ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

イエローストーン旅行⑫

こんにちは、ゆらです。

イエローストーン旅行をいい加減書き上げようと思って早1ヶ月くらい経ってる気がする。

思いの外長編になっているので、ここまでリンクはここに貼ります。
イエローストーン旅行①
イエローストーン旅行②
イエローストーン旅行③
イエローストーン旅行④
イエローストーン旅行⑤
イエローストーン旅行⑥
イエローストーン旅行⑦
イエローストーン旅行⑧
イエローストーン旅行⑨
イエローストーン旅行⑩
イエローストーン旅行⑪

さて、イエローストーン最後の朝、もう見逃したところはないので、朝9時にはOld Faithfulのビレッジを後にしました。
そうそう、大事なことといえば、イエローストーン、何日いればいいの?ってとこかと。私たちは3泊で満足はしましたが、欲を言えば4泊が良かったかな。逆にいうと2泊だと諦めるものが多いかも?
私たちが見れなかったのは、タワールーズベルト周辺(ラマーバレー含む)、Mud Volcano、West Thumbでした。多分これらは1泊多くすれば絶対見られると思います。なので、結論、4泊あればなんとか見られる!
全部園内に泊まったから移動時間が短めではありますので、ポピュラーなウェストイエローストーンに泊まると、少し移動に時間が割かれるかもしれません。
とにかく余裕をもってスケジュールしないと辛い場所です。私は割とギチギチに予定を入れがちで、夫がぐったりするのですが、今回は良かったと初めて褒められました。

さて朝9時のOld Faithfulのゼネラルストアの中。 まだガラガラ。朝ごはんをここで軽く食べて出発する人が多いかもしれませんね。コーヒーだけ買って出発!

イエローストーンから出るとき、看板はこんな感じ。 寂しい!

あっという間にグランドティトン国立公園です。
行きに車を停め損ねたとこで記念撮影。

今でも不思議で仕方ないのですが…イエローストーン側から、つまり北からグランドティトンへアプローチすると…料金所がなかった。

え?私たち見逃した?と何度も確認しましたが、絶対なかったんですよ。
イエローストーングランドティトンの共通パスはもう廃止されていてないし。イエローストーンで$35払って、そのままグランドティトンに入ることは可能としか思えなくて…おかしいと思うんだけど、全くのインビジブル料金所でした。地図には出てるんですが…

グランドティトンで向かったのはこちら、Oxbow Bend スネークリバーを挟んで、東側を走るHwy.191は見どころが多いそうですが、行きは通らなかったので帰りに寄ることを決めていました。特にOxbow Bendは晴れて風がない日は、逆さモランが見られるとのことです。
壮大に地味だったので、盛大に見逃して、随分先から引き返すハメになりましたが… めちゃ綺麗だった!!!
私大好きなんですよ、山のてっぺんに雪化粧してるの。ただの山より絶対絵になるよね!日本人だから富士山への愛があるわけじゃないと思うのですが(登ったこともちろんないし)

ここは川辺に転ばないよう気をつけながら降りましたが、不要!
駐車場から撮ったここが一番綺麗でした。お天気が良い日は5分でいいから、車停めて眺めてみることをオススメします。

次見たかったのは、Snake River Over Look
ヨセミテの写真が特に有名な気がしてたけど、多分アメリカのナショナルパーク色々なところの写真を残しているのかな。アンセル・アダムスの写真で有名なところ。 Wikipediaより
今は周りの木々が成長しすぎて同じような写真は撮れないことはわかっていましたが 木はもちろんだけど…雲…
雲が邪魔!

とはいえ、なんだか同じ景色を見ることが出来る、ココはアンセル・アダムスファンでなくても一目見ておく価値はあると思いました。

帰りのグランドティトンは、この2ヶ所だけ見たかったので、あっという間に通過。
これからソルトレイクまで一気に向かいたいので、最後にJacksonのビジターセンターでトイレ休憩。 中には剥製をはじめとする、小さな展示スペースがあり、子供達はじっくり見てました。私が圧巻だと感じたのは、エルク保護区で保護されたエルクの抜け落ちた角からできたシャンデリア。 ど迫力!
エルク保護区は展望台もありました。 冬はここにエルクが戻ってくるらしい。見えるのかな?

ここから一気にソルトレイクまで南下します! この最短ルートでI-15で南下しましたが。
今初めて気付いたけど、ラスベガス行くとき大渋滞で辛かったのが同じI-15だったんだ…アメリカって広いなぁ。

このルートエグいほど何もない。

ごくたまに街がありますが、街というか…町?村?ってレベルでして。
ピザハット見つけた時の喜びはひとしお。
でも他のルートもきっと変わらない気がします。

ユタ州に入った時は お気づきのように、超悪天候。しかも向かってる先がとにかく悪天候
嫌な予感の中、本日の宿泊先に到着しましたが、もう明らかに嵐が過ぎ去った後。道には折れた木が落ちてたりと怪しげ。

ホテルは全停電でした。

無駄に暗いと思った。
一帯全部が停電で、復旧は22時くらいになるかも、と。暗闇シャワーは最悪だなぁ、と。夕飯も停電してないエリアをホテルに聞いて向かって、なぜかしゃぶしゃぶを楽しみました。

幸い帰った時には電力は戻っていて、事なきを得ましたが…ずっと停電だったらどうなっていたんだろう、と怖い夜でした。文明に頼り切っている私たちは、電気がないと生きていけない…

さて次回で最終回を迎えられそうです。また後日!

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋