ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

我が家の庭の近況

こんにちは、ゆらです。

さて、うちの庭はなかなか今ホットな話題を振りまいてくれています。
主に動物ネタですが…(苦手な方のためリンク貼りません。ご興味頂ければ、「サバイバル生活」から是非読んでください!)

さて、うちの息子(5歳)は今プランターで種からトマトを育てています!🍅

もう育て始めて6週間近くになります。
なぜトマトを育てているかというと、日本で通っていた保育園の食育でトマトとピーマンを彼は育て始めたばかりでした。芽が出た?くらいで退園…
担任の先生、給食の先生が「ちゃんと育てるからね!」って言ってくれてましたが、可哀想なので育てさせました。

植えて1週間くらいで芽が出て大喜び🌱


その後、変わらずすくすくと育ち、今日のトマトちゃんたち。


軽く茂ってる〜✨


葉っぱをクンクンすると、青くさいのです。息子はそれに気付き「トマトの匂いがする!」と。

野菜なんて、私は子供の頃カイワレダイコンくらいしか育てたことがありませんが、このトマト、ちゃんと実がなるのでしょうか?

乞うご期待。


そしてうちの庭の最近の一番のヒットは、誰がなんと言おうとリスさん達🐿。



リスの連絡網は半端なく、ひっきりなしにお食事にやってきます。
可愛い子もいますが、食欲旺盛な大きいのがいて。
その子が真剣に食べすぎて、小屋がやや破壊されかけています。
この小屋は上が蓋になっており、そこを開けて餌を入れられます。ですが、この食いしん坊は、手前の透明のケースを上に持ち上げて蓋を開けるという暴挙に出たため、蓋を開けられないようにかなり重い小鳥の(小鳥ではない)置物を買ってきて乗せました。

その翌日の昼下がり。
2歳の娘が

「あーーーーっっっ!ママー!鳥がー!」

と叫ぶので見てみると、まさかの鳥が落下!

信じられん…!なんて食欲と馬鹿力!


尾っぽがボッキリ。

リス…あんま可愛くない、餌増やしたくないと思い始めた大人。
相変わらず可愛いと見つめ、餌を増やしたがる子供たち。

攻防戦は続きます。

リスのこと、しばらく調べましたが、地域によっては増えすぎて餌をあげないように!と看板などで書かれているところもあるよう。

確かに、無責任に野生動物に餌を与え、また数を増やすのは野良猫同様決して良いことではありません。
そこまで真剣に考えずに、気軽に始めてしまいましたが、本当に環境のことやリス達のことを思うと、餌を与えるのは良くないかもしれません。
人間のエゴだな、と反省する気待ちがあり、可哀想ですが餌を増やすのは控えました。

子供達がリスを見慣れ、飽きたら、彼らのためにも止めようと私は考えています。
子供は飽きるのが早いので、最近はテレビやオモチャ、お絵かきに夢中ですので、その日はすぐかな、と感じています。

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋