ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

ケネディ・スペースセンターへ

こんにちは、ゆらです。

ディズニークルーズから帰ってきて早1ヶ月。実は下船後あるところへ行きました。

WDWでもユニバーサルでもありません。
ケネディ宇宙センター

理系の夫の強い強い希望で行ってきました。
私としてはWDWのホテルのキャラダイとか、スプリングスで過ごしたかったんだけど。

ケネディを見るために少し遅い便、18:30にしていました。オーランドって日本から直行がありませんが、サンフランシスコからもないんですよね。どんだけ辺鄙なんだ。 なので、国内でも8時間近くかかり、日付が変わるかどうかのタイミングで帰宅しました。

予定では、下船は9:30までに完了と聞いていたので、10:30にはレンタカーを借りて、11時にはケネディに着き、16時前に出るので5時間近くは過ごせる予定でした。うまくいけば半日いられるかも、なんて。

ちゃんちゃら甘かった。

セカンドだと下船が遅いし、この時点で9:30は超えていました。レンタカーを借りたのは11時近く。ケネディに着いたのはほぼ12時でしたね。事前にチケットをネット決済してましたが、逆にどこのカウンターで引き換えるのかがわからず、無駄にウロウロ悩んだりしてしまいました。結局どう計算しても3時間半しか過ごせないことがわかり…

おかしいな、ホント。ただひたすら計画通りにいかないな。
ケネディ宇宙センターはとてもとても広くて、とても3時間そこらでは回れません。半日いれたらいいかな〜こんなことならもう1泊オーランドにしておいて、翌日明るい時間に帰れる便にすればよかった!

ケネディ宇宙センターといえば、アポロだったり、発射台、スペースシャトルIMAXシアターなどがあります。
入り口前にはしっかりしたセキュリティチェックがあります。あまり大きな荷物でない方が良い、と何かで読みました。
中に入るとロケットたちがお出迎え!
夫としては隅から隅まで見たかったようですが、とにかく時間がなかったので、こちらに来たら必ず行くべきバスツアーに参加しました。

バスツアー、どんなバス?とアトラクション感覚でワクワクしておりましたが、本物の普通のバス。外にNASAと書いてある。中ではテレビモニターがあり、運転手の解説に補足するような映像が流れます。
バスツアーではこの広大なケネディ宇宙センターの中の施設を見せて回ってくれます。現役で何かしてるのもありました(すみません、知識がないもので、何を作っているのかサッパリ分からなかったです)

ちなみにさすがフロリダ。アリゲーターや野鳥がいるそう。イーグルの大きな巣を見ることができました!(さすがにアリゲーターは発見できず)

すごく有名なシャトルの組み立てをしている棟がありますが、これはバス進行方向向かって右側です。左に座ると正直よく見えません。私たちは左だったので、写真はとれませんでした。ただものすごく大きいことは伝わってきましたよ。
またシャトルの発射台も見ることができました。こちらは進行方向向かって左側ですが、ものすっごい遠いので、全然見えません。 知識のない私にはものすごく遠くでクレーンみたいな?何か作ってるの?って感じで。誰もがおぉぉとなる、組み立て棟を間近に見られる右側に座る方が良いと思います!

途中下車できるポイントが2ヶ所あり、1ヶ所目がアポロ/サターン5センターです。 (申し訳ございませんが、もう1ヶ所は下車してないので覚えておりません)
ただここまで来るのにまさかの30分もかかり、子供達爆睡。セカンドとはいえ、昨日夜遅かったし、今朝早かったから疲れちゃったんだね。
爆睡の子供を抱えて、一体ここでは何が見られるのかわからないまま進みました。
そこでは、知識のない私ですらも聞いたことのあるアポロ計画についてのVTR、ケネディ大統領の有名な演説などを見ました。3人の宇宙飛行士の命が失われた悲劇を乗り越えてのアポロ8号。さっきまで何も知らなかった私ですらグッときました。

映像を見るだけかと思いましたら、なんとこちらアポロの発射模擬体験ができたのです!そこでやっと気づく、ここが管制塔なんだと。ものすごい緊迫した雰囲気での発射。後方にある窓は実際ガタガタと揺れ、発射の瞬間に立ち会う気分を味わえました。この迫力が優しくなく、爆睡している子供は二人とも目が覚めるほどの迫力でした。

模擬体験を終え、シアターを出るとアポロ(=サターン5)の実機を見ることができます。
もうただ一言。
とにかく巨大。

あまりの大きさに圧倒される。
写真に納まりきらないレベルを逸脱している大きさ。
今はないですが、TDLスタージェットしか知らない私、これがモデルだったのかー!と今さら感動。
でもじっくり見ると、外側のつくりとかペラペラで…アルミホイルに毛が生えたみたいな感じにしか見えない。大きさに対して人が乗れるものが小さすぎて、燃費最悪だということはひしひしと伝わりました。やっぱりこれが月に行ったなんて信じられないんですよね。ただただ驚愕でした。
息子に夫が分かりやすく教えていました。このロケットはね、今のゲームの中にあるコンピューター以下のコンピューターで月まで行ったんだよ、って。隣で驚く母(笑)

月の石などもありましたが、いかんせん時間がなかったので、こちらの建物の中にあるレストラン(というか小さなフードコート)でピザを急いで食べました。
さきほどのバスもですが、こちらの施設。極寒です。もうね、WDWといいとんでもない冷房の温度と強さだと思うのです。信じられないほど寒い。日本人は絶対に上着持って行って損はしないとと思います。椅子も凍ってますか?レベルなので、外はむわっとしますが、上着必須です。

正直ここで時間としては限界でした。ここだけで、バスとランチ込みで2時間は要しているのです。
オーランドを出た後に、アトランタでトランジットがあるのですが、ここが1時間弱のためできればオーランドで夕食を食べておきたかったのです。でもこのまま帰るにはあまりにも惜しすぎる。ということで、オーランドでの夕食はもう諦めました。正解だったと思います。(結局アトランタで残念なザ・アメリカンを食べるはめに)

バスを降り、駆け込んだのはスペースシャトルアトランティスの展示。
こちらもアポロ同様ただ展示するのではなく、その前に関連したVTRを上映されます。
しつこいですが、スペースシャトルとロケットの違いもよくわからず、アポロとアトランティスの名前くらい聞いたことがない私。そんな私ですら、こちらの展示は鳥肌が止まりませんでした。寒いからでは断じてない

ネタバレしないので、詳しくは書きませんが、アトランティスの実機を見た瞬間の鳥肌、歓声、息をのむ音、もうスゴイの一言。
アポロもでしたが、とても展示までの流れがうまいなぁと思いました。ゾクゾクする感じです。
無知識の人間がこんなに感動するから、大ファンとか号泣レベルだと思います。すごかった。夫も大感動していました。
実際のアトランティスはカッコイイ!!!さっきのサターン5に比べて現代に近づいてましたね~燃費もマシになってきた感じ。人が動けるスペースが広い。

本当はこちらの中にはシャトルの発射体験ができるアトラクションがあったり(Epcotにもあるんですけどね)、子供たちが滑り台みたいので何か体験してたり…是非もっとゆっくり見たかったんですが、完全に競歩レベルで抜けました。残念無念すぎます。

私はこの10泊の旅行、完璧なプランニングで後悔はない予定でしたが、こちらは完全に時間配分をミスしました。レンタカーどうせ24時間で急いで返す必要もないし、オーランドもう1泊して翌日午前中の便でゆっくり帰ればよかったです。ものすっごい後悔してます。ここはもう少し見たかったな~IMAXで上映しているのとかも観たかった(期間によって上映が違うらしいのですが、MARSに関するものをやっていました)

お土産も全然ゆっくり見られませんでした。少しならオーランドの空港にもあるのでケネディまでは行けないけどNASAのグッズが欲しい方は空港で買えますよ。

次にフロリダに行くときは間違いなくWDWですので、ケネディに割ける時間は断じてないのですが、もし許されるのなら是非再訪したい場所です。総じて男子の目がキラキラスポットでした。

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋