ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

バンクーバー旅行④

こんにちは、ゆらです。

忙しいわけじゃないんですが…やりたいことがある!
・一眼のデータの日付と時間変更
これが厄介!バカだから今までずっと日本時間のままだった!お陰で写真取り込んだらスマホとの時間のズレで写真の並びがおかしい!気持ち悪くて地味に直しています。地味。ひたすらに地味。
SNSにあげたい。何せ1000枚撮ってるから。厳選してアップしたい。
・ブログも書きたい。
イエローストーンのことを調べたい。
総じてスマホが手放せない状況。

しかし夢を夢にしないために、こちらに残さないとマジで忘れちゃう!

バンクーバー2日目の後半始めます。前半はこちらからどうぞ! というのも、私には珍しくキャピラノの後の午後の予定を何も入れていなかったのです。というか何をしたらいいか分からなかった。
バンクーバーといえば、スタンレーパークですが、午前中キャピラノの緑を満喫した後行く気になれなかったのと、行ったことある夫が「ただの北米の綺麗な公園」と。日本からだったら行きたかったかも。アメリカからだと、新鮮味が少ない気がしました。とはいえ行ってないので、行ったらきっと新たな発見などもあったのかもしれませんね。
またギャスタウンも有名ですが、こちらも時計があるだけ説があり、子供連れて行く気が起きませんでした。治安の悪いエリアがすぐそばにあるのも子供連れて行く必要を感じなかった。
ということでやることがない。
シャトルバスでダウンタウンに戻り、とりあえずカナダグースを見に行きました。CF Pacific Centerというモールに入っています。なんでも揃ってる感じがしましたが、ブランド品は路面店があるのでこちらには入ってないよう。カナダグースもバンクーバーに出来たのは最近らしいです。バンクーバーになくてなぜカルガリーにあるんだ?と去年カルガリーで思った。

子供がバスで爆睡していて困った私たち。しかしさすがに7歳の息子は抱えられないので、叩き起こし、娘は夫が抱きかかえパシフィックセンターのエントランスのソファに転がしたらそのままぐーぐー寝てました。思いもよらない1時間のお昼寝ができた娘。息子は後でディズニーストアに連れて行く約束でカナダグースに付き合ってもらいましたw
子供の塗り絵をくれたので、大人しく文句も言わず付き合ってくれた息子。母が迷いに迷っていたのを見てアドバイスまでくれてありがとう。彼のアドバイスは無視する結果になったけど。
カナダグースって独自の体感温度指数、TEIというものが数値で表されています。去年カルガリーで買ったのは1です。1は-5℃から5℃までと書いてあります。私としては-5℃は嘘だろ、と思いますが、中を着込めば5℃ならいける。これがベイエリアでは大活躍です。活躍できるシーズンが長い!
はじめは東京に帰ってから着られるように3か4にしようと思っていましたが、久々に見る分厚さ。この暖かさ、私別のブランドで持ってんな、と思い結局1か2を見ました。

絶対買わなくてもいいんだけど、結局2着で死ぬほど迷い…最後のあたり…もう両方買っちゃう?と血迷いました。無職だからやめましたが。
買ったのは日本展開がないものみたいです。TEI 1だったので悩みましたが、色がすっっっごく好きだったので。 公式公式HPから頂きました。

1だけど、ロング丈なのと、今の愛用品と違ってダウンが入っているので同じ1でも暖かさが上だと判断しました。ロングで2のものは黒で、ロゴも黒だったから好きだったんですけどね。黒のロングは他にあるから。

サンフランシスコでもカナダグース買えますが、直営店ではないため数がとても少ない。ニーマンやノードストロームなどで扱いはあります。でもせっかくなら種類豊富から選びたい!

買うか分からない、と言っていたのに、やっぱ買ったのか…と夫に冷たい目で見られましたが。軽度の撥水加工もしてあるしサンフランシスコにぴったり。とはいえ今からは軽装を楽しみたいシーズンです(笑)

この後は、娘の水着がなぜか家の中で行方不明になっていたので、ディズニーストアで念のため買いました。アラスカは寒いけど、温水だし入る!となった時に絶対船の上で買うより安いから。実際入ることになったので買ってよかった。

夫は一人でどうしてもNikeに行きたいと。珍しいんですよ、彼が何か買いたいなんて。
というのも、Nikeがカナダ発だ!と勘違いしていた彼は、せっかくだから何か買ってくる、と。ま、彼の盛大なる勘違いなんですけどね。アメリカ発です。
夫が一人で離れたNikeに行ったので、私は子供2人にアイスクリームを食べさせ、ホテルまで歩いて帰りました。バンクーバーは狭いから歩いても15〜20分くらい。
うちからトレジョまで歩いて20分強。坂もあるし辛い。
バンクーバーは気持ちがいい気候、綺麗な街、子供2人連れも苦痛にならない!
ホテルに戻り、夕飯までの2〜3時間のんびりしました。流石にもったいない!と思い、予約18時よりも少し早くホテルを出発し、オシャレスーパー(しかなかった)でメイプルバターを購入。 去年の秋冬トレジョで買ったメイプルバターをえらく気に入ったうちの息子。パンケーキに乗せて食べると最高に美味しいんです。私は最後瓶の中に余ったメイプルバターにホットミルクを入れて飲むのが最後の楽しみ。カナダで買うとやはり安い。$6〜7くらいしかしなかったです。

夕食は色々悩んでいたのですが、夫がオイスターバカなので(笑)オイスターで有名で、かつホテルから歩いて10分くらいの有名店を予約してました。

Rodney's Oyster House 18時前に着きましたが、もうラインができていました。
店内はこんな感じ。 ステラと一緒に。 オイスターを開けまくってる。

メニューはこちら。 何を頼むか悩む。値段はサンフランシスコと変わらない気がする。カナダドルになるから気持ち安いかもしれませんが、大差ない。
まずは息子の好きなエビから。
Garlic Prawn 分けてもらえなかったので味はわかりません。ペロリと大喜びで完食。

Smoked Salmon 昨日のネイティブの燻製よりも食べやすいけど、子供向けではなく完全夫のおつまみ。私いわゆるスモークサーモンはあまり好きじゃないけど、スモーク度が高いこのタイプ好き。ぽりぽりしながらワイン飲みたい。

Panfried Oysters 信じられないほど美味しかった。ただのカキフライ。いや、ただのじゃない。手のひらサイズに大きい。すんごい美味しかった!お代わりしたいレベル。カキフライってなかなか食べられないから貴重。

Raw Oysters 夫ひとりで完食してるので、味はわかりませんが…美味しさを噛み締め、白ワイン4グラスくらいは飲んでた。いいねいいね。

息子の強い強い希望で頼んだ、マーケットプライスのロブスター🦞 美味しいけど、申し訳ない。サンフランシスコの空港近くにある、New England Lobsterのロブスターの圧勝だわぁ。あそこまじで安くて美味しいんだなぁ!と。
無駄に味がよくわかる息子は「これ、いつものに比べて味がない。美味しくない、食べたくない」と。
贅沢言うな!と叱りましたが、食べてみて納得。溶かしバターなしだと確かに味が薄い…ロブスターはNew Englandで食べよう。

House Fish Stew トマトベースに白身魚、ホタテ、エビ、ムール貝、クラムが入っているのをメニューで読み、イメージしたのはチョッピーノ!

結論、ぜんっぜんチョッピーノじゃなかった!スパイシーすぎて子供無理。私はイメージと違って戸惑ったけど、美味しくいただきました。

この店、味はいいけどサービスがイマイチとレビューを読んでいましたが、全然そんなことなかった。フレンドリーな鍛えたお兄さんがテキパキ仕事してくれたし。仕事しながらアメフトかラグビーの試合に夢中になってる店員もいたけど、明るい雰囲気で私は好きだったなー
とにかくここはオイスター。カキフライ食べるためにまた行きたい。ロブスターは頼まないで良い。ちなみに夫は気に入りすぎてお店のお兄さんとお揃いのTシャツを買いました。

さてここまで息子と娘にはバンクーバーに2泊するショートトリップだと伝えていました。
クルーズはサプライズにしていて、先生はじめ友達にも言わないようにクギを刺しておきました。翌日の朝、港でたった2日前にサンフランシスコで見たディズニークルーズをバーンと!んでびっくりさせる予定。ワクワクが止まらない親。
そんなサプライズに気づきもしない息子は、ついにディナーの最後にしゃくりあげるほど泣きはじめました。まだ帰りたくない、と。
あまりの泣き方に、流石に可哀想になった夫。仕方なくここでネタバラシをしました。

その時の息子の驚いた顔とピタリと止まった涙、どちらも忘れられません。
嗚咽で泣いてたのに、涙って一瞬で止まるものなんですね!一瞬で最高の笑顔に変わり、少し早いネタバラシになってしまったけど、今まで必死に内緒にしてきた甲斐があった!
黙ってるの母ちゃん苦しかったんだよー!早く言いたくて何度も喉まで出かかったの我慢してた!やっと言えるー!!!爆

最後のバンクーバーの夜、そのまま帰ってもいいのですが、せっかくなので海沿いを散歩。 ホントに綺麗な街です。ただ1枚目がどうしても隅田川に見えてしまう私。

バンクーバーたった2日だから、まだまだ分からないことしかありませんが、とても素敵な街だと思いました!去年行ったカルガリーも素敵だったし、カナダを一度でも好きになる人の気持ちがとてもわかります。カナダ、東の方も死ぬまでには行ってみたいなー急がないから。

ただ子連れ目線として。やたら路上喫煙者が多かった気がします。子供の目線にあるタバコには敏感な母なのです。元からタバコなんてなくなればいいと思っている私、子供を産んだらますます嫌いになりました。観光客ばかりだから?と思いましたが、それにしても多かった。サンフランシスコ、ほとんど吸っている人がいません。いや、います。ただ公共の場は禁煙になっているので、皆さま自宅で嗜まれてるそう。なのでタバコの臭さ、危険度を忘れかけていた。あーこれ、東京だ。小さい子がいるんだ、気をつけないと、と思った。
たったそれだけです、私が唯一引っかかったのは。あとは大変いい場所です。大麻のにおいもしましたが、これはサンフランシスコでもするしね。私からしたら大麻のにおいより、タバコの方が臭いから。ってなんかジャンキーみたいな発言ですが、もちろん経験したことはありませんよ。

バンクーバー編はここまで。明日からは夢にまでみた✨アラスカクルーズ
寝る少し前、クルーズアプリ見ると。 アースラ2人必要? ミッキー以外のサブキャラ度が高すぎる件。あとクイーンオブハートの存在感が半端ない。

アラスカ編、死ぬほど長くならないよう、気をつけながらまた書きます!読んでくださり、ありがとうございます😊

Rodney's Oyster House
1228 Hamilton St, Vancouver, BC V6B 6L2 Canada
+1 604-609-0080
https://goo.gl/maps/mXXpKcGhDHE5FcDv7