ゆらのサンフランシスコ のんびりライフ

サンフランシスコで子育てしながら初のアメリカ生活

サバイバル生活

こんにちは、ゆらです。

初めにお断りさせて頂きます。
本日はややグロい話(動物・虫ネタ)です。
申し訳ございませんが、無理な方は読まない方が良いと思います!!







はっきり言ってこの3日最悪です。

庭に初めてリスが来た日。


リスの餌が少ないので、プールサイドを通ってガレージの裏のドアからガレージに入って餌を取りに行こうとしたら…


すごい量のハエ!


ただならぬ状況を本能的に察知し、子供を大声で止めて覗いてみたら…


何か死んでる…


おいおいおいおい、勘弁してくれ〜!!!!


そっと覗いてみたら、なんか哺乳類?鳥?毛が生えてる!けど俄然濡れてる。

小さな足らしきものが見えたため、ヒナがカラスにやられ、カラスが誤って落とした、と判断。


ごめんなさい、何もできない。
でも何もしないとマズイ。

真剣に夫にSOSを送りました。


夜遅く帰宅した夫、真夜中にハエがいない時間だからと確認しに行き、まさかの私のお皿洗い用のゴム手袋で処理。片付けた後の場所は塩素で消毒(買ったばかりのCloroxがいきなりの大活躍)

ヒナだと思った正体は、完全にネズミだったそうです。

確かに両手の手のひらサイズ。そんなでかいヒナはなかなかいないだろうし、そんなサイズのヒナの親はもはや猛禽類でカラスが太刀打ちできるとも思えず。


出会って14年、夫が一番男らしく思えた瞬間でした。



落ち着いたと思える本日の昼下がり。

またリスの餌を出すためにガレージの裏にまわろうとして、プールを見て、衝撃映像再び!!!


ボウフラかおたまじゃくしが大量発生。


きっ…きもちわるい!!!!


即ググってみたら、間違いなくボウフラ。
(仮におたまじゃくしだったらカエルになった瞬間我が家はカオス。即ホテルに移動させていただく)


おいおいおいおいおい!


ネズミの後はボウフラかいっ!


蚊が大量発生するとマズイです。

どうもボウフラは羽化するまで10日かかるらしく(妹曰く)すぐに蚊にはならなそう、でも一刻も早く手を打たないと大変なことになる!


ボウフラに気づいたほんの小一時間前、水質チェックにきたおじさんが、プールにドボドボなにか液体を入れていたのを息子が目撃しておりました。

息子に聞いたら「なんか牛乳みたいなの入れてた」

なんですか、牛乳みたいなの。

まぁ…プールに入れるのは塩素以外考えられないので、ほぼほぼ塩素かと。
塩素をいれるとボウフラは死ぬらしいので、明日また確認に行きます。
ですが、信用できないので、夫に頼みオーナーに即連絡入れてもらってます。


どうなってんの、うちのプールエリア?


なんなの、このサバイバル。


ごめんなさい、タイよりハードル高いですよ、アメリカ。

タイは何かあったら、メイドやマンションにいつもいるエンジニアが何とかしてくれたので自分でどうにかすることは少なかったので…


虫が苦手な私にはもう地獄ですよ、今。

きもちわるい話を読んでくださってありがとうございます。こんなネタは2度と書きたくないです。何事もおきませんように…

 /></a><br /><a href=にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

参加してます😋