ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

ハロウィンの思い出

こんにちは、ゆらです。

すごく今更感満載ですが、ハロウィンの日を振り返りたいと思います。(え、もう半月以上たちますが)

はじめてのハロウィン、一体どこでTrick or Treatするのか全くわからず。だいたい何時からかも分からず。

そういう時は聞くしかない。
息子のキンダーのお母さん何人かに聞いたところ、同じ通りの名前が出ました。
この辺りでは有名な通りのよう(普段は閑静な住宅街)
時間ですが、17時〜17時半がいい、その前はまだ帰ってきてない、その後は暗くなりすぎる。とのこと。

なので、17時半からまわることにしました。
学校から帰るのは14時。まだまだ時間があるので、15時スタートという近所のモールのTrick or Treatのイベントに参加してきました。

子供たちは仮装、大ハマり中のこの人たち。

朝から学校でも仮装パレードがあり(仮装のできない子達は別の部屋で待機らしい)やはり兄妹お揃いなので高評価でした。

モールでは参加してない店舗もありましたが、大体の店舗でお菓子を配っていて、かなりの豊作。

怪しげなアメやグミもありましたが、M&Mやスニッカーズなど、安心(していいのかは疑問)のお菓子ももらえておりました。

一度帰宅してコスチュームの下にヒートテックなど着込み、有名な通りへ再出発!

いきなり消防士さんにもらってました。


私の中でTrick or Treatって、各家にピンポンしてもらうものでした。
しかしどうもここの通りは有名すぎて違う模様。

玄関先でお出迎え。

椅子に座ってポイポイって感じで子供のバケツに放り込んでくれます。
ちなみに家は激しかったです。

どんな状況で芝に埋まったんですか?

誰ですか。

絡まってますよ。

サイコに出演してましたよね?

この人が怖すぎて先に進めない娘でした。

結果私が抱きかかえる。


他にも自宅?
俄然怪しい動物コーナー。

自宅庭が墓場である異常事態。
ジャックスケリントン、お久しぶりです。

暗くなると大人もビクッとする。

クラブ化する。もはや近所迷惑の域を超越。


てなわけで、往復どう見積もっても20分の通り、2時間かかりました。
ここの通りに引っ越す人はもはや不幸。


疲労感ハンパない。


子供たちが集めたお菓子。

こんなに食べたら虫歯だよ。

学校で食べきれないお菓子を寄付できたので、歯に悪いグミやハイチュウ系を全てサヨナラしてきました。
セーフウェイの入り口でも同じドラム缶のようなお菓子の寄付がありましたので、気軽にサヨナラできるようです。

去年はディズニークルーズでTrick or Treatしましたが、当日ではないし、やはり盛り上がってる地元の通りを楽しめたのは最高でした!

ただ…私1人で2人子供連れてはかなりハード。今年は母がいたので良かったですが。来年は娘が怖がることなく楽しめるといいのですが…たまに大人でもビクッとなるほどリアルなのは怖いですね〜
楽しかった思い出でした。

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋