ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

イエローストーン旅行⑤

こんにちは、ゆらです。

イエローストーンの続きです。
前回はこちらからどうぞ。 さて、レトルトカレーでランチを済ませ、向かった先はNorris地区。しつこいけど、地図また載せますね。 Canyon Villageから車で大体30分弱なので近いですね!Norrisはイエローストーン内で一番火山活動が活発なため、特に地球の息遣いを感じることができるエリアです。
温度が高く、また時期によって、熱水泉が間欠泉になったりと大変興味深いエリア。駐車場も混雑していましたが、イエローストーンの良いところはヨセミテとは異なり、車移動が基本だから朝から晩まで停めてますって人がOld Faithful以外いないこと。ぐるぐる回って待っていれば必ず停められます。

Norrisは2つのトレイルがあり、短ければ45分、長くても2時間でまわれます。そこまで時間を割く必要はないエリアですが、せっかくなので見ておきたい場所ですね。
ミュージアムもありますが、あまり見所もなさそうなので私たちはスルーしました。 注意は駐車場にしかトイレはなく、ミュージアムまでくると引き返すハメになるので、行くなら最初に。小さいですが、マップはこちら。 ミュージアムを中心に、北にはスカイブルーの熱水泉のあるPorcelain Basin、西には91メートルまで吹き出す間欠泉、Steam Boat GeyserのあるBack Basinが広がります。
まずは全長0.8キロのPorcelain Basinからスタート! 小高い丘の上からスタート。もうモクモク見えてて、初熱水泉に興奮する私たち。何よりめちゃくちゃ硫黄!硫黄臭がすごい!これは…


日本人の心に染み渡る・・・


この後様々な場所でこの懐かしの温泉の香りに包まれることになりましたが、飽きることがない!なんなら「温泉卵食べたいわぁ」って心境。
日本人には馴染み深いこの香り、特に駐在していると、懐かしさにグッとくる。あぁ、やっぱ日本人なんだわぁ。
まぁ、2歳で渡米した娘は、箱根行ったことありますが、初めての硫黄の香りにくさいくさい!と。不機嫌な時間には行きたくない!!!とブチ切れて泣いてました。
これが世界の正しいリアクションなのか…?日本人としてはあるまじきな気も。

さて癒されながら歩くと、もう熱水泉の色が。 やばい、リアルバスロマンじゃないか。まますますの温泉感に夫婦でグッとくるわぁ。

しかしこのトレイル、途中が通行止めになってました。とは言え、もともと0.8キロしかないわけで…熱水泉にウットリしながらも30分くらいでまわれました。

Back Basinは2.4キロ全長があるので、疲れそう…ということで、Steam Boat Geyserまで行ったら引き返しました。ここも30分かからずですので、体力に自信がない方、時間がない方もおススメかと思います。

Back Basinのはじめは、Emerald Springです。 先程の熱水泉とはまた違い、透明感が高く吸い込まれそう。お分りいただけるかと思いますが、ポコポコしてるんです。それがまた神秘的で。黙ってれば飛び込めるんじゃないかってくらいの透明なブルーなのに、ポコポコしてるのをみると、あぁ、煮えちゃうね。って。

10分くらいでSteam Boat Geyserへ到着しました。 めちゃくちゃモコモコ出てる!
ここの噴出は全く予測がつかないそう。高さもまちまちで、3メートルから91メートルと振り幅がハンパない。間隔も3日から50年(!)と。どんだけツンデレなのよ。50年出てなかったのは昔だけど…50年後突然出てきた時、びっくりしたでしょうね、周りの木々も。

さてこの後は本日の宿泊地、Mammoth Hot Springsへ移動。途中シカさん🦌目撃したりしましたが、急ぎます。

マンモスは冬も営業しているビレッジ。ホテルは立派。とはいえ私が予約を取ったのは、夏しか営業しない、このホテルのキャビンです。色んな方のブログを事前の情報収集で読ませていただきましたが、キャビン情報しか出てこなかったので、ホテルがどうなっているか…?今年の夏は改装で半分くらいクローズされていた気がするので、ますますキャビン客が多め。キャビンはこちらです!
小屋再び。
いいですよ、$180しかしないし。昨日の小屋より中が明るかった。けど… もぉ、激せま。
衝撃を受けるほど狭く、スーツケース1つオープンしたら足の踏み場なし。ドアが二度と開かない前提でドアの前にスーツケースオープンか?ってくらい。ベッドはやたら可愛いけど、狭い〜スーツケース3つある人、多分色々工夫が必要かしら。
狭いけど、ちゃんとプライベートバスはもちろんあるし、満足!周りを見ると、お外のロッキングチェアで本読んでたり、リラックスしてる方がたくさん!
ちなみに可愛いベッドスローはホテルのショップで販売されていますが、仰天の価格でしたよ。

さて、マンモスは園内唯一の入れる温泉などもありますが、川の中なので今回はスルー。子供もいるし。
というわけで見所は、1つのみ。
Mammoth Hot Springs Terracesです。超見にくいけど、こちらがマップ。 ここまでホテルから歩けますが、帰りに疲れたと子供達から文句を言われるのが見えていたので車で。
Upper TerraceとLower Terraceがあります。アッパーはワンウェイ、車で巡れます。両方行く予定でしたが、時間がなぜか予定より押していたので、今回はLowerだけを歩くことに。
1周が1時間、木造のトレイルで大変歩きやすいのですが、いかんせん急。最後は、はぁはぁでした。

はじまりはLiberty Cap 変な形…なのは、自身の沈殿物がその口を塞いでしまったから。ほんとは先から温泉がでていたそう。高さは10メートルくらいで、かなり大きいと感じました。

マンモスホットスプリングスといえば、石灰棚。トルコのパムッカレが有名。どこかで世界三大石灰棚のひとつがマンモスホットスプリングスと聞きましたが…世界三大美女と違って、そもそも石灰棚自体がそんなにあると思えないんですが…
こんな景色が広がります。 湯量が減っているらしいけど、ちゃんと流れているのがしっかり見えて。お日様が当たって、キラキラして、ほんっとうに綺麗でした!
色のコントラストが美しい。 自然の作り出す白ってものすごく美しいですよね。
ガンガンテラスを上り、上からの景色。 石灰棚の向こうの、ビレッジはイエローストーンというか…ヨ〜ロレイヒ〜的な景色。ハイジいそう。いるわけない。
トレイルの最後、てっぺんに来たら…

枯渇。

枯渇体験2回目(ヨセミテでも枯渇)
ここはヨセミテのシーズン性の枯渇とは違い、湯量が減っていることが原因かと思われます。ただこの真っ白な世界。せっかくだから家族写真だー!!! うん、なんか素敵。頑張って上ってよかった!

ちなみにこのトレイル、とっても坂が急だし階段がやたらありますが、車椅子用のルートがあります。私たちは帰りそっちを歩いてみた。少し遠くなるけど、ベビーカーとか階段抱えてるお父さんお母さん見ると、切なくなったので、ぜひ車椅子ルートをオススメします。トレイル始まってすぐに車椅子ルートと階段ルート左右に分かれるのですぐわかると思います!

沢山歩いてお腹ペコペコ!
夕飯はまた次回に。

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋