ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

突然決まったロードトリップ

こんにちは、ゆらです。

サボりっぱなしですみません。
とーってもバタバタしてました。
理由は正直ブログで発信するのが恥ずかしいレベルなんですが…

突然カナダに旅行することになりました。

いや、別に恥ずかしくないし、むしろ自慢じゃんって思った方、ココからです。
違うんですよ…

クルマで行くんですよ…
24時間…


しかももちろんプリウスで。
意味わかんなくないですか?
いや、プリウスとか関係ない。車で24時間かけてカナダに行く意味がわかんない。

行く途中どこかで1泊、カナダで4泊、帰り途中どこかで1泊。

どこに泊まるかを数日必死にリサーチしまくっておりました。
ただの貧乏旅行、恥ずかしい!


コトの発端は先月曜。夫が休日出勤の代休で休みでした。せっかくの平日休み、ずっと行きたかったUCバークレーへ。なぜ行きたかったかと言うと、考古学を専攻とする学部か学科があり、そこに恐竜の化石が平日無料で開放されているのを見ることができます。

とはいえ、無料なのでじっくり見ても15分ほど。わかってはいても、恐竜が好きな息子の為に行きたいとずっと思っていました。
到着した初めてのUCバークレー、広々とっても気持ちがいい。緑がたくさん。なんでアメリカの大学ってこんな素敵なんだろう!

超余談ですが、大好きなHSM(ハイスクールミュージカル)のトロイ(ザックエフロン)の進学先がこちらUCバークレースタンフォードへ進学したガブリエラの天才っぷりに隠れてるけど、トロイも十分なほどの秀才だと思う。

場所はValley Life Sciencesの建物の中。
入っていいのかドキドキした。

ちなみに年に一回、Cal Dayという日があるようで、その日だと全部開放されるそうです!今年は4月にあったそう。来年忘れなければチェックしといて行きたいなー

ココは大学なので、平日のみ!夏は8/21くらいまでしか開放されてないように書かれていました。

入ると小さな化石が並び…

翼竜がお出迎え。

吹き抜けになっていて、下を覗くと、みんなが興奮のT-Rex
下の階に行くまでに、トリケラトプスも。


ティラノサウルスは大きすぎてカメラにおさまりきらない。
もちろんレプリカの様ですが、これ無料で見られるなら大満足な私です。

でも我が家の恐竜少年(ってほどでもないけど)は超不満!
「え?これだけ?…はぁ、つまんない」

せっかく行ったからなぁ…そっか、つまんなかったかぁ…と母は帰宅後夕飯を作りながら、アメリカだし他にいい恐竜博物館ってないのかなぁ?と調べてみました。

知りませんでしたが、世界には三大恐竜博物館的なところがあるそう。1つがカナダ、もう1つは中国、最後はまさかの福井。
いや、福井にあるの知ってたけど、そんな三大恐竜博物館(って誰が決めたんだろう)に選ばれるほどとは知らなかった。

中国はないけど、カナダかぁ…どこにあるのかなーとGoogleマップで調べると、カナダの西の方。バンクーバーほど西ではないですが、カルガリーという過去冬季オリンピックが開催された街が近くにあります。

飛行機だと2.5時間。好奇心で家からのルートを調べると片道24時間弱!
笑いながら夫に伝えると…

無言…

「それ、途中1泊したら行けるね」

へ!?
いやいやいやいや、笑い話じゃん!

完全墓穴掘った気がしますが、夫も息子もヤル気です。しかもまさかの「独立記念日の前、休めるからココで行こう」と。2週間ちょっとしかないのに、突然決まったカナダへのロードトリップ。恐竜の旅。意味わからん。恐竜に興味のない私には、ただひたすら意味がわからん苦行の旅。(娘も)

なぜ車かというと、うちの車は夫の会社持ちで、プライベートで使っても構わない上、ガソリン代ももってくれます(奥さんは運転してはいけない)つまり実質無料でカナダまで行ける。宿泊しても飛行機に比べて激安なのですよね。

という理由があるので、ザ☆貧乏旅行!恥ずかしい限りですが、まぁこんな旅は日本にいたらできないし。死ぬまでに一度は経験しといてもいいか、と思います。てなわけで行ってきます、カルガリーへの旅。

ルートは3つほどありましたが、行きは東からせめる。ネバダ→アイダホ→モンタナ→ワシントン→カナダアルバータ州というルートで。

遠すぎて行くことはないかな、と思っていたイエローストーンを素通りするというある意味贅沢。なんならイエローストーンのお膝元的な街で1泊します。
帰りは西からワシントン→オレゴンルートで帰ります。帰りの街はワシントンの全く知らないけど、そこそこホテルの集まっている街にしました。せっかくのシアトルもポートランドもスルー。
行きのルートの通る州は全米でも治安の良い州ランキングで上位に入る様な州なので心配していませんが、帰りのワシントンが謎すぎてリサーチしきれてない不安が残ります。ストリートビューを見る限り、のどかな街そうなのですが…何事もありませんように。

カナダでは、1日恐竜博物館(目的地ですから)、ほかにユネスコ世界遺産登録されている、州立恐竜自然公園という化石がゴロゴロ埋まっている公園があるらしく、そちらへ行く予定。
ここで帰る予定でしたが、せっかくカルガリーに行くのに、カナディアンロッキーに行かずして帰るのはもったいない!とお友達に言われ、1泊延ばすことにしてバンフへ行こうと思います。こちらも世界遺産らしい。ベストシーズンが6〜8月らしいし、天候に恵まれますように。

改めてルート見ていると、もうシアトルもポートランドも近っ!って思う。前は9時間?飛行機じゃん、って思ってたのに。
来年行くバンクーバーも17時間で行けるなんて近く感じてきた。バカになってきたのかもしれません。(流石にバンクーバーは飛行機で行きます)

まだまだ何をするか決まってないので、またこれからリサーチが続きます。突然すぎて家族旅行プランナー(自称)があたふたしております。

あと2週間弱でどこまで調べ切れるか…?
あと12時間×4回、子供をどう飽きさせずに行くか…トイレ問題も深刻になりそうですし、考えることがいっぱいです!

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋