ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

ディズニークルーズ〜西カリブ編⑰

こんにちは、ゆらです。

ディズニークルーズ最終回です。ここまで長々長々お付き合い頂いた方は、神だと思います✨本当ありがとうございます!あっさり、さっくりまとめられなくて本当にすみません!平謝りです。
それでもまた読んでくださる方、よろしければ前回はこちらから。
ついに下船の朝。
ローテーションダイニング、前夜の会場で朝食です。時間はメインだと6時台(確か6:45くらい)のすごく早い時間です。セカンドは8時くらいです。会場によって異なる場合があるので、参考まで。
もう部屋には戻りたくても戻れません。荷物は前日の夜に出しているので、この時は前日の洋服、パジャマ、化粧品など最低限の手荷物で下船します。

ちなみに飛行機の時間や、一刻も早くWDWへ行く方は7時台にロビーに荷物を持って集合してください。この場合、前日に荷物をまとめて外に出す必要はなく、自分で全て持っていけます。ただクルーズスタッフは手伝ってくれないので、荷物が多いと大変かな…

我々はサーバー達と最後の別れをしたいので、もちろんダイニングに行きました。
朝ごはんはパンやオムレツ、フルーツなどオーダー式です。
この時、前回担当メインサーバーで今はPALOにいる彼が会いに来てくれました!!!
まさかのカバナスシフト!知らなかった!!!PALOの人がまさかカバナスで働いてるなんて!知らなかった!!!なんだか衝撃。
とりあえず忙しい中走って最後に会いに来てくれました。娘は我関せずな感じで食べまくってましたが、息子は前日にプレゼント(似顔絵とか)を用意していたので、ちゃんと手渡しできて大満足です。

この方、クロアチア出身で、あと1年くらいしたらディズニークルーズからおりてクロアチアに帰る予定だそう。あと1年以内にまたファンタジー号に乗る予定はないので、次いつ会えるかなぁ…とっても寂しい。でもFacebookで連絡はとれるし、またきっといつか会えると信じています!ステキな出会いに感謝してます。

今回の担当サーバーのオリガミマスターもとっても良くしてくれた。息子もとても懐いてたし。アシスタントはちょっと慌てん坊だったけど、憎めない本当いい人。レストラン以外で船内やキャスタウェイで会ったりもしたし(転んだ息子の介抱もしてくれた)彼らとまた会える日があるといいなぁ、と思います。

ちなみに朝ごはんの途中で、ヘッドサーバーとアシスタントサーバーは消えました。遊びに行ったわけでなく、おそらくカバナスシフトかと(さすがにヘッドサーバーは違うと思う)
最後の挨拶ができなかった!だからやはり前日の夜にちゃんと別れは惜しんだ方が良いと思います。

9時には全員下船です。割と長いラインに並び下船。ファンタジー号とも、日本へ帰る家族とも別れが辛すぎて息子大号泣(彼は2016年も大号泣)

簡単なアメリカ入国審査があり、本当にお別れです。前日預けた荷物は入国審査前に受け取れます。置いてあるのを見つける感じです。我々は相当最後の方の下船だったので、荷物はすぐ見つかったし、その場で開けてパジャマや化粧品などをスーツケースの中にしまいました。

自家用車で来てる人以外は、ほぼバスで移動かと思います。我々はレンタカー会社のシャトルバスで移動。ものすごく待つ!と噂でしたが、会社によります。行きに利用したdollarは他社と共同でしたが、バンバン来てました。弟はdollarだったのでそこですぐにサヨナラ(のちにオーランドの空港で会うこととなる)
私たちはAVISで、前に誰も待っていなかったのに、なんと30分も待ちました。これはハッキリ言って不親切すぎる。後ろには20人くらい並んでました。dollarと違ってシャトルバスもマイクロ程度で2家族で精一杯。後ろのファミリーは1時間かかったんじゃないでしょうか。時間がない方、あまりAVISオススメしません…

母と妹はWDWに1泊するのでそこでリゾートバスに乗ってバイバイ。また次は日本で会いましょう!


と、ここまで長くなりましたが、今回持って行かなくて後悔したもの、持って行って良かったものを書きます。

まずナンバーワンは、なんと言ってもボディソープとシャンプートリートメント。
ディズニーはH2Oを使っており、今まで全く問題がありませんでした。別に可もなく不可もなく…と。ところが今回私の髪の毛に何があったのか⁈全く合わず、からまりまくってボサボサ大変なことに。クルーズ後半には夫から「どうしたの、なんだかモアナみたいになってるよ」

画像は公式HPより頂きました。

んなバカな!モアナ!ひどい!!!
モアナを否定するわけではないけど。

絶対次のディズニーはマイシャンプー持ってこう。ほんと辛かった。

あとはボディソープ。
ボディとは書いてあるものの、固形石鹸なんです。普通スポンジわざわざ持って来てる人って特にアメリカからはいない気がします。
私は日本からは100均でスポンジ買って、捨てて帰って来ましたが、こちらではそんなに安いスポンジはないので手で優しく洗おう、と思っていました。

それは液体石鹸の話。固形になると全然うまく洗えない…かったいタオルで毎晩泣きそうになりながら洗いました。
次はぜーーーったいボディソープorスポンジ持って行きます。
ボディクリームは用意されてるのに、なんでボディソープは固形なんだろう。


今回忘れて後悔したのは、浮き輪です。
船内のプールでは使えませんが(子どもはライフジャケットがあります)寄港地の海ではそんなものはないので浮き輪があると楽しめるはずです。今回なぜかすっかり頭から抜けてしまい忘れて来てとても後悔しました。行き先がアラスカやヨーロッパなら不要ですが、カリブ海付近はマストアイテムでした。


あとこれは必須ではありませんが…海外ディズニーでは当たり前の、ピントレーディング、船内でもできます。
何日目の夜か忘れてしまいましたが、ピントレのイベントがあり、クルーとゲストでピントレ大会のような状態に。
前回息子は初めてのピントレで、ものすごっく楽しかったらしく、今回もぜーったいやりたい!と。前回より参加者が少なかったのですが、今回も楽しくできました。もし家に余っているTDRのワンコインゲーム参加賞(今はファスナートップにかわってしまいました…)があるならば、参加しない手はないですよ!特にお子さん。楽しかったです🎶
これが息子と娘が今回(一部前回と自分で買ったものも含む)集めたピンたち。

娘がピンクのランヤード(懐かしのイースターエッグハントの景品)
息子は「ピン、これはトレードしたくない」と外してしまった結果、次回彼がトレードできるのはまさかの2つ。んなわけあるかい、と内心思っていますが。

クルーズのクルーが持ってるレアピンも貰えました!(娘の可愛さでクルーがくれました。トレードではなくギブ)イヤーピンもあるし、実際トレードできないやつもあり。
ピントレは日本ではやれませんが、海外ディズニーではとっても楽しいので是非トライして見てくださいね!(ちゃんとショップにもピンが付いた状態でランヤード売ってますよ)


あと後悔したのは、早めにショップに行かなかったこと!海外ディズニーに行くと必ず買っている年号が入っているマグネット!
2種類あって、可愛い方が最終日には売り切れていました。娘が欲しがったミッキーのぬいぐるみ(買うつもりはなかった)も売り切れました。夫が欲しかったTシャツも巨大サイズ残して売り切れ。
早く買わないとダメですねー次回は早めにショップはチェックして買っておこう、そんなに邪魔にならないし!


そう、書き忘れました!
大事なBINGO!
ディズニーなのでクルーズ旅行にはつきもののカジノがない代わりにある唯一の賭け事。
大人が付き添えば子供も参加できます。
これ、日を追うごとに賞金が上がっていきます。$10000とか。これは4ゲームの合計、1ゲームで複数がビンゴになった場合山分けなので、1人で$10000もらえるわけではありません。

カードと機械の2つがあります。これが意外にも高いんですよ!カードは1枚によくあるビンゴの5×5のマスが6つあって、この中のどれかがビンゴになれば良いです。
機械は勝手に機械がチェックしてくれるので、人間は待つだけ。

金額が異なり、紙は1回$30です。4ゲームあるので、4枚シートが貰えます。
これがダブル、なので恐らく8枚ついてくるのが$40。

逆に機械はゲーム数で売ってきます。
24ゲームで$40、48ゲームで$50、ファミリーパックが$80か90でした。(ファミリーパックが謎)
今回時間がなく、一番最後の一番賞金が大きいものに参加してしまいました。最後のBINGOはすごい人数で人気が高いです。逆に初めの方にやるものは、賞金もやや低く(それでも$5000とか)会場も小さいです。

ちなみにみんな恐ろしいほど賭けていて機械が普通。紙だけの人ほぼいない!$30の紙が一番割高ですし。でもあまり高いものは買えないので、とりあえず参加して謎の盛り上がりを堪能するべく$30で参加。

こちらのBINGOは変わっていて、縦横斜めのどこがが揃えば、ではなく、向こうが指定してきます。最後は全てマスが空くこと、です。なかなか全部空くことはないので、ものすごく時間がかかります。

ちなみに惜しいとこまでいった回もありましたが、BINGOの前の立ち上がることすらできず今回も惨敗…一回でいいから立ってみたいなぁ〜!負けてもなんだか謎の盛り上がり、私は楽しくて仕方ない♪妹は隣でビール飲みながら一緒に数字探してくれました。

なんと今回のBINGO、4ゲーム中2回も同じ女性が勝ち、結果1人で$6500ほどかっさらっていきました。どんだけの強運なんだ!しかも1回は紙だった気がする。


そして船の中で次回のクルーズ予約ができること、それは準備編でお伝え済みです。これをしないで下船できないのが私。早めの方が混み合わないので良いのですが、やや夫に頼みにくく結果6日目の洋上日に勇気を出して頼みました。あっさり「いいよ〜」と。行き先など全てお任せ〜と。ただひとつ、ベランダはいらない、と。初めてのベランダなし。今回ベランダで過ごす時間が短すぎたため。
以前のように2年有効で時期行き先決めずにホールドすることもできましたが、もうココで決めておさえることに。
候補は2つ。同じポートカナベラルからのファンタジー8泊!1泊多くいられる魅力!行き先は東カリブ方面。
もう1つは、サンフランシスコから近いサンディエゴからのメキシコクルーズ、ワンダー号で7泊。
結論として8泊のファンタジー号は恐ろしく高かった!今泊まってるカテゴリーを大きく下げても、まさかの$10000超えでした。
思わず「たかっ…」と呟くと、イタリア人女性の担当の方「そう、高いのよ。このクルーズ、1回しか出航しないの。こういう1回しか出航がない航路は高くなるのよね」なぜ日本語がやや通じてしまったのか気まずいですが、ココはなし。いくらなんでもこのカテゴリーでセレブすぎ!
サンディエゴからはむしろググッと安くなりましたので、それにしました。カテゴリーはぐっと落としました、一応オーシャンビューの窓はついてます。

来年のGW明けくらい!初のワンダー!とワクワク!!!

ところがですよ。
帰ってきて旅の思い出を妹とLINEしていたら、まさかの「○○(夫の名前呼び捨て)、本当はアラスカ行きたかったらしいよ〜」

なぜその場で私に言わない。
なぜ義妹に言うんだよ💢

イラッとしながら本人に確認すると「うん…アラスカに行ってみたいな」

即予約変更です。
値段はまた上がり、今回のファンタジーと大差なくなりしたが、アラスカとしては安い方。アラスカはピークの7〜8月、恐ろしく高い。ベランダとかつけたら$10000超えは当たり前、コンシェルジュなんて$20000超え。学校休むことになりますが、一番リーズナブルな5月末に行くことに決まりました。
(一度キャンセルするので、クルーズ社からの特典はキープされますが、代理店のミッキーネットからの$50オンボードクレジットは消えました)

私はアラスカはいつか行ってみたかったので、正直メキシコクルーズより楽しみです。アラスカは寒くてプールが入れないので(白人は温水プールだから入ってるそう)子供が嫌がるかと思って避けていましたが、キッズクラブ皆勤賞の息子なのでプールはなくても楽しめるはず。

来年の初夏、またディズニークルーズ楽しもうと思います♪その際はもう少しコンパクトに記事をまとめられるよう、努力いたします。

最後までお読みくださり、ありがとうございます😊1人でも多くの方に、ディズニークルーズっていいな、行ってみたいなって興味を持って頂けたら幸いです✨(私はクルーズの回し者ではないけど)あの素晴らしき時間、経験を多くの方に体験して頂きたいです!

そう、最後にまだ決まってない情報をクルーから聞いたので。
今はポートカナベラルに張り付いている、ファンタジー号とドリーム号。理由はパナマ運河を通れないから。これが近い未来変わるはずです。パナマ運河が拡張され、ファンタジー号クラスが通れるようになったようです。ということは、もっと色々な場所へ行けるわけです。
また2021年から3年連続、ファンタジー号クラスより大きな船がお目見えします。それがどこに行くか…次第かもしれませんが、サイズを考えるとこの新しい船がカリブ海を担当してもおかしくないですよね。
ということで、今の4隻の航路とスケジュールは近未来変わってくると思われます。今後が気になる展開です。個人的にはアジア進出はしないでほしい…日本含め、日本に近い港から出航するのには乗りたくない。日本人のオタクだらけになる。まったりグリできるのがクルーズの良さの一つなのにね。

さて、次の旅行まで、慎ましく生きていこう。
 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋