ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

カナダ旅行⑦

こんにちは、ゆらです。

カナダ旅行、クライマックスは…

再び23時間車を走らせサンフランシスコへ帰ること。

ここまでは、よろしければこちらからどうぞ。
そうなんですよ、旅の終わりの23時間は、旅の始まりの24時間よりキツイのなんのって。しかも今回は、往路をアイダホ方面から、復路はワシントン方面からというルートにしました。
一応帰りの方が1時間早く着く。
この地図だとわかりにくいですが、実はこれ1日目のワシントンまでの道のり、ロッキー山脈越えがありました。それを考慮して1日目は10時間、2日目は12時間という分け方にしました。実際のロッキー山脈越えは別にアップダウンが大きかったわけでも、日光みたいなS字カーブが続くわけでもなく、気がついたら越えていた…感じでしたが、何が辛かったって。大真面目にトイレ問題でした。
行きのネバダ、アイダホ、モンタナは町が点々としているので、そこでガスを入れるついでにトイレができましたが、帰りのルートは本当に寂しい道で、次の町まで200マイルとか普通でして…通りかかった町も、ゴーストタウン一歩手前。人はいるのにガソリンスタンドは大体廃業、なぜかAT&T(アメリカの大手携帯電話のキャリアです)が圏外。
ここの人たちはどうやって生きていっているの?ガソリン入れるまで1時間以上走らせて、帰って来る頃にはまたかなり減ってるのでは?(もうガソリン別タンクでお持ち帰りとか?)って疑問は尽きない。スーパーとかもないし、大真面目にどうやって生きていってるのか不思議でした。
本当に正直に悲しくて、切なくなり、暗い気持ちになりました。同時に別の意味で怖くなり、帰りのワシントン経由は相当厳しかったです。アイダホの方がよかった、芋畑だらけだけど人の活気もあったし。

帰りのルートでわざわざブログにあげるようなネタはなかったのですが、どうしても伝えたいこと。

カナダのマクドナルドのクオリティーの高さ!

私は日本でマックのチキンナゲットとかの事件があってから、ずっと行かずに来ました。アメリカでも同様、イメージが悪いままで今まで一度も食していません。クリーンなイメージにしようとしているのは伝わりますが…どうも行く気になれず(なのに子供にはハッピーセット与えてしまった最近)
でも車での長時間移動、のんびりレストランで食事はできないので、車の中で食べながら行けるのはやはりマクドナルドなんですよね。夫も運転しながらチキンナゲットつまめるし。

てなわけで立ち寄ったカナダのマクドナルド🇨🇦
Mの中にカナダのメイプル模様!うむ、かわいい。

日本も期間限定メニューがありますが、カナダにもありました!(アメリカにはないですよね?行ってないから知らないだけかもしれないけど)
行った期間は、ワールドツアーメニューで、イタリアの期間。
ちなみに中国とタイがあったのを覚えています。期間で食べられる国が違うみたい。

イタリアのハンバーガー・・・
全然グッと来なかったけど、せっかくなので頼んでみました。


コレが…

トンデモなく美味しかった!!!

まずバンズがフォカッチャ。中身もチキン(グリルとフライが選べた)、お野菜はちゃんとフレッシュなルッコラ、そこにフレンチっぽい白いドレッシング。


うっまーーーーっっっ!!!


なにこれ、マックなの?
ヤバイ、本気で美味しい!こんなんアメリカでもやってたら毎週通うよ!
しかもしかもサイドのポテトが、私の大好きなハッシュポテトを選べました❤️(しつこいですがアメリカは知りません)本当に美味しくて大絶賛のカナダ版マクドナルド。

アメリカ、本家なんだ、もっとメニュー開発頑張ってください。
思い出すだけで、アレはまた食べたいと思えるナイスクオリティでした。

ワシントンはKennewickという、特に何もなさそうな街にステイしました。新しい街で車の運転もしやすかったし、ベッドタウンという感じでした。翌々日から日本なのに、夫のリクエストでまた日本食を食べる我々。
まぁまぁの内陸なのに超美味しかった。

最終日のワシントンからサンフランシスコを目指すルート。途中オレゴン州を通ります。
オレゴン州といえば…

グラビティフォールズ。

え?知らない?
いや、知っとくべきだと思いますよー
私は別にそこまで見てませんが、夫と息子が大好きなアニメです。クリエイターの評価が非常に高いらしく、大人でも楽しめるアニメです。
その舞台がオレゴン州なんです。

そう、オレゴン州は本当にグラビティフォールズの世界だった。

ミステリーハウスあってもおかしくない森が左右に広がり、非常に興味深い場所でした!!!オレゴン州にはホウキが立っていたり、ボールが坂を昇ったりするミステリーハウスがあるようです。行ってみたいな。オレゴン州なら1泊しないで着けるかな?(笑)

カリフォルニア州に戻った瞬間は、全く知らない場所なのにとても嬉しくなり、ホーム感がとてつもなくありました。まだ住んで1年なのに、自分はもうココの人間なんだ!と感じる瞬間でした。

ちなみにカリフォルニア州入って割とすぐにマウント・シャスタが見えてきました。

スピリチュアルな山らしく、ちょっと理解不能な解釈が多くあるようで…例えば富士山と地底で繋がってるとか。(気になる方はご自身でググってみてください)スピリチュアルなパワーは特に感じませんでしたが、美しい山と雄大な自然にホッとしました。

マウント・シャスタは良い意味で観光地化されていないようなので、気軽に子連れでは行けなさそう。なのでこんな近くで見ることができて良かったです。もう二度と見ないと思うので。

オークランドからベイブリッジを渡りサンフランシスコに入り、もうみんな気分は最高潮。

聞き慣れたラジオが入るよーっ!
全く何も入らないエリアもあったし、なぜかカントリーソングしか入らないエリアもあった。

プリウスもテスラも走ってるよーっ!
テスラは分かるにしても、不思議とプリウスは他州では見かけません。
都会ーーーっっっ!!!

慣れた街でフォーを食べて帰宅。
車で行く場所じゃなかったけれど、車でないと見れない風景、感じることのできない景色、自然の匂いを自分の体で感じることができ、私としては行ってよかったと思います。
カナダはたった4日ちょっとしかいられませんでしたが、とてもステキな場所だと感じました。魅了される人が多いのが分かる!
恐竜や化石を沢山見ること、触れることができ、興味がある方は是非行ってみると良いと思います。期待を超えてくる経験が待ってます!

最後までお読みくださりありがとうございます!

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋