプでもする子供がいたら叱り飛ばしてやろうと思うほど。上から見るとこんな感じ。 高所恐怖症の人はお尻がキュッとしちゃいそう。しかし良い天気!暑いくらい。有名な観光地だけあり、吊り橋とかイケる?ってくらいの杖ついたヨロヨロしたおじいさんとか、仙人クラスのインド人のおばあさんとかまでいました。バンクーバー来たらぜひぜひ行くべき。なかなかない経験。

次の目玉は木の上を橋が渡してあるこちら。 まるでリスにでもなった気分! と書いてありましたが、私たちとしては俄然イウォークになった気分。 似てません?
イウォークだろ!と息子と興奮気味。
こちらは吊り橋になってないから揺れないです。

道なりに進むと、Raptors Ridgeというエリアがあり、私の好きな!大好きな!猛禽類を近くで見られます。この時はフクロウ、鷹、ミミズクがいました。 鷹とそのペアのおばさん。質問に答えてくれます。 息子はフクロウのお兄さんに何を食べるか聞いていました。ネズミとか分かりやすいもの以外だと、ここではリスやヘビなども食べるんだよ、と。ヘビがいるのか!と衝撃。 このミミズクが何かあったのか、というほどよく高い声で鳴いていました。

鷹はね、家の空を見上げると大体見かけるのですが、こんな近くで見る機会もないのでしっかり見ておきましたよ。うん、キレイ。
猛禽類は総じてキレイな個体が多い。凛々しくて気高い。近くで見られてよかった!

この後また吊り橋で戻ります。吊り橋を往復しないと帰れない。
そこで軽い事件が起きました。
半分過ぎると大体人が詰まるのでノロノロになります。ノロノロ動いていると、今から渡ろうとしてくる人が無駄にきらびやか。
アジア人の若い男の子たちなんだけど、明らかに一般人じゃないキラキラさ。
鈍っていた芸能人センサーが突然始動!

あれは…多分…


BTS!!!


え!多分そう、多分絶対BTS
よくわかったね、と色んな人に言われましたが、最近ビルボードアワードをテレビで見ていたから。なんとなく人数と髪の毛の色が頭に残ってた。1人だけ顔が記憶に残っており、その子を見た時確信。
後ろにいる夫に「ねー!あれ!絶対BTS!!!」と言ったら、夫は「ええ?」と怪訝。その時はすでにすれ違うタイミング。
私の声が聞こえたのでしょう。
メンバーの1人(全く誰かわからん)が夫に日本語で
「こんにちは」
とご挨拶!夫もナチュラルに知り合いみたいなノリで「こんにちは」

なに、なに、ウケるんですけど!!!🤣

セキュリティが前後とめていたので、吊り橋の往路はガラーン→BTS→ガラーン→追っかけ。って感じ。
いやー面白い。よく自分気付いたし、夫もいいネタを!
知らない日本人に挨拶してくれたBTSの誰かに勝手に好感度高まる瞬間でした。

お友達に連絡するとすぐ調べてくれ、バンクーバーでライブしてたようです。しかし追っかけの韓国人の方々、みんな揃いも揃って黒いマスク。わざわざカナダまで大変ですね。

さて、BTSにびっくりした後は、クリフウォーク。崖にせり出した道を一方通行で歩きます。 ある意味ここの方が怖い!という意見がありましたが、細いけど揺れないから私は吊り橋のがドキドキしちゃいましたね。
ま、一番高揚したのはBTSだったけど。

ここまでくると随分疲れています。多分休憩する人多いと思う。私たちも12時になっていたのでランチ。気持ちが良かったので外で食べました。お店の外観は写真撮っていませんが、The Cliff House Restaurant & Barという一番きちんとしたお店。
オーダーしたのは、グリルしたサーモン。 この旅で半年分くらいのサーモン食べて帰るつもりだったので、サーモンアゲイン。
メープルディジョンがかかっていて、死ぬほど美味しかった。サーモンは素材もだけど、味付けでこうも変わるのか。ハニーマスタードに似た感じですが、美味しかった。サイズもなんて日本人女性向け!ちなみにハンバーガーは大きかかったです。子供メニューもありました。

最後にスタンプ集めた人は賞状みたいなものがもらえるので、それをゲットして終わりました。
意外にちゃんとした紙で出来ていてびっくり。写真撮っていないようですみません。

程よい運動量と自然を楽しめるキャピラノ・サスペンションブリッジ、時間があれば是非行ってみると楽しいです!

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋