ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

ドアリース

こんにちは、ゆらです。

突然ですが、ドアリースご存知ですか?

欧米にいる方は常識かもしれませんが、日本にいた頃は名前を聞いたら思いつくレベルなくらい私はドアリースには無縁な生活でした。

こちらに来てしばらくは気にしておりませんでしたが、ハロウィンを意識し始めるくらいからドアリースに季節感が急に出てきて(しかも気のせいかつける家が増えた気も)何となく自分もつけたくなりました。

たまたまリース本体に巻きつけたら良さそうなハーベスト調の葉っぱたちが手に入り(無料)早速Joann(手芸・工芸店です。ユザワヤ的な)で土台を数ドル、ドアリースを引っ掛ける巨大フックも同じくらいで購入しました。

急に家が可愛く見えるリース。

ハロウィンの間は真ん中に可愛らしいスカルをぶら下げていました。

ハロウィンも終わりましたが、ハーベスト調なのでまだいいかな?と思い様子見。
ですが、いい加減冬仕様にしないとおかしい雰囲気にサンクスギビングが終わった今なっています。

以前から布リースを作ってみたかったので、Joannに材料を買いに行こうかと思い立ち、クーポンをまず探しました。

そこで気づいたのです。

今日がサイバーマンデーだってことに…

美しいリースが60%引きなどになっています。

結果。


ポチり。


いや、、だって$40台のリースが$12ですよ?布リースの材料費多分$12トントンか超える。
そしたら美しい完成形がいいじゃないですか!!!


はー、私ってつくづくDIYや手芸は向いてないんだなぁ。きっと神様の思し召しでしょう。


と思ったら、翌朝。
ダイニングテーブルに見覚えのないものが…!!!



リースだ…

作れ、と言わんばかりの存在感。
昨日ポチってしまったよー!
と朝からアワアワ。

夫の会社にいくつかあったらしく、もらって来たそう。
今日Joannにやはり予定通り行って、このリースにつけるデコを選びそれが総額$15(送料含むとこの金額になってます)を下回るようなら昨日のリースはキャンセルしようか、と思いました。

でも冷静に考えて、差額どう考えても数ドル。ほぼ変わらない。
無理して慣れないJoannなんか行って事故るリスクを回避してくれ、と夫に説得されました。


私、DIY・手芸向いてない!

早く着いてほしいな〜60%引きのリースちゃん。

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋