ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

2019年末旅行⑥〜ラスベガス

こんにちは、ゆらです。

2019年末の旅行記をまとめあげたいと思います。前回はこちらからどうぞ。 この年末の8泊9日というロングトリップ、当初思いついたのは、10月くらいでしたが、デスバレーだけでした。クリスマス休暇は夫が長く休みをとれるので、どこか行きたいねーと話していた際、雪関係は嫌なので冬でも行ける場所を模索。ロサンゼルスとかサンディエゴは嫌だったので、やはり国立公園かな、と愛読書(=地球の歩き方アメリカ国立公園編)を開き、ベストシーズンを見てみると、冬がベストシーズンなのはデスバレーくらいしかなかったんですよね。
そうか…行くか…。何があるかイマイチピンとこないんだけど…
デスバレーって巨大なので、ネバダとカリフォルニアにまたがっています。サンフランシスコからは9時間くらいで着く。広くても、イエローストーンと違って、そんなに何泊も必要があるような気はしないので、4〜5日あれば帰ってこれる。
休み長いのに勿体ない気がして、夢だったホワイトサンズまで足を伸ばすことにしたのです。
ホワイトサンズ付近に数日滞在して、そのあとデスバレーに行くのにラスベガスに滞在して、ベイエリアに帰る予定でしたが、カレンダーを見ていて気づきました。

こりゃ、ラスベガスで年越しができる日程。
夫に話すと、おぉ!あのド派手な花火見に行こう!とノリノリでした。
そこから私は毎日ラスベガスについて調べまくる日々…
結論から申し上げますと。
晦日のラスベガスの宿泊費はエゲツない。

ストリップ沿いは考えられないほど高い。
ベラッジオクラスは30〜1日の3泊でリゾートフィー入れて$1500です。
こんな高い値段かけて泊まる必要がないので、普通ならストリップではないホテルなどにして、ストリップにカウントダウンしにくる人が多いそう。ホコ天になるらしい。ただ、とんでもない人の数で、子供は危なくてとても連れて行けなさそう…かつ娘は体内時計が完璧で、必ず21時に寝てしまうので、部屋からストリップの花火が見えることが条件となり…
様々なホテルのストリップビューの部屋がどうなっているかなど、相当調べ尽くしました。
第一ホテルから上がるから、例えばMGMとかに泊まると自分たちの花火は見えない。すなわち、ストリップの比較的端にあり、かつ高層階が望めるホテルはトランプとかストラトスフィアとか…
トランプは悩んでるうちに売り切れました。
まぁ夫がトランプには泊まりたくないと言っていたからいいんですけど。
散々悩み、ミラージュにしようと結論。ミラージュのストリップビューならわりと見晴らしがよさそうです(YouTubeで確認)かつ2泊に減らして節約しようかと思いましたが。
それでも決断できず、ダラダラ悩んでいた結果、突然値上がりし、たった2泊で$1000となりました。

バカなの?

高すぎるでしょ? ミラージュに入ったことがある方ならわかるかと思いますが、まぁまぁな年季ですよ。それで1泊$500?
バカらしいぜ!と完全に行く気が失せた私。
ふとラスベガスに$1000もかけるなら、ディズニーランドでもいいんじゃないかと思い立ち(突然)即調べると、2泊の宿泊費込みで、ラスベガスに$400も足せばいいことに気づきました。
もう俄然調べまくり、ホテルからパークの花火が見える部屋を見つけ出し、夫のオッケーを無理矢理もらい、ソッコー予約!
ラスベガスのリサーチが全て無駄となりましたが、お陰でまた一歩ラスベガスについて詳しくなりました。えぇ、私ラスベガスすっごい好きなんですよ。行く気が失せたとか、散々ディスりましたが、日本に帰ってからも行きたい場所Top3に堂々入るほど、ラスベガスが好き。今は無駄にホテルとバフェについては詳しい私です。

という前置きながーくなりましたが(前置き?)旅の後半はラスベガスはデスバレーに行くために2泊、そのあとアナハイム2泊して浮かれてサンフランシスコに帰るプランです。
ラスベガスのホテルは年越し案で散々悩みましたが、よく考えたらデスバレー行くだけだし、ストリップのホテルとかいらないよね?と。デスバレーはオフロード疑惑があるので(詳しくはまたデスバレー編で書きます)レンタカーをし、レンタカーがホテルに入っているところを選びました。
と、いうわけで、まさかの超年季の入ったリオ・オールスイーツ!
こんな理由もなければ泊まることもないだろう!と思う。古いしストリップから地味に離れてて不便極まりないし。でも、実際行ってみると、私結構好きだった。外観は本当時代を感じさせる、バブリーでノリノリな感じですが、部屋はとても広いし、バスシャワーもしっかりしてるし、収納山ほどだし、ベッドも寝心地いいし、静かだし、清潔だし、さすがラスベガスだ。だから好きなんだ!!!
1年前のパラッツォ(ベネチアンの姉妹ホテル)に比べたら贅沢豪華さは全然ないけど、広さは十分だし、かなり大満足でした。
ま…ひとつ言うと…ホテルが死ぬほど広いから(ラスベガスだし)パーキングまで歩いて15分かかりましたけど。疲れますけど…それはリオに限らず。パラッツォだって、パーキングまで近くはなかったよ。近いパーキングがいいなら、もうお金払ってバレーにしないと。
というわけで、こんな熱く語っておいて、写真が一枚もなくて申し訳ありませんが…
エクスペディア、トリップアドバイザーなどのレビューで、Rioはなかなか酷評されてますが、デスバレーに行くだけなら全然いい。ラスベガスを楽しみたいなら全力で止めます。

しかしニューメキシコのラスクルーセスからラスベガス遠かった〜特にニューメキシコでは車に毎日6時間は乗ってたから、やや飽きてるし10時間は厳しかったですね〜今回一番辛かったかも。

ラスベガスに着いたのは18時をまわっていましたので、チェックインは後回しにして、急いでUberでホテルAriaへ向かいました。
忘れもしない1年前のクリスマスの夜、シーザースパレスのかの有名なバフェで5時間も待った怒りの経験から、下手に知名度の高いバフェは避けました。シーフードの評判が良く、まさかの子供がタダというミラクルから選びました! 初めて入ったAria、なんか大手町のどこかのオフィスみたいな雰囲気。いや、すごい綺麗。小洒落てるけど、イメージするラスベガスの豪華さというよりは、今風だな、と。 バフェは…ホリデー価格で、予定より高く、なぜか息子も$25くらいお金取られました。貧乏くさいし、めんどくさかったから何故無料じゃないのか聞くことはしませんでしたが…なんでだったんだ…?飲み放題は$19くらいでしたので、もちろんつけました。私は疲れてたからソフトドリンクで。
19時の時点で、90分くらい待つと言われましたが、もはや選択肢が他にないので、大人しく待った結果50分くらいで入れました。とはいえもう20時過ぎてしまい、娘はチャーハンくらいしか食べられなかったなー彼女タダでよかった。食べないからバカらしいんですよね。

ここはとにかく週末のシーフードが有名。 茹でたてのキングクラブのをみんなが列を作って取っていきます。あとはすぐなくなってしまうんですが、牡蠣もありました。牡蠣は上に何か乗っていて、それがいらない…と夫の感想。
とにかくカニは頼むから半分に割ってて欲しい。そしたら全然苦労せずに食べられるのに、自分で割らないといけないから、私は食べませんでした。めんどくさいの嫌い…
というわけで、私はシーフードはほぼ食べてません。ポキは頂きました。

シーフードを食べないなら、肉コーナー この肉が、超脂だった。 私ジューシーなステーキが好きで、フィレミニョンは好みではないんですが、ここまで脂はさすがに…人間として食べちゃダメな気がする。
疲れた体に染み渡るのはやはりアジア… 少し胡椒がききすぎてたけど、めちゃ美味しかった…

スイーツはとても美味しかったです。 いつも思うけど、私はチョコレートに偏りすぎ。 それなのに、右上のラズベリーのタルトみたいなのが想像以上に相当美味しくてびっくりもびっくり。サクサクタルトがめちゃくちゃ美味しくて、これだけにすればよかったと思える。
アイスクリームも種類がいくつかあり、息子はカニからアイスクリームまで相当食べていました。よく食べるようになって母は嬉しいよ。

バフェは楽しい。けど、元を取ろう!なんて考えは絶対置いておいたほうが良いです。無理です。
フードのクオリティは低くはないけど、高くもないし。ただ楽しい。だから私は好き。
Ariaのバフェは味は悪くなかったです。確かに去年5時間待ったシーザースパレスに比べたらやや落ちるけど、それなりに美味しかったです。
ただアルコールね。白ワインが恐ろしくまずいので、頼まないことをお勧めします。

ホリデーじゃなければまた行ってもいいかな、と思えるバフェでした。


リオに戻り、ゆっくりバスタブにつかって翌日に備えます。いざ、デスバレー。

また次回に続きます。

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋