ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

イエローストーン旅行④

こんにちは、ゆらです。

先日一時帰国から帰ってきました。去年の夏も帰ったので、日本の夏の暑さは覚悟していましたが…想像以上にキツかった。来年オリンピック大丈夫なんだろうか…
暑さを除くと、なんでも安くて美味しくて最高。ピーチフラペチーノとか、もうフラペチーノの領域こえてきた。でも繊細なんだよ、桃って。多分アメリカ人にはわかんない!この繊細な甘さ!
いい加減忘れかける気がする、イエローストーン旅行の続きです。なんならまだイエローストーンには到達していないので、やや詐欺気味で申し訳ありません。今回いよいよイエローストーンに入ります!

前回はこちらからどうぞ。 コルターベイでの夜は大変静かでした。6月末でも、朝は冷えていたのでヒーターをつけましたよね。クーラーはついていませんが、ヒーターがあるので多少寒くても平気です。

朝はJackson Lakeの周りを爽やかに散歩する!と決めていたので、7:30に部屋を出発。 ビジターセンターの入り口右からトレイルの入り口が始まります。ビジターセンターの前ではレンジャーのおじさんがコーヒーを一緒にどう?とくれました。レンジャーとコーヒーという朝の風景なのかと。
そこで言われました。
「クマスプレー持ってる?」
ぎゃー、やっぱいるのかーでもグランドティトンではクマの目撃情報が少ないので、4人で歌ったり楽しく話しながら行こう!と決めました。 写真斜め左上のビジターセンターのすぐ横、Lakeshore Trailを歩くことに。1周で1時間くらい、と聞いていました。

割とスタートは歩きやすく、道幅も広い。寒いからきちんと着込んで。すぐにLakeに出ます。 なんて絶景!!!早起きしてよかったー!

しかしですよ?段々と足元が怪しくなってきた。 こんな感じの道が続きます。うん、真面目に出てくるかも、クマ。

結論的に出会いませんでしたが、かなりの近さで朝ごはん中の鹿。 写真で見るよりずっと近くて…しかも行きたい方向にいるから4人で戸惑いましたよね。少しずつ近寄ったら逃げてくれました。オスだったら引き返すレベルに近かった。

とっても見晴らしの良い所に出ました。 あまりの綺麗さに絶句。ホントに来てよかったー!早起きしてよかったー!

けどですよ。
ねぇ、誰も教えてくれなかった。


蚊がとにかく多い…


名前は知らないけど、たまにいるアタマ虫みたいに、空中にまとめて飛んでいて、そこに突入すると嫌なあれ…あれが全部蚊。しかもデカイ。デカイ蚊のアタマ虫レベルの群れに突っ込み続けた結果、なぜか私だけ8ヶ所も刺されました。

気が狂うほど痒かった。まさかのレギンスの上からですよ?ヤブ蚊だろうな、という。根拠はない。

レンジャーのおじさん、クマだけではなく是非蚊も山ほどいることを一言教えて欲しかったわ…

早起きして、8ヶ所蚊に刺された甲斐があり、絶景レベルは相当高かったです! これ、ノーフィルター、ノーフォトショップですよ。

あと注意点。朝イチは蜘蛛が夜中に糸を張っているので、散歩する先頭の人は蜘蛛の巣を払いながら進むのため、蜘蛛の巣だらけになります。夫が犠牲に。
ホント色々苦労しないと見れない景色でした。全然誰ともすれ違わないし、クマ怖い!とビビりましたが、最終的に痒すぎて痒すぎて、恐怖心ゼロでした。

ゼネラルストアではスタバのコーヒーが飲めますよ。痒すぎてイライラが止まらないのでスペシャルを飲みました。 美味しかった!爽やかな朝にはピッタリ。痒いけど。

昨夜のピザが半分残っていたのをそれを朝ごはんにすることにしました。また同じピザ屋に持っていくと温めてくれるという情報でしたが、朝はあいていません。なので、隣のレストランで聞くと、スタッフの方の心遣いで温めてくれました!ただこれはたまたまなので、温めるなら、ゼネラルストアの電子レンジが良いかと思います。

ピザを食べながらイエローストーンへ向かいます。Colter Bayからはイエローストーンまで1時間ほどで着きます。

きーたーよ!!!

ついに来たー!到着!
この看板は料金所の、すぐ隣です。$35払って入ります。1週間有効。
そうです、少なくとも2017年まではグランドティトンと共通パス$50が存在してましたが、2019年夏現在なくなっています。ということで$70払いました!ご注意ください。

さて再度イエローストーンの地図載せます。 グランドティトンはレイク地区の南です。Grant Villageが2つのパークを行き来できるビレッジらしいのですが、個人的には遠すぎると思いました。どこに行くにも遠い…
さてイエローストーン1日目は一番北のMammoth Hot Springsです。Colter Bayから直接行くと3時間かかるのですが、途中観光しながら向かいます。

まずはレイク地区からCanyon方向へ。途中ものすごく人混みが!こーれは何かいる。車を停めてそこにJoinしました。川を挟んで向こう側にグリズリーがいるという話。レンジャーも近くにいてくれました。が、遠すぎて全然わからず。周りの人誰も見えてないレベル。みんな「どこ?え?何がいるの?グリズリー?ホント?」って会話が聞こえてきました。
グリズリーベアはカリフォルニアは絶滅しているのです。ヨセミテで見たのはブラックベア。アラスカで見たのもブラックベアでした。グリズリー見てみたかった〜残念。

グリズリーを見逃したあと、レイクとCanyonの間に広がるHayden Valleyは野生動物が多く目撃されるとのことですが、朝早くまたは夕暮れ時…とのことで、全然期待せずに通りました。
ですが、Valleyに差し掛かった時、見えたんですよ。遠くに犬が。飼い主がいない…あれ、ということは、あれはコヨーテか…まさかの狼!!!
急いで夫に車を停めてもらい(停める場所はHayden Valleyに多くあります)一眼レフで急いで撮影。
私の望遠は300㎜なんですが…
300って中途半端で、ハッキリ言って使えない。もちろん全然風景は撮れない。300㎜くらいだと、野生動物は肉眼レベルで近くないときちんと捉えられません。やっぱり野鳥の会レベルじゃなきゃダメなんだ…けどそれはあまりにも私のような素人には扱えないし、一脚になりますよねー
というわけで、300㎜はナショナルパークには力不足でした。それで撮影した狼がこちら。 でも狼か自信ないです。なので拡大してみます。 ほら!多分狼じゃないですか???
今更ちょっと確信に近くなり、感動がじわり。 イエローストーンの狼は一度絶滅しています。そこで、カナダから連れてきた狼を再びイエローストーンに放ち、また野生化させているそう。

あの時狼かどうかの確信が持てなかったのは、何せ私が第一発見者だったので、あれは何?とか聞ける相手がいない。ただ私の知っているコヨーテとは顔の輪郭が違うな、というのと、やや大型な気がしました。きっとあれはGray Wolfだったと信じています。

ここで初めて見たバイソン、思ったよりめちゃくちゃ大きくてびっくりしました! イエローストーン、バイソンに会わない方が難しいとのことでしたが、確かにその後何十頭も見ました。何回見てもその大きさと雄大さに圧倒。これが野生なんだもん、本当凄いよ。

あとバイソン以上にいたのは、カナダグースですかね(笑)めっっっちゃくちゃいます。バンクーバーでも何羽も見ましたが、ケタ違い。

野生動物との初めての遭遇に盛り上がった我が家でしたが、娘爆睡中。バイソンはその後見られましたが、狼はやはり遭遇率が低いだけあり、娘は見逃してしまいました。まぁ遠かったから起きてても見えなかったかな〜?

いい時間になっていたので、Canyon Villageのゼネラルストアの電子レンジを借りて、持参したカレーとご飯をチンして食べました。
カレー大正解。毎回昼に並んでサンドイッチやホットドッグ食べるの疲れちゃう…カレーやカップラーメンは持って行く価値があると思います。特にアメリカ住みの人は。
熱湯も出るので美味しく頂けますよ!数年前はぬるいお湯しかないとのことでしたが、新しい熱湯サーバーがありました。美味しくないアメリカのカップヌードルも買えるので、日本に比べると多少味は落ちますが、サッと食べるには便利。

長くなるので、続きはまた次回。

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋