ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

バンクーバー旅行②

こんにちは、ゆらです。

前回のバンクーバー旅行の続きです。
よろしければご覧下さい。 さてせっかく行ったグランビル・アイランドをゆっくり巡ることなく、後にしたのは理由がありました。
どうしても私はヴァンドュッセン植物園に行きたかったのです。
バンクーバー地球の歩き方を読んでいたら、5月中旬から6月初旬にかけて、キバナフジという花が見どころで、なんなら花の写真家が集まる…と。
元から別に花にあまり興味のない私。多分一生植物園とは無縁なタイプなのですが、どうしても見てみたく。グランビルからはバスで向かいました。いけない!と思いつつ海外のバスで爆睡してしまい、寝過ごしましたが、引き返せるレベルでしたので、寄り道した気分で到着。 元はゴルフ場だったそうです。とても美しく手入れされた植物園なので、気持ちがよく散策できました。 噂のキバナフジ! 咲いてなかったらどうすんだろう、と自問自答しながら来ましたが、来てよかった! めちゃくちゃ綺麗!
ハチがいっぱいいてビビったけど、綺麗すぎる!中国人のおばさんがインスタ映え写真撮る気持ちもわかるレベルに綺麗!

この他の花は全く知識がない私ですので、連続でお届けします。
とは言え、多分これはチューリップ。 見応えのある時期は終わってます。 マイナスイオンも感じられる木陰もあり。 しかし広い。園の入り口の反対側にあるMazeまできましたが、母は疲れ果てたため、見守っていました。 元気満点の子供達はMazeまさかの4回。簡単だから、ということもありますが…余計な体力使いたくない。
子供達はとても楽しかったそうで何よりです😌

今夜のディナーは先住民族の料理が頂けるレストランを予約しておりました。ヴァンドュッセンからバスで15分くらい。
バスに乗りましたが、チャージのカードがないと現金支払いなんですよね。しかも支払いは紙幣は不可です。クレジットカードもタップするタイプのみ、と言われ。なにそれ?そんなクレジットカードあるの?って夫キョトン。
支払う方法がないまま乗車した結果、次はコイン用意してね〜と言われて終わりました。すみません、バスの運転手さん。

ディナーはこちら。
Salmon n' Bannock

外観がイケてなさすぎて、不安を覚え写真は撮りませんでした。

なぜここにしたかというと、地球の歩き方で見たから(笑)先住民族にルーツを持つ方がオーナー。働く人もみんな同じ。メニューは先住民族の伝統料理らしいので、エルクとか、バッファローなどの普段口にしない食材を使ったもの。大変興味深く、Yelpの評価も好評だったので、事前に予約をしておりました。

店内は狭いので、予約がベターと感じました。たまたまこの日、キッチンの人が具合が悪くなり病院に行った…らしき事情で提供できる料理のスピードが違います、と最初に断られました。なるべく早く作れるメニューを説明してくれたので、そこから選びました。
メニューを見て、子供が食べられるものがものすごく少ないことに気付きました。大体どこにでもあるチキン類がないこと、ピザなどもない。ハンバーガーもエルクかバイソン(もちろん巨大)
結局全てのテーブルに出される変わったパンを娘は喜んで食べました。パンといっても、確か発酵させずに作るもので、バターなども入っていない為、フライドチキンによくつくビスケットが近いかも。モソモソしてるけど、肉と食べるとすごく美味しかった。娘はバターをつけてましたが。

メインに$10出せば、サラダかスープ、デザートがつけられます。 息子が食べられるかな?と思って私はメインにスープを選択。本日のスープはバイソンのトマトスープでした。 豆類、セロリ、ニンジン、玉ねぎなどが煮込まれ、バイソンも臭みも何もなくとても美味しかった!ただ、ピリ辛。ややスパイシーと聞いていましたが、子供には十分な辛さで息子はちょっと辛そうで、可哀想なことをしました。

夫はお腹があまり空いてないから、と前菜のサーモンと同じく前菜のダックを。確かにダックだったはずですが… 大きい気もするが、ダックのサイズ感にピンとこない私たち。いや、何より見た目からジューシーさが感じられない。
私はあまり鳥の原型を感じられる料理が苦手なので、もう絶対食べられない…と横目で見てました。息子もいつものチキンがいい…と食べませんでした。サーモンもダックもピリ辛。夫は美味しそうに、酒のつまみに最高と喜んでいましたが、子供にはまた厳しい…!

私のメインはバイソンのソーセージ。 かかっているブルーベリーみたいなソースが絡まり、甘辛でとても美味しかったです!これもまた酒のつまみになる感じ。
とはいえ、これもまたスパイシー。子供には厳しい…!再び。

デザートはお腹いっぱいで苦しかったのに、パンプティング一択で美味しかったけど相当お腹ははちきれそうでした。

こちらのお店、コンセプトもテーマも何もかも相当珍しく、バンクーバーでもこのタイプの店はココだけとのこと。貴重な経験になりましたが、子連れには相当難しかったです。多分…やはりいわゆる獣臭を消す為か、様々なスパイスが使われていて、スパイシーな料理ばかりでした。担当の方が、ハンバーガーなら子供でも食べられる、と言ってましたが、大人でも食べきれるか謎な大きさでしたし、この店は大人だけで楽しむタイプの店でした。

帰りは電車でYale Townまで帰り、駅近くの有名なお酒屋さんでアイスワインを買いました。カナダはアメリカよりもずっとアルコール販売に厳しく、スーパーでは買えません。酒屋に行かないといけない上、アイスワインはどこでも扱っていないので時間がなければ空港で買うのが一番楽かと思います。
空港だからといって、免税でも高いのかと思っていましたが、そうでもなかったです。
Yale Townの駅前にあるSwirl Wine Storeで購入しました!美味しいといいな。また少し眠らせておいて、何かの時に開けようと楽しみです。

バンクーバー1日目、とにかくよく歩いた。アメリカ生活、ほぼ車のため、学校往復歩くくらいで1日5000歩くらいしか歩かない私。最低10000歩は歩く方がいいはずだけど…と思いますが。その私がこの日はなんと18000歩!足がパンパン!ものすっごい疲れました。
2日目はまた次に書きます。

Salmon n' Bannock
1128 W Broadway #7, Vancouver, BC V6H 1G5 Canada
+1 604-568-8971
https://goo.gl/maps/AdT17fG4NzaAEQNB6

Swirl Wine Store
1185 Mainland St, Vancouver, BC V6B 5P2 Canada
+1 604-408-9463
https://goo.gl/maps/PSsYTcvMJCbYp4e56

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋