ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

子供の夢を叶えるため

こんにちは、ゆらです。

いよいよクリスマスが近づいてきましたねー!お父さんお母さん、サンタになる準備は整ってますか?我が家はクリスマスは不在ですので、とりあえず出発日車に子供を押し込んだら「パパ忘れ物した」って1人戻ってプレゼントを仕込む予定でございます。
何をリクエストされたかはまた今度。

さてサンタさん。
アメリカではずっと日本より身近だと思います。保育園や幼稚園にもサンタさん来ますけど、大体「あ、、、○○先生」になりがち。もしくは本部からやってきたおっさん。
そうか、サンタは日本人なのか、と子供が不思議にならないのかヒヤヒヤしちゃうんですが。

こちらはもう本物感が見た目だけで満載なんですよーしょっちゅう色んなとこで会えます!
大体モールに行けば、サンタと写真が撮れます。有料ですが、とてもデコレーションが綺麗なので人気なのはよくわかる。サンタもちゃんとおじいさんだし。

我が家はお金かけずにサンタに会うことにしているので(爆)図書館に来るサンタに2年連続会いました。 去年と同じ人。
子供の成長がとてもよく分かる写真がとれました。特に妹。手足がスッと伸びている!去年のが赤ちゃんだったんだなぁ、と思いました。いやはや私も順調に年取ってる。

てな感じでリアルなサンタに会うのはそう難しくない。ところがです。息子が果てしなくめんどくさいリクエストをしてきました。

「僕、サンタさんに手紙書いて出す」

…どこに住んでんだ?
てか出せるの???

と色々調べました。どうも彼はNorth Pole、アラスカにお住まい。アラスカのクルーズで近くには行かなさそうだな〜だってアラスカの内陸にあるみたい。

さてどうしよう。
もはや返事とかいらないから、ただ受け取ってくれる人いませんかー?と思いましたが、息子はどうしても自分でポストに入れたいと。
誰か郵便局通してちゃんと受け取ってくれる人募集。

とはいえども、そんな人見つかるわけがない…
一応調べたら、アメリカの郵便局、USPSのサイトに載っていました。ちゃんとノースポールに送っていいと!
ただこれには問題が。
サンタからの返信を親が書いてそれを同封し、返信用封筒に切手を貼って出すように、と。


返事とかいらないんじゃーーーっっっ!


明らかにめんどくさい度が高すぎて断念。


他に手紙としてだけ受け取ってくれる人いませんか…と調べると、いたんです!しかもどうも返事もくれるみたいなことが書いてある。でも半信半疑。だってお相手様、何のメリットもないんですよ。むしろ切手代かかるからマイナス。でもいい、返事いらないからとりあえず出させてくれ!とインディアナ州のサンタクロースに送りました。
santaclausmuseum.org グーグルマップで調べたら、サンタクラウスという街がある模様。そこにサンタクロースミュージアムってのがあることがわかりました。しかもここドネーションで経営しているらしく、入場料などもないそう。

12月10日月曜に受け取ってくれる有難いミュージアムに向けて、息子はポストに入れました。めっちゃ嬉しそうだった。もうそれだけで満足なんですねー

と、1週間後の12月18日火曜日。
なんと…


サンタクロースから返事が来たっっっ!


もはや親がびっっっくり。
本当に来たよ!!!
てかサンタ仕事早いな!

ちゃんと息子と娘の名前が手書きで書いてありました。手紙は2通とも内容が違って… 最初には手書きで子供の名前が書いてありました。
内容としては今エルフ(ちっこい妖精)と頑張ってるよ、とか、いい子にしてた?とか、あなたを愛する人の言うことをちゃんと聞いてね、とか、おもちゃちゃんとシェアして、人を助けてあげてね、とか。息子ので印象的だったのは、今頑張って用意してる、届けるおもちゃはもしかしたら君が望んだものじゃないかもしれない、って文!そんな!!!そんな難しいリクエストしたのかな、息子ー!爆笑

これは…本当に夢のある手紙でした。娘はそうでもないけど、息子は大感動でした。やっぱりサンタはいるんだ!サンタは返事くれるんだ!と飛び回って喜んでました。
私としてはこんな長文なのにほとんどスラスラ読めてた息子に驚いた。日本語は怪しいけど、英語はどんどん伸びるなぁ。

こんな夢をくれるなら、来年もきっと書くだろうからドネーションで少し入れようと思いました。なんて素敵なサンタクロース@インディアナ州

遠きカリフォルニアから、感謝してます。


あークリスマス大好き!!!w

サンタ関係ないけど、ベイエリアはFM96.5のKOITというチャンネルが今クリスマス局になっており、ずっと癒されてます。私クリスマスが一番好きなのよね〜🎄 おすすめ。

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋