ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

キンダー初日

こんにちは、ゆらです。

今日はついに息子がキンダー初登園でした!

こちらに来たのが6月9日。それからずーっと夏休み生活でグータラしてましたが、それは終焉を迎え、6時に起きてお弁当作りました🍙

ついでに夫の分も。

夫のお弁当を作る自信がなく日本でお弁当箱を買ってこなかったので、私が自分用に使っていたキュートなミッキーミニーに詰め、夫は複雑そう。

登園は8:00〜8:15なので、7:50に出ました。
だってクラスが結局分からなかったから。
早めに行ったら日本みたいにクラス表貼られてる?とか淡い期待をして向かいました。


広いグラウンドに子供達が並んでます。
みんな自分のクラスのアルファベットに並んでるみたい。

えっ、だから何のクラスなんでしょうか?

(てかなんでみんな知ってんの?)

激しくテンパりました。
夫がたまたま近くにいたお母さんに聞いてみると、レターが届いたわよ!って。

ウン、届いてませんよ。

仕方ないから先生に聞こう。


…ってどれが先生???


日本のように、初日にスーツ着て「おめでとう」的な花を胸につけてたりする先生は、もちろんいません。明らかに先生ってわかる人が皆無でした。

教室から出て来た女性…先生に違いない!と声をかけ、名簿を確認し、クラスがやっとわかりました。

いやー私1人だったらもっとテンパってたな。

別れる時息子はやはり泣いてしまいました。
先生は温かいハグをしてくれて、なんとか一番前にお座り(地べた)


お迎えまでの数時間で家のことをパパっと済ませましたが、子供が1人いないだけでこの静けさ。頑張ってる息子には申し訳ないけど…


平和


娘ひとりとか本当大人しい…

ですが、お迎え時間が少し待ち遠しかったです。寂しくなってしまった母。

息子は泣くこともなく、良くやれたそう。

「お友達2人もできた!」

日本人ではないし、お友達というか、一緒に追いかけっこしたレベルかとは思いますが、楽しかったなら何よりです。

息子いわく「アメリカの幼稚園もなかなか楽しい」そう。

きっとこれから長い学校生活、嫌なことは沢山起きる。どうか強く乗り越えて欲しいです。私がやれることは何でもしてあげるから。


明日も早起きがんばるぞー
あ、気になったのでクラスの子のお弁当内容を聞いてみました。みんなサンドイッチとかで簡単よ!と聞いていたので。
そしたら、なんと「サンドイッチの子1人しかいなかった。みんなおにぎり」

えーっ!そんなわけないでしょ!爆笑
いや、中国人多いですけど、おにぎりはないでしょ!逆に気になるわ!

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋